○菊池市防災行政無線施設の設置及び管理運用に関する規則

平成17年3月22日

規則第22号

(注)平成22年1月から改正経過を注記した。

(趣旨)

第1条 この規則は、菊池市防災行政無線施設(以下「無線施設」という。)の適正な管理、運用及び保全に関し電波法令及び関係法規に定めるもののほか、必要な事項を定め、もって本市の緊急時の連絡及び広報の活動を円滑にし、住民の生活安定及び福祉の向上に寄与することを目的とする。

(定義)

第2条 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるとおりとする。

(1) 無線施設 電波法(昭和25年法律第131号)第2条第4号の規定による無線設備及び無線設備の操作を行う者の総体をいう。

(2) 親局 屋外子局及び戸別受信機等の受信設備に対し、送信を行う市役所に設置した無線施設をいう。

(3) 遠隔制御局 屋外子局及び戸別受信機等の受信設備に対し、送信を行う菊池広域連合消防本部内及び菊池地域農業協同組合泗水中央支所内に設置した無線施設をいう。

(4) 屋外子局 親局及び遠隔制御局から送信された情報を受信し、又は当該局から情報をトランペット型スピーカーにより放送する無線設備をいう。

(5) 戸別受信機 屋内に設置し、親局及び遠隔制御局から送信された情報を受信する受信機をいう。

(6) 無線従事者 電波法第2条第6号の規定により、無線設備の操作又はその監督を行う者であって、総務大臣の免許を受け、かつ、当該無線施設を操作する資格を有する者をいう。

(7) 通信取扱者 無線施設の運用に携わる一般職員をいう。

(業務)

第3条 無線施設の放送の業務は、次に定めるとおりとする。

(1) 災害時の非常事態その他緊急事項の通報及び伝達

(2) 市の公示事項及び広報事項の周知及び伝達

(3) 官公署、公共的団体等の公示事項及び広報事項の周知及び伝達

(4) 農業、商工業、市の産業振興等に関する事項の周知及び伝達

(5) その他市長が必要と認める事項の周知及び伝達

(無線施設の名称及び設置場所等)

第4条 この無線施設の名称は、「防災菊池市役所」とする。

2 無線施設の設置場所は、別表のとおりとし、放送業務の区域は、市内一円とする。

(受信機等の設置)

第5条 無線施設の放送を受信するため、市長が認める場所に受信機、アンテナその他送信に必要な施設を設置する。

(運営)

第6条 市長は、第3条に規定する無線施設の放送の業務を円滑に運営するため、協議会を設けることができる。

(総括管理者)

第7条 無線施設に総括管理者を置く。

2 総括管理者は、無線施設の管理、運用の業務を総括し、管理責任者を指揮監督する。

3 総括管理者は、市長をもって充てる。

(管理責任者)

第8条 無線施設に管理責任者を置く。

2 管理責任者は、総括管理者の命を受け、無線施設の管理及び運用の業務を行うとともに、通信取扱責任者を指揮監督する。

3 管理責任者は、総務部防災交通課長をもって充てる。

(通信取扱責任者)

第9条 無線施設に通信取扱責任者を置く。

2 通信取扱責任者は、管理責任者の命を受け、無線従事者を指揮監督し、無線施設の管理及び運用を行い、無線施設に係る業務を所掌する。

3 通信取扱責任者は、職員の中から無線従事者の資格を有する者を指名し、これに充てる。

(無線従事者)

第10条 総括管理者は、無線施設の運用に必要な員数の無線従事者を配置するものとする。

2 総括管理者は、無線従事者の適正な配置を確保するため、常に無線従事者の養成に留意するものとする。

3 総括管理者は、無線従事者の現況を把握するため、毎年4月1日現在における無線従事者名簿(様式第1号)を作成する。

4 無線従事者は、無線施設の無線設備の操作を行うとともに、毎日の通信状況等必要な事項を防災無線施設業務日誌(様式第2号)に記入するか、自動通信記録装置による業務日誌を作成する。

(通信取扱者)

第11条 通信取扱者は、無線従事者の管理のもとに電波法令を遵守し、法令に基づき無線施設の運用を行う。

2 通信取扱者は、無線施設に携わる一般職員をもって充てる。

(書類の管理)

第12条 管理責任者は、電波法令に基づき業務関係書類を管理し、及び保管する。

2 管理責任者は、無線従事者選解任届の写しを整理し、及び保管しておく。

3 管理責任者は、電波法令集を常に現行のものに維持しておく。

(無線施設の運用)

第13条 無線施設の運用については、別に定める運用細則による。

2 非常災害時等における適切な運用を確保するため、菊池広域連合消防本部及び菊池地域農業協同組合泗水中央支所内に遠隔制御局を設置し、別に定める運用協定書に基づき、これを運用するものとする。

(保守点検)

第14条 管理責任者及び管理者は、法に規定する管理上の諸事項について適正に措置するとともに、常に無線局の保守点検を行い、設備の機能を正常に保持するように努めなければならない。

(通信訓練)

第15条 総括管理者は、通信施設の機能試験及び管理運用の習熟を図るため、毎年1回以上通信訓練を行うものとする。

この規則は、平成17年3月22日から施行する。

(平成24年規則第16号)

この規則は、平成24年4月1日から施行する。

(平成26年規則第22号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

(令和4年規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

別表(第4条関係)

無線施設の設置場所

施設名

設置場所

管理者

備考

親局施設

菊池市隈府888番地

菊池市役所

菊池市長


遠隔制御施設A

菊池市泗水町豊水3369番地

菊池地域農業協同組合

泗水中央支所

泗水中央支所長


遠隔制御装置B

合志市合生4107番地の1

菊池広域連合消防本部

西消防署



遠隔制御装置C

菊池市赤星2080

菊池広域連合消防本部

北消防署



屋外受信拡声子局

菊池市内一円

各関係区長


戸別受信局

各世帯

各世帯主


画像

画像

菊池市防災行政無線施設の設置及び管理運用に関する規則

平成17年3月22日 規則第22号

(令和4年1月25日施行)