○葛城市講師謝金等報償費の執行に関する事務取扱基準

平成19年3月28日

訓令甲第8号

(趣旨)

第1条 この訓令は、条例、規則等に定めのあるものを除き、葛城市の各種教室、講座、講演会等の講師に対する謝礼等報償費の執行に関する基準額について定めるものとする。

(金額)

第2条 講師謝礼等の金額については、予算の範囲内において別表に定めるところによる。

2 前項の規定にかかわらず、市長が特に必要と認める場合は、別表に定める金額を超えて別に定めることができるものとする。

(その他)

第3条 この訓令に定めのない事項については、その都度副市長、企画部長及び人事課長が協議の上決定する。

附 則

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成21年訓令甲第21号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成21年訓令甲第22号)

この訓令は、平成22年1月1日から施行する。

別表(第2条関係)

金額

摘要

50,000円以内

・大学の教授又はこれに準ずる者

・特に知名度が高く専門知識を有する者(県外)

30,000円以内

・大学の助教授又はこれに準ずる者

・特に知名度が高く専門知識を有する者(県内)

20,000円以内

・大学の講師又はこれに準ずる者

・専門知識又は特技を有し、知名度が高い者

15,000円以内

・専門知識又は特技を有する者(市外)

10,000円以内

・専門知識又は特技を有する者(市内)

(1) 上記金額については交通費を含み、人事課と協議の上決定するものとする。

(2) アシスタントについては、1人当たり講師謝礼の2分の1以内とする。

葛城市講師謝金等報償費の執行に関する事務取扱基準

平成19年3月28日 訓令甲第8号

(平成22年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
平成19年3月28日 訓令甲第8号
平成21年10月7日 訓令甲第21号
平成21年12月28日 訓令甲第22号