○菊池市地域学校協働活動推進員設置要綱

令和元年5月22日

教育委員会告示第3号

(設置)

第1条 社会教育法(昭和24年法律第207号)第5条第2項に定める地域学校協働活動について、教育委員会の施策に協力し、地域住民等と学校との間の情報の共有を図るとともに、地域学校協働活動を行う地域住民等に対する助言その他の援助を行うため、菊池市地域学校協働活動推進員(以下「地域学校協働活動推進員」という。)を置く。

(職務)

第2条 地域学校協働活動推進員に、統括推進員及び推進員を置き、それぞれ当該各号に定める職務を行うものとする。

(1) 統括推進員 教育委員会の方針を踏まえ、各中学校区における推進員同士の連絡調整、助言、指導、人材発掘・確保等を行う。

(2) 推進員 教育委員会及び学校の方針を踏まえ、地域や学校との連絡・調整や、地域の協力者の確保・登録・配置のほか、地域の実状に応じた定期的・継続的かつ多様な活動プログラムの企画等、協働活動の総合的な調整役として、各小中学校区における一体的、効果的な協働活動の推進を図る。

(組織)

第3条 統括推進員及び推進員の定数は、次の各号に定めるとおりとする。

(1) 統括推進員 各中学校区にそれぞれ1名とし、学校と地域の現状を把握している者のうちから、教育委員会が委嘱する。

(2) 推進員 各小中学校区にそれぞれ1名とし、学校長の推薦により、教育委員会が委嘱する。

(任期)

第4条 統括推進員及び推進員の任期は、委嘱の日から当該年度の3月31日までとする。ただし、再任を妨げない。

(服務)

第5条 統括推進員及び推進員は、次の各号に掲げる事項を遵守し、誠実、かつ、公正に職務を遂行しなければならない。

(1) 法令及びこの要綱等に従い、かつ、教育委員会の指揮監督を受け、職務上の命令に従わなければならない。

(2) その職の信用を傷つけ、又は不名誉となるような行為をしてはならない。

(3) その職務上の地位を、特定の目的のために利用してはならない。

(守秘義務)

第6条 統括推進員及び推進員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後もまた同様とする。

(謝金)

第7条 統括推進員及び推進員の謝金は、1時間当たり1,000円とする。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、地域学校協働活動推進員に関する必要な事項は、教育委員会が別に定める。

この要綱は、告示の日から施行する。

菊池市地域学校協働活動推進員設置要綱

令和元年5月22日 教育委員会告示第3号

(令和元年5月22日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
令和元年5月22日 教育委員会告示第3号