○葛城市消防団の組織等に関する規則

平成16年10月1日

規則第118号

(趣旨)

第1条 葛城市消防団(以下「消防団」という。)の組織及び消防団員の階級並びに訓練、礼式及び服制等については、この規則の定めるところによる。

(内部組織等)

第2条 消防団の内部組織及び所掌事務は、法令又は条例に定めるものを除くほか、この規則の定めるところによる。

(組織)

第3条 消防団に、団本部(以下「本部」という。)及び分団を置く。

2 分団の名称及び担当区域は、別表第1に定めるところによる。

3 消防団員の階級別の定員及び編成は、別表第2に定めるところによる。

(本部)

第4条 本部に団長、副団長、部長、班長及び団員を置く。

2 副団長は、団長を補佐し、団長に事故があるとき、又は団長が欠けたときは、あらかじめ定める順序に従い、その職務を代理する。

3 部長、班長及び団員は、上司の命を受け、分担事務に従事する。

(分団)

第5条 分団に分団長、副分団長、部長、班長及び団員を置く。

2 分団長は、上司の命を受け、分団の事務を掌理し、所属団員を指揮監督する。

3 副分団長は、分団長を補佐し、分団長に事故があるとき、又は分団長が欠けたときは、その職務を代理する。

4 部長、班長及び団員は、上司の命を受け、分担事務に従事する。

(任期)

第6条 団長、副団長、分団長、副分団長、部長及び班長の任期は、2年とする。ただし、再任することを妨げない。

(宣誓)

第7条 消防団員は、その任命後宣誓書(別記様式)に署名しなければならない。

(退職)

第8条 消防団員は、退職しようとする場合は、あらかじめ文書をもって任命権者に願い出て、その許可を受けなければならない。

(服務)

第9条 消防団員は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 住民に対して常に水火災の予防及び警戒心の喚起に努め、災害に際しては、その使命遂行のため十分な任務に当たらなければならない。

(2) 規則を厳守して、礼節を重んじ、上司の指揮命令の下に行動しなければならない。

(3) 機械器具その他消防団の設備及び資材の維持管理に当たり、職務のほかこれを使用してはならない。

(災害出場)

第10条 消防車が水火災現場に出場するときは、道路交通法(昭和35年法律第105号)その他の法令の定める交通規則に従うとともに、正当な交通を維持するためサイレンを用いるものとする。ただし、引き返す途中での警戒信号は、鐘又は警笛に限るものとする。

(消防車の責任者の遵守事項)

第11条 水火災現場へ出場し、及び引き返す場合、消防車に乗車する責任者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 機関担当員の隣席に乗車すること。

(2) 病院、学校、劇場等の前を通過するときは、事故を防止する警戒信号を用いること。

(3) 消防団員及び消防関係職員以外の者を消防車に乗車させてはならないこと。

(管轄区域)

第12条 消防団は、消防長又は消防署長の許可を受けないで管轄区域外の水火災その他の災害現場に出場してはならない。ただし、管轄区域を確認し難い場合は、この限りでない。

(消火及び水防等の活動)

第13条 水火災その他の災害現場に到着した消防団は、設備、機械器具及び資材を最高度に活用して生命、身体及び財産の救護に当たり、損害を最少限度にとどめて、水火災の防御及び鎮圧に努めなければならない。

(現場指揮)

第14条 火災現場に先着した指揮者は、上級指揮者が到着するまで全指揮を執り、責任を負わなければならない。

(死体発見の場合の措置)

第15条 水火災その他の災害現場において死体を発見したときは、責任者は、消防長又は消防署長に報告するとともに、警察職員又は検視員が到着するまで現場を保存しなければならない。

(放火の疑いのある場合の措置)

第16条 放火の疑いのある場合は、指揮者は、次の措置をとらなければならない。

(1) 直ちに消防長又は消防署長及び警察職員に通報すること。

(2) 現場の保存に努めること。

(3) 事件は、慎重に取り扱うとともに、公表はしないこと。

(教養及び訓練)

第17条 消防団員は、品位の向上及び消防技能の練成に努め、定期的に訓練を行うようにしなければならない。

(消防団員の階級並びに訓練、礼式及び服制)

第18条 消防団員の階級並びに訓練、礼式及び服制については、消防庁が定める基準による。

(表彰)

第19条 市長又は消防団長は、分団又は消防団員がその任務遂行に当たってその功績が顕著である場合は、これを表彰することができる。

2 表彰は、次の種別により表彰状又は賞状及び記念品を授与して行う。

(1) 表彰状は、消防職務の遂行上著しい業績があると認められる分団に対してこれを授与する。

(2) 賞状は、消防団員として功労があると認められる者に対してこれを授与する。

(感謝状の贈呈)

第20条 市長は、消防団員以外の個人又は団体で、次の各号のいずれかに該当し、その功労が顕著であるものに対し感謝状及び記念品を贈呈することができる。

(1) 水火災の予防又は鎮圧

(2) 防災思想の普及

(3) 消防設備の強化拡充についての協力

(4) 水火災現場における人命救助

(5) 水火災その他災害時における警戒、防御又は救助に関し消防団に対してなした協力

(6) 前各号に掲げるもののほか、他の模範となるべき功績

(文書簿冊)

第21条 消防団は、次の文書簿冊を備え、常にこれを整理しておかなければならない。

(1) 団員名簿

(2) 人事発令簿

(3) 沿革誌

(4) 日誌

(5) 設備資材台帳

(6) 区域内全図及び消防設備等配置図

(7) 消防計画

(8) 金銭出納簿

(9) 各種手当支給簿

(10) 給与品・貸与品台帳

(11) 消防法規及び諸通知文書綴

(その他)

第22条 この規則の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成16年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の新庄町消防団規則(昭和36年新庄町規則第2号)又は新庄町消防団規程(昭和44年新庄町訓令甲第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成24年規則第2号)

この規則は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成27年規則第13号)

この規則は、平成27年10月1日から施行する。

附 則(平成28年規則第10号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

別表第1(第3条関係)

分団の名称及び担当区域

分団の名称

担当区域

第1分団

新庄、葛木、南藤井、大屋、南道穂

第2分団

忍海、薑、新村、新町、西辻、南新町

第3分団

柿本、笛堂、北花内、南花内、林堂、山田、平岡、山口、梅室、笛吹、脇田

第4分団

寺口、中戸、弁之庄、疋田、北道穂、西室、東室

第5分団

南今市、太田、兵家、竹内、長尾、木戸、尺土、八川、大畑

第6分団

當麻、勝根、今在家、染野、新在家、加守

別表第2(第3条関係)

階級別の定員及び編成

区分

団長

副団長

分団長

副分団長

部長

班長

団員

本部

1

4



1

1

10

17

第1分団



1

1

1

2

83

113

第2分団



1

1

1

2

第3分団



1

1

1

2

第4分団



1

1

1

2

第5分団



1

1

1

2

第6分団



1

1

1

2

1

4

6

6

7

13

93

130

画像

葛城市消防団の組織等に関する規則

平成16年10月1日 規則第118号

(平成28年4月1日施行)