○菊池市地域食材交流センター条例施行規則

平成17年3月22日

教育委員会規則第32号

(趣旨)

第1条 この規則は、菊池市地域食材交流センター条例(平成17年条例第89号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用許可申請)

第2条 菊池市地域食材交流センター(以下「交流センター」という。)の施設を利用する者は、菊池市公共施設予約システムの運用等に関する規則(令和2年教育委員会規則第16号)に規定する予約システムを利用し、事前に予約を行い、利用許可申請書(様式第1号)を菊池市教育委員会(以下「教育委員会」という。)に提出するものとする。

(利用許可)

第3条 教育委員会は、交流センター利用許可申請書を受理したときは、内容を審査し、適当と認めたときは、利用許可書(様式第2号)を交付する。

(適格請求書の交付)

第3条の2 教育委員会は、条例第10条に定めのある使用料について支払があった場合は、適格請求書(領収書)(様式第4号)を交付するものとする。

(利用時間)

第4条 交流センターの利用時間は、午前9時から午後10時までとする。ただし、教育委員会が必要と認めるときは、この限りでない。

(使用料の減免)

第5条 条例第11条の規定により、次の各号のいずれかに該当する場合は、当該各号に定める額だけ使用料を減額し、又は免除することができる。

(1) 市又は教育委員会が主催する行事に利用する場合 全額

(2) 市民が社会教育活動のため利用する場合(ガス使用料は含まない。) 全額

(3) その他教育委員会が特に必要と認めた場合 全額

2 使用料の減免を受けようとする者は、使用料減免申請書(様式第3号)を申請書と同時に市長に提出しなければならない。

(利用の取消し)

第6条 利用の許可を受けた者が都合により利用を取り消そうとするときは、教育委員会に届け出なければならない。

(使用料の還付)

第7条 条例第8条第1項各号のいずれかに該当するときは、許可を受けた者に通知し、利用の許可を取り消し、使用料の全額を還付する。

(遵守事項)

第8条 利用者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 火気に十分注意し、所定の場所以外では喫煙しないこと。

(2) 許可なく施設及び設備を利用しないこと。

(3) 所定の場所以外に出入りしないこと。

(4) 施設利用後は、後片付け及び施設の清掃を行い、原状に復すること。

(5) 利用時間を厳守すること。

(6) 施設等を損傷したときは、速やかに管理者に報告し、その指示に従うこと。

(7) その他管理上必要な指示に従うこと。

2 前項各号に違反する行為があったときは、その者又は団体に対し、その後の利用を許可しない。

(施設及び設備等の損傷又は亡失届)

第9条 利用者は、交流センターの施設及び設備等を損傷し、又は滅失したときは、教育委員会に届け出なければならない。

(その他)

第10条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

(施行期日)

1 この規則は、平成17年3月22日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の七城町地域食材交流センター設置及び管理に関する条例施行規則(平成16年七城町教育委員会規則第5号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

(令和2年教育委員会規則第11号)

この規則は、令和2年4月1日から施行する。

(令和2年教育委員会規則第25号)

この規則は、令和2年8月1日から施行する。

(令和5年教育委員会規則第6号)

この規則は、令和5年10月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

菊池市地域食材交流センター条例施行規則

平成17年3月22日 教育委員会規則第32号

(令和5年10月1日施行)