○葛城市公平委員会処務規則

平成16年12月8日

公平委員会規則第2号

(趣旨)

第1条 この規則は、葛城市公平委員会(以下「委員会」という。)の事務の処理に関し必要な事項を定めるものとする。

(事務職員)

第2条 委員会に事務職員を置く。

2 前項の事務職員は、企画部の職員をもってこれに充てる。

(所掌事務)

第3条 事務職員の所掌事務は、次のとおりとする。

(1) 委員会及び公平委員会連合会に関すること。

(2) 公印の保管に関すること。

(3) 文書の整理及び保管に関すること。

(4) 報告、照会及び回答に関すること。

(5) その他委員会の庶務に関すること。

(決裁及び専決)

第4条 起案文書は、次の専決事項を除きすべて委員長の決裁を受けなければならない。

(1) 公文書の開示等に関すること。

(2) 個人情報の開示等に関すること。

(3) 簡易な照会、回答及び報告に関すること。

(4) その他簡易な事項の処理に関すること。

(公印)

第5条 委員会及び委員長の公印は、次のとおりとする。

(1) 公平委員会印

(2) 公平委員会委員長印

画像

画像

方 30mm

方 23mm

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか、委員会の事務処理については、市長の事務部局の例による。

附 則

この規則は、平成16年12月8日から施行する。

葛城市公平委員会処務規則

平成16年12月8日 公平委員会規則第2号

(平成16年12月8日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第5章 公平委員会
沿革情報
平成16年12月8日 公平委員会規則第2号