○監査事務局規程

昭和39年4月1日

監委訓令甲第1号

(趣旨)

第1条 この訓令は,監査事務局(以下「局」という。)の組織及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(内部組織及び分掌事務)

第2条 局に第1課,第2課及び第3課を置く。

2 事務局の分掌事務は,次のとおりとする。ただし,第1号及び第2号の事務は,第1課の所管とする。

(1) 局の庶務及び局内事務の連絡調整に関すること。

(2) 諸会議に関すること。

(3) 兵庫県都市監査委員会に関すること。

(4) 財務監査(事務及び工事その他技術等)に関すること。

(5) 行政監査に関すること。

(6) 財政援助団体等の監査(事務及び工事その他技術等)に関すること。

(7) 決算審査及び基金運用状況審査に関すること。

(8) 健全化判断比率等審査に関すること。

(9) 内部統制評価報告書審査に関すること。

(10) 現金出納検査に関すること。

(11) 住民監査請求その他の監査に関すること。

(12) 外部監査人の監査に関すること。

(分掌事務の特例)

第3条 前条第2項各号に該当しない事務については,事務局長がそのつど,監査委員の承認を得て,所管を定める。

2 事務局長において特に必要があると認めるときは,前条第2項の規定にかかわらず,監査委員の承認を得て,臨時に事務分掌を定めることができる。

(職員等)

第4条 職員の職名は,事務職員及び技術職員とする。

2 局に事務局長,課に課長及び担当係長を置く。

3 局に担当部長及び担当課長を置くことができる。

(職務)

第5条 事務局長は,監査委員の命を受け,局に関する事務を総括し,所属職員を指揮監督する。

2 担当部長,課長及び担当課長は,上司の命を受け,所管の事務を掌理し,所属職員を指揮監督する。

3 担当係長は,上司の命を受け,担任の事務を主任し,所属職員を指揮監督する。

(代行)

第6条 事務局長に事故があるとき又は欠けたときは担当部長が,担当部長に事故があるとき又は欠けたときは主管課長が,主管課長に事故があるとき又は欠けたときは事務局長が定める課長又は担当課長が,それぞれの職務を代行する。

2 課長及び担当課長すべてに事故があるとき又は欠けたときは担当係長が,その担任する事務に関し,課長又は担当課長の職務を代行する。

(公印)

第7条 監査委員,代表監査委員及び事務局長の公印は,次のとおりとする。

画像

(準用)

第8条 法令,この規程その他別に定めるものを除くほか,局の処務及び局の職員の任免,分限,服務,給与等に関しては,それぞれ市長の事務部局又はその職員の例に準じて処理するものとする。

(施行の細目)

第9条 この規程の施行に関し必要な事項は,事務局長が定める。

附 則

(施行期日)

この訓令は,昭和39年4月1日から施行する。

附 則(昭和49年4月1日監委訓令甲第1号)

この訓令は,昭和49年4月1日から施行する。

附 則(昭和55年9月30日監委訓令甲第1号)

この訓令は,昭和55年10月1日から施行する。

附 則(平成11年4月7日監委訓令甲第1号)

この訓令は,平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成12年4月28日監委訓令甲第1号)

この訓令は,平成12年4月1日から適用する。

附 則(平成15年3月31日監委訓令甲第1号)

この訓令は,平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成20年4月4日監委訓令甲第1号)

この訓令は,平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月30日監委訓令甲第1号)

この訓令は,平成24年4月1日から施行する。

附 則(令和3年4月1日監委訓令甲第1号)

この訓令は,令和3年4月1日から施行する。

監査事務局規程

昭和39年4月1日 監査委員訓令甲第1号

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第3類
沿革情報
昭和39年4月1日 監査委員訓令甲第1号
昭和49年4月1日 監査委員訓令甲第1号
昭和55年9月30日 監査委員訓令甲第1号
平成11年4月7日 監査委員訓令甲第1号
平成12年4月28日 監査委員訓令甲第1号
平成15年3月31日 監査委員訓令甲第1号
平成20年4月4日 監査委員訓令甲第1号
平成24年3月30日 監査委員訓令甲第1号
令和3年4月1日 監査委員訓令甲第1号