○監査事務局職員の服務の宣誓に関する規程

昭和26年4月16日

監委訓令甲第3号

第1条 職員の服務の宣誓に関する条例(昭和26年4月条例第22号。以下「条例」という。)第2条の規定に基く監査事務局職員の服務の宣誓は,監査事務局長,担当部長,課長,担当課長及び担当係長にあつては代表監査委員の前において,その他の職員にあつては監査事務局長の前において,それぞれ行わなければならない。

第2条 服務の宣誓は,条例別記様式第1に定める宣誓書に署名し,かつこれを読み上げることによつて行うものとする。

附 則

この規程は,公布の日から施行し,昭和26年4月1日から適用する。

附 則(昭和55年9月30日監委訓令甲第3号)

この訓令は,昭和55年10月1日から施行する。

附 則(平成12年4月28日監委訓令甲第2号)

この訓令は,平成12年4月1日から適用する。

附 則(平成24年3月30日監委訓令甲第1号)

この訓令は,平成24年4月1日から施行する。

監査事務局職員の服務の宣誓に関する規程

昭和26年4月16日 監査委員訓令甲第3号

(平成24年4月1日施行)

体系情報
第3類
沿革情報
昭和26年4月16日 監査委員訓令甲第3号
昭和55年9月30日 監査委員訓令甲第3号
平成12年4月28日 監査委員訓令甲第2号
平成24年3月30日 監査委員訓令甲第1号