○菊池市名誉市民条例

平成17年3月22日

条例第5号

(目的)

第1条 この条例は、社会文化の向上発達に関し功績卓絶な者に対してその功績をたたえ、もって市民の社会文化の向上発達に関する意欲の高揚を図ることを目的とする。

(称号を贈る条件)

第2条 本市に居住し、又は居住したことがある者で、広く社会文化の向上発展に寄与し、市民が郷土の誇りとして尊敬するものに対しては、この条例の定めるところにより、菊池市名誉市民(以下「名誉市民」という。)の称号を贈ることができる。

(選定)

第3条 名誉市民は、市長が市議会の同意を得て選定する。

(事績の公示)

第4条 名誉市民の事績は、市広報で公示する。

(待遇及び特典)

第5条 名誉市民に対し、次に掲げる待遇又は特典を与えることができる。

(1) 市の公の式典への参列

(2) 功労年金の支給

(3) 市の施設の使用料及び手数料の減免

(4) 本人の生活が著しく困難な場合の便宜の供与又は援護

(5) 死亡の際における弔慰金の贈与

(称号の取消し)

第6条 名誉市民が本人の責めに帰すべき行為により著しく名誉を失い、市民の尊敬を受けなくなったと認めたときは、市長は、市議会の同意を得て、名誉市民の称号を取り消すことができる。

2 前項の規定により名誉市民でなくなった者は、その取消しの日から前条の規定によって与えられた待遇及び特典を失う。

(委任)

第7条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

(施行期日)

1 この条例は、平成17年3月22日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の菊池市名誉市民条例(昭和36年菊池市条例第18号)、旭志村名誉村民条例(昭和61年旭志村条例第15号)又は泗水町栄誉町民表彰条例(昭和63年泗水町条例第6号)の規定により現に名誉市民、名誉村民又は名誉町民の称号を授与された者は、それぞれこの条例に基づき名誉市民となった者とみなす。

菊池市名誉市民条例

平成17年3月22日 条例第5号

(平成17年3月22日施行)