○葛城市用地取得事業にかかる分担金徴収条例施行規則

平成23年3月31日

規則第3号

(用地取得事業審査委員会)

第2条 条例第3条の規定による用地取得事業審査委員会(以下「審査委員会」という。)は、委員長及び委員10人以内をもって組織する。

2 委員長は、市長をもってこれに充てる。

3 委員は委員長が指名する職員をもって充てる。

4 市長は、地域の振興に関し識見を有する団体等の代表者を委員に委嘱することができる。

(会務)

第3条 審査委員会は、大字若しくは土地改良区(以下「大字等」という。)が建設を計画する施設(以下「当該施設」という。)条例第2条の規定に適合することを慎重に審議したうえで決定するものとする。

(審査委員会の運営)

第4条 審査委員会の会議は委員長が招集し、その議長となる。

2 会議は過半数の委員が出席しなければ開くことができない。

3 会議の議事は、出席した委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

4 この条で定めるもののほか、審査委員会の運営その他の必要な事項は、委員長が別に定める。

(庶務)

第5条 審査委員会の庶務は、当該施設を所管する部署において行う。

(事業の認定申請)

第6条 大字等が条例第4条に規定する申請をしようとするときは、葛城市用地取得事業認定申請書(様式第1号)を市長に提出するものとする。なお、市長は審査委員会の審議の結果をうけ、認定の可否について大字等にその結果を次のとおり通知するものとする。

(1) 葛城市用地取得事業認定通知書(様式第2号)

(2) 葛城市用地取得事業不認定通知書(様式第3号)

(事業認定対象施設等にかかる利用状況報告書)

第7条 条例第7条の報告は書面(様式第4号)によるものとする。

(認定の取消しの通知)

第8条 条例第8条の規定により事業の認定を取り消す場合には、市長は速やかに当該大字等に対し書面(様式第5号)をもって通知するものとする。

(分担金の納期等)

第9条 分担金の納期は、当該事業年度の末日とする。

(分担金の減免の申請及び決定)

第10条 条例第9条の規定により分担金の減額又は免除を受けようとする大字等は、分担金減免申請書(様式第6号)に減額又は免除を必要とする事由を証明すべき書類を添えて市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の申請があったときには、その内容の審査及び必要な調査を行い、承認又は不承認の決定をし、分担金減免承認・不承認決定通知書(様式第7号)により申請者に通知する。

(減免の取消)

第11条 市長は、虚偽の申請、その他不正の行為により分担金の減免を受けた大字等がある場合において、これを発見したときは直ちにその大字等に係る減免を取り消すものとする。

(委任)

第12条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

葛城市用地取得事業にかかる分担金徴収条例施行規則

平成23年3月31日 規則第3号

(平成23年4月1日施行)