○菊池市林道等小災害復旧事業補助金交付要綱

平成17年3月22日

告示第96号

(趣旨)

第1条 この要綱は、本市林道及び林業用作業道(以下「林道等」という。)の小災害復旧を促進し、林道等の維持を図り、併せてその林業経営の安全向上に寄与するため林道等の小災害復旧事業に要する経費に対する補助金の交付に関し必要な事項を定めるものとする。

(補助の対象)

第2条 前条に規定する経費は、次に掲げるものとする。

(1) 1箇所の工事費が5万円以上40万円未満のもの

(2) 国庫補助対象とならなかった林道等の災害復旧事業の経費で市長が適当と認めたもの

2 経費は、国又は県の定める林業用施設災害復旧事業国庫補助関係の法令及び事務取扱要綱、査定要領並びに査定基準等に準じて定めた事業費を経費とする。

(補助金の額)

第3条 補助金の額は、1箇所に要する経費の10分の5以内を予算の範囲内において市長が認定の上、交付する。

(補助金の交付申請)

第4条 補助金の交付を受けようとする者は、林道等小災害復旧事業補助金交付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添え市長に提出しなければならない。

(1) 被災写真

(2) その他市長が必要とする書類

(補助金の交付決定)

第5条 市長は、前条の申請書を受理したときは、内容等を審査し、適当と認めたときは、補助金の交付を決定し、その旨申請者に通知する。

2 市長は、前項の場合において、必要な条件を付することができる。

(着工届等)

第6条 補助金の交付を受けたものは、当該工事に着工するときは着工届(様式第2号)を、当該工事がしゅん工したときは、しゅん工届(様式第3号)を市長に提出しなければならない。

(検査等)

第7条 市長は、補助金の交付の決定等を受けた者に対し、当該災害復旧事業を適正に実施させるために必要な検査を行い、報告を求め、又は事業の施行に関する必要な指示をすることができる。

(交付の取消し)

第8条 市長は、補助金の交付の決定を受けた者が第6条に規定する書類を提出しないとき、又は前条の規定する検査を拒み、指示に従わないときは、補助金の交付決定を取り消すことができる。

(補助金の返還)

第9条 市長は、前条の規定により補助金の交付の決定を取り消した場合において、既に補助金が交付されているときは、期限を定めて、その返還を命ずるものとする。

(その他)

第10条 この要綱に定めるもののほか、この要綱の施行に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成17年3月22日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱の施行の日の前日までに、合併前の菊池市林道等小災害復旧事業補助金交付要綱(昭和55年菊池市告示第26号)の規定によりなされた決定、手続その他の行為は、この要綱の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

画像

菊池市林道等小災害復旧事業補助金交付要綱

平成17年3月22日 告示第96号

(平成17年3月22日施行)