○葛城市リサイクルプラザ管理運営規則

令和2年3月31日

規則第8号

(趣旨)

第1条 この規則は、葛城市リサイクルプラザ設置条例(令和2年葛城市条例第3号。以下「条例」という。)により設置された葛城市リサイクルプラザ(以下「リサイクルプラザ」という。)の管理運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(事業)

第2条 リサイクルプラザは、条例第1条に規定する設置目的を達成するため、次に掲げる事業を行う。

(1) 剪定枝の受入れ、破砕及び一時保管に関すること。

(2) 発泡スチロールの受入れ、減容化及び一時保管に関すること。

(3) 修理又は再生可能な粗大ごみの受入れ、修理、再生及び一時保管に関すること。

(4) 修理又は再生した粗大ごみの譲渡及び販売に関すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、設置目的の達成に必要な業務に関すること。

(施設)

第3条 前条の事業を行うため、リサイクルプラザに次に掲げる施設を置く。

(1) 屋内ストックヤード

(2) 屋外ストックヤード

(休館日)

第4条 リサイクルプラザの休館日は、次のとおりとする。

(1) 日曜日及び土曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 12月28日から翌年1月4日まで(前号に掲げる日を除く。)

2 市長は、必要があると認めるときは、前項の規定にかかわらず、臨時に休館日を変更し、又はリサイクルプラザの施設の一部を休止することができる。

(開館時間)

第5条 リサイクルプラザの開館時間は、午前9時から午後5時までとする。

2 市長は、必要があると認めるときは、前項の規定にかかわらず、開館時間を臨時に延長し、又は短縮することができる。

(職員)

第6条 リサイクルプラザに管理運営上必要な職員を置くことができる。

(管理)

第7条 リサイクルプラザは、常に良好な状態において管理し、その設置目的に応じて最も効果的に運営しなければならない。

(利用者)

第8条 リサイクルプラザにおいて資源物の搬入又は搬出ができる者は、葛城市公園条例(平成16年葛城市条例第128号)又は葛城市都市公園条例(平成16年葛城市条例第133号)により設置された公園の管理を市から委託された者とする。ただし、市長が特に必要と認めたときは、その他の者の利用を妨げないものとする。

(利用の許可)

第9条 リサイクルプラザを利用しようとする者は、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

2 リサイクルプラザにおいて資源物の搬入又は搬出を行うときは、リサイクルプラザの職員の指示に従わなければならない。

3 前項に定めるもののほか、市長は、必要があると認めるときは、利用の許可に必要な条件を付し、及びこれを変更することができる。

(利用の制限)

第10条 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合は、リサイクルプラザの利用を許可しないことができる。

(1) その利用が公の秩序又は善良の風俗を乱すおそれがあるとき。

(2) その利用が建物、附属設備、備品等を損傷し、又は滅失するおそれがあると認めるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、管理運営上支障があると認めるとき。

(利用許可の取消し等)

第11条 市長は、リサイクルプラザの利用について許可を受けた者(以下「利用者」という。)が、この規則の規定に違反したときは、当該許可に係る利用の条件を変更し、若しくは利用を停止し、又は当該許可を取り消すことができる。

2 前項の措置によって利用者に損害が生じることがあっても、市は、その責めを負わない。

(損害の補償)

第12条 利用者は、施設、設備等を損傷し、又は滅失したときは、市長の指示するところに従い、これを原状に回復し、又はその損害を賠償しなければならない。ただし、市長が特別の事由があると認めたときは、その全部又は一部を免除することができる。

(その他)

第13条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、令和2年4月1日から施行する。

葛城市リサイクルプラザ管理運営規則

令和2年3月31日 規則第8号

(令和2年4月1日施行)