○神戸市手数料条例施行規則

平成12年3月31日

規則第111号

(趣旨)

第1条 この規則は、神戸市手数料条例(平成12年3月条例第77号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(郵送料の負担)

第2条 条例第2条に規定する事務でその者のためにするものの提供を郵送により受ける場合には、手数料のほかに郵送料を負担しなければならない。

(一般廃棄物の収集等に関する加算額)

第3条 条例第3条第2項に規定する規則で定める額は、次の各号に掲げる場合の区分に応じ当該各号に定める額とする。

(1) 次に掲げる一般廃棄物(神戸市廃棄物の適正処理、再利用及び環境美化に関する条例(平成5年3月条例第57号)第10条の3に規定する袋(以下「指定袋」という。)に収納されているものに限る。)が混合しているため分別の手間を要する場合その他の通常の方法による収集、運搬又は処分に特別の取扱いを要し、又は困難な事情があるとして市長が定める場合に該当すると認めるとき。 条例別表第1に定める額の1割に相当する額

 市長が指定する破砕施設において処分するもの

 市長が指定する焼却施設において処分するもの

 市長が指定する施設で選別のためのもの又は運搬のためのものにおいて処理する空き缶等

(2) 一般廃棄物をおおむね午後5時から午後10時までの間に収集する場合その他の通常の方法による収集、運搬又は処分に著しく特別の取扱いを要し、又は著しく困難な事情があるとして市長が定める場合に該当すると認めるとき。 条例別表第1に定める額の3割に相当する額

(3) 一般廃棄物をおおむね午後10時から翌日の午前5時までの間に収集する場合その他の通常の方法による収集、運搬又は処分に極めて特別の取扱いを要し、又は極めて困難な事情があるとして市長が定める場合に該当すると認めるとき。 条例別表第1に定める額の5割に相当する額

(手数料の徴収の時)

第4条 条例第7条第3項に規定する規則で定める時は、次の各号に掲げる手数料の区分に応じ、当該各号に定める時とする。

(1) 条例別表第1 3の項に規定する家庭から排出される粗大ごみを市が収集し、運搬し、及び処分するときの手数料 粗大ごみに貼付する手数料に係る納付券の購入の時(地方自治法(昭和22年法律第67号)第231条の2の3第1項に規定する指定納付受託者に納付させる場合にあっては、粗大ごみの収集、運搬及び処分の申込みの時)

(2) 指定袋に収納したものを処理する場合の手数料(条例第3条第2項の規定により加算した額に係る部分を除く。) 指定袋の購入の時

(3) 1月以上継続して一般廃棄物(し尿を除く。以下この項において同じ。)を市が処理する場合又は市長が指定する廃棄物処理施設に搬入する場合において、市長がその処理又は搬入の都度認定した一般廃棄物をその種別ごとに計量し、その量を月単位で合計し、条例第3条に規定するところにより算出することを認めたときの手数料 当該月の翌月の末日までの時

(4) 前3号に掲げるもの以外の手数料 一般廃棄物の処理又は搬入の時

(家庭から排出される粗大ごみの手数料)

第5条 条例別表第1 3の項に規定する30キログラムを超える粗大ごみに係る手数料によりがたい粗大ごみとして規則に定めるもの及び同表備考1に規定する規則で定める品目のものに係る手数料の額は、別表に掲げる額とする。

(重量による算定の基準によりがたい場合の重量への換算方法)

第6条 条例別表第1備考4に規定する規則で定める一般廃棄物は次の各号に掲げる一般廃棄物とし、同表備考4に規定する規則で定める額はそれぞれ当該各号に定める額とする。

(1) 破砕施設又は焼却施設において処分する一般廃棄物 次に掲げる一般廃棄物の区分に応じ、それぞれ次に定める額

 比重が著しく大きい一般廃棄物 1立方メートルを300キログラムとして算定した額

 に掲げる一般廃棄物以外の一般廃棄物 1立方メートルを200キログラムとして算定した額

(2) 市長が指定する施設で選別のためのもの又は運搬のためのものにおいて処理する条例別表第1に規定する空き缶等 1立方メートルを80キログラムとして算定した額

(条例別表第3 6の項に規定する規則で定める場合)

第7条 条例別表第3 6の項に規定する規則で定める場合は、次の各号に掲げる屋外タンク貯蔵所の区分に応じ、当該各号に定める場合とする。

(1) 特定屋外タンク貯蔵所及び準特定屋外タンク貯蔵所(次号に掲げるものを除く。) 屋外貯蔵タンクのタンク本体並びに基礎及び地盤(地中タンク(危険物の規制に関する規則(昭和34年総理府令第55号。以下この号及び第3号において「省令」という。)第4条第3項第4号に規定する地中タンクをいう。)に係る特定屋外タンク貯蔵所及び準特定屋外タンク貯蔵所にあってはタンク本体及び地盤、海上タンク(省令第3条第2項第1号に規定する海上タンクをいう。)に係る特定屋外タンク貯蔵所及び準特定屋外タンク貯蔵所にあってはタンク本体及び定置設備(省令第4条第3項第6号の2に規定する定置設備をいう。)(定置設備の地盤を含む。))の変更以外の変更に係る消防法(昭和23年法律第186号)第11条第1項後段の規定に基づく変更の許可の申請(以下この条において「変更許可申請」という。)に係る審査の場合

(2) 岩盤タンクに係る屋外タンク貯蔵所 岩盤タンクのタンク本体の変更以外の変更に係る変更許可申請に係る審査の場合

(3) 危険物の規制に関する政令等の一部を改正する政令(平成6年政令第214号。以下この号において「6年政令」という。)附則第7項に規定する旧基準の特定屋外タンク貯蔵所(同項第2号に掲げるものに限る。) 平成25年12月31日(同項第2号括弧書に掲げる旧基準の特定屋外タンク貯蔵所にあっては、当該旧基準の特定屋外タンク貯蔵所における危険物の貯蔵及び取扱いを再開する日の前日。これらの日前に当該旧基準の特定屋外タンク貯蔵所の構造及び設備が6年政令附則第2項第1号に規定する新基準(以下この号において「6年新基準」という。)に適合することとなった場合にあっては、当該適合することとなった日)までに行われた変更許可申請(当該旧基準の特定屋外タンク貯蔵所の構造及び設備を6年新基準に適合させるためのもの、省令第20条の4第2項第3号に定める構造を有しなければならない特定屋外貯蔵タンクに係る特定屋外タンク貯蔵所の浮き屋根に係るもの並びに同令第22条の2第1号ハに定める構造を有しなければならない特定屋外貯蔵タンクに係る特定屋外タンク貯蔵所の浮き蓋に係るものを除く。)に係る審査の場合

(4) 危険物の規制に関する政令の一部を改正する政令(平成11年政令第3号。以下この号において「11年政令」という。)附則第2項に規定する旧基準の準特定屋外タンク貯蔵所(同項第1号に掲げるものに限る。) 平成29年3月31日(同項第1号括弧書に掲げる旧基準の準特定屋外タンク貯蔵所にあっては、当該旧基準の準特定屋外タンク貯蔵所における危険物の貯蔵及び取扱いを再開する日の前日。これらの日前に当該旧基準の準特定屋外タンク貯蔵所の構造及び設備が11年政令附則第2項に規定する新基準(以下この号において「11年新基準」という。)に適合することとなった場合にあっては、当該適合することとなった日)までに行われた変更許可申請(当該旧基準の準特定屋外タンク貯蔵所の構造及び設備を11年新基準に適合させるためのものを除く。)に係る審査の場合

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

(平成17年3月31日規則第67号)

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

(平成18年12月28日規則第45号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

(平成20年10月31日規則第30号)

この規則は、平成20年11月1日から施行する。

(平成21年3月31日規則第56号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

(平成22年1月21日規則第53号)

この規則は、公布の日から施行する。

(平成24年3月30日規則第66号)

この規則は、平成24年4月1日から施行する。

(平成25年3月29日規則第83号)

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

(令和3年3月31日規則第58号)

この規則は、令和3年7月1日から施行する。ただし、第6条の改正規定は、令和3年4月1日から施行する。

(令和3年7月19日規則第19号)

(施行期日)

1 この規則は、令和3年8月1日から施行する。ただし、第2条の規定は、地方税法等の一部を改正する法律(令和3年法律第7号。以下「一部改正法」という。)附則第1条第2号に掲げる日(以下「第2号施行日」という。)から施行する。

(施行の日=令和4年1月4日)

(経過措置)

2 第2号施行日以後において、一部改正法附則第19条第2項の規定により、一部改正法による改正前の地方自治法(昭和22年法律第67号)第231条の2第6項に規定する指定代理納付者に手数料を納付させる場合における第2条の規定による改正後の神戸市手数料条例施行規則第4条第1号の規定の適用については、同号中「地方自治法(昭和22年法律第67号)第231条の2の3第1項に規定する指定納付受託者」とあるのは、「地方税法等の一部を改正する法律(令和3年法律第7号)第6条の規定による改正前の地方自治法(昭和22年法律第67号)第231条の2第6項に規定する指定代理納付者」とする。

(令和4年9月30日規則第35号)

この規則は、令和4年10月1日から施行する。

別表(第5条関係)

種類

品目

手数料

1 電気器具、ガス器具、石油器具その他これらに類するもの

アンテナ

1本につき300円

アンプ、チューナー、プレーヤー、ビデオデッキその他これらに類する単体の映像機器又は音響機器(カラオケ演奏装置を除く。)

1台につき300円

ウィンドーファン

1台につき1,200円

オイルヒーター

1台につき600円

加湿器

1台につき300円

ガスこんろ(燃焼口が2以上のものに限る。)

1台につき600円

空気清浄器

1台につき300円

携帯発電機

1台につき900円

こたつ(家具調のものに限る。)

1台につき600円

こたつ(家具調のものを除く。)又はこたつの天板

1台又は1枚につき300円

こたつ及びその天板(家具調のものに限る。)

1組につき600円

こたつ及びその天板(家具調のものを除く。)

1組につき300円

コピー機

1台につき600円

照明器具

1個につき300円

除湿器

1台につき300円

食器洗い乾燥機

1台につき900円

食器乾燥機

1台につき300円

炊飯器

1台につき300円

スキャナー

1台につき300円

ステレオセット(ミニコンポーネントを除く。)

1組につき900円

ステレオセット(ミニコンポーネントに限る。)

1組につき300円

ストーブ(石油を使用するものに限る。)

1台につき600円

ストーブ(石油を使用するものを除く。)

1台につき300円

スピーカー

1本につき300円

ズボンプレッサー

1台につき300円

扇風機

1台につき300円

掃除機

1台につき300円

タイプライター

1台につき300円

電気カーペット

1枚につき600円

電気マッサージ器(いす型のものを除く。)

1台につき300円

電子レンジ(オーブンの機能を備えたものを含む。)

1台につき600円

生ゴミ処理機

1台につき300円

ファクシミリ(電話機能を備えたものを含む。)

1台につき300円

ファンヒーター

1台につき600円

プリンター

1台につき300円

ホームベーカリー

1台につき300円

ホットプレート

1台につき300円

もちつき機

1台につき300円

湯沸かし器

1台につき300円

冷風機

1台につき300円

ワードプロセッサー

1台につき300円

2 家具、寝具その他これらに類するもの

アコーディオンカーテン

半間当たり1枚につき300円

衣装ケースその他これに類する収納箱

1個につき300円

いす(応接用のもの以外のものであって、2人掛け用以上のものに限る。)

1脚につき600円

いす(応接用のもの以外のものであって、2人掛け用以上のものを除く。)

1脚につき300円

応接用のいす(2人掛け用以上のものに限る。)

1脚につき1,200円

応接用のいす(2人掛け用以上のものを除く。)

1脚につき900円

カーペット、じゅうたんその他これらに類する床用敷物(8畳を超えるものに限る。)

1枚につき900円

カーペット、じゅうたんその他これらに類する床用敷物(8畳を超えるものを除く。)

1枚につき600円

傘立て

1個につき300円

ガス台

1台につき600円

カラーボックス

1個につき300円

鏡台

1台につき600円

クッション

1個につき300円

げた箱(高さが90センチメートルを超えるものに限る。)

1個につき900円

げた箱(高さが90センチメートルを超えるものを除く。)

1個につき600円

ござ

1枚につき300円

米びつ

1個につき300円

座椅子

1台につき300円

サイドボード

1台につき900円

座敷用の机(最大の辺又は径が1メートルを超えるものに限る。)

1卓につき600円

座敷用の机(最大の辺又は径が1メートルを超えるものを除く。)

1卓につき300円

障子、ふすま、網戸その他これらに類する建具

1枚につき300円

食器棚(高さが90センチメートルを超えるものに限る。)

1個につき1,200円

食器棚(高さが90センチメートルを超えるものを除く。)

1個につき900円

姿見

1面につき600円

すだれ

1枚につき300円

スチール製の棚(高さが90センチメートルを超えるものに限る。)

1組につき600円

スチール製の棚(高さが90センチメートルを超えるものを除く。)

1組につき300円

すのこ

1枚につき300円

洗面化粧台

1台につき1,200円

ソファーベッド(リクライニング機能付きのものを除く。)

1台につき1,200円

1枚につき600円

たんす(高さが90センチメートルを超えるものに限る。)

1さおにつき1,200円

たんす(高さが90センチメートルを超えるものを除く。)

1さおにつき900円

調理台

1台につき600円

ついたて

1枚につき300円

(両そで付きのものに限る。)

1台につき1,200円

(両そで付きのものを除く。)

1台につき900円

テーブル(天板の最大の辺又は径が1メートルを超えるものに限る。)

1卓につき600円

テーブル(天板の最大の辺又は径が1メートルを超えるものを除く。)

1卓につき300円

デッキチェア

1脚につき300円

テレビ台、オーディオラック、ローボードその他これらに類する収納棚

1台につき600円

電話台

1台につき300円

とう製の家具

1個につき300円

戸棚(高さが90センチメートルを超えるものに限る。)

1個につき900円

戸棚(高さが90センチメートルを超えるものを除く。)

1個につき600円

ドレッサー

1台につき600円

流し台

1台につき1,200円

パイプ製のハンガーラック(カバー付きのものを含む。)

1個につき300円

パソコンラック

1個につき600円

ビーチベッドその他これに類する簡易ベッド

1台につき300円

びよう

1枚につき300円

文机

1台につき300円

仏壇

1基につき1,200円

布団

1枚(1つにこん包した場合にあっては、3枚までごと)につき300円

ブラインド

1枚につき300円

ベッド(シングルベッドを除き、かつ電動式のものを除く。)

1台につき1,200円

ベッド(シングルベッドに限り、かつ電動式のものを除く。)

1台につき900円

ベビーチェアー、ベビーラックその他これらに類する乳幼児用品

1個につき300円

ベビーベッド

1台につき300円

本棚(高さが90センチメートルを超えるものに限る。)

1本につき900円

本棚(高さが90センチメートルを超えるものを除く。)

1本につき600円

マットレス(折りたたみ式のものを含む。)

1枚につき300円

よしず

1枚につき300円

レンジ台

1台につき600円

ロッカー

1台につき600円

ワゴン

1台につき300円

3 趣味用品、スポーツ用品その他の家庭用品

アイロン台

1個につき300円

編み機

1台につき600円

囲碁盤又は将棋盤(脚付きのものに限る。)

1面につき300円

運搬用一輪車

1台につき300円

温水洗浄便座

1個につき300円

カラオケ演奏装置

1台につき600円

キーボード(演奏用のものに限り、電子ピアノ(脚付きでないものに限る。)を含む。)

1台につき300円

ギター

1本につき300円

脚立

1台につき300円

クーラーボックス

1個につき300円

くわ、スコップ、つるはしその他これらに類する柄の付いた道具

1本につき300円

車いす(電動式のものに限る。)

1台につき900円

車いす(電動式のものを除く。)

1台につき300円

子供用遊具(すべり台及びぶらんこに限る。)

1個につき600円

子供用遊具(すべり台及びぶらんこを除く。)

1個につき300円

ゴルフクラブ

1本(1つにこん包した場合にあっては、14本までごと)につき300円

ゴルフバッグ(単体のものに限る。)

1個につき300円

サーフボード

1台につき300円

材木、木の枝、木の幹その他これらに類するもの(長さが2.5メートル以下であって、断面の最大の辺又は径が10センチメートル以下のものに限る。)

1本につき300円

材木、木の枝、木の幹その他これらに類するもの(長さが2.5メートル以下であって、断面の最大の辺又は径が10センチメートルを超え15センチメートル以下のものに限る。)

1本につき600円

材木、木の枝、木の幹その他これらに類するもの(長さが2.5メートル以下であって、断面の最大の辺又は径が15センチメートルを超え20センチメートル以下のものに限る。)

1本につき900円

材木、木の枝、木の幹その他これらに類するもの(長さが2.5メートル以下であって、断面の最大の辺又は径が20センチメートルを超えるものに限る。)

1本につき1,200円

三脚

1台につき300円

三輪自転車

1台につき600円

室内用足踏み式運動器具その他これに類する健康器具

1台につき300円

室内用サイクリングマシンその他これに類する健康器具

1台につき900円

室内用乗馬式運動器具その他これに類する健康器具

1台につき900円

室内用ぶら下がり式運動器具その他これに類する健康器具

1台につき600円

室内用ランニングマシンその他これに類する健康器具(電動式のものに限る。)

1台につき1,200円

室内用ランニングマシンその他これに類する健康器具(電動式のものを除く。)

1台につき600円

自転車(14インチを超えるものに限る。)

1台につき600円

自転車(14インチを超えるものを除く。)

1台につき300円

乗車用一輪車

1台につき300円

ショッピングカート

1台につき300円

水槽

1個につき300円

スーツケース

1個につき300円

スキー板

1枚(1つにこん包した場合にあっては、2枚までごと)につき300円

スキーストック

1本(1つにこん包した場合にあっては、2本までごと)につき300円

スキー用品一式(板及びストックに限る。)

1組(1つにこん包した場合にあっては、スキー板2枚及びスキーストック2本まで)につき300円

ストーブ、ファンヒーターその他これらに類するものに供する防護さく

1組につき300円

スノーボード

1枚につき300円

台車

1台につき300円

卓球台

1台につき1,200円

チャイルドシート

1個につき300円

釣ざお

1本につき300円

電気草刈機又は電気芝刈機

1台につき300円

時計

1個につき300円

トタン板

1枚につき300円

ぬいぐるみ

1個につき300円

バーベキューその他これに類する屋外の調理に使用するこんろ

1個につき300円

バーベキューその他これに類する屋外の調理に使用する鉄板

1枚につき300円

はしご

1台につき300円

ぱちんこ、スロットマシーン、テレビゲーム機その他これらに類する遊技機

1台につき600円

ビーチパラソルその他これに類する大型の傘

1本につき300円

布団用の物干し用具

1台につき300円

踏み台

1台につき300円

プランター

1個につき300円

風呂用のふた

1個につき300円

ペット用のかご

1個につき300円

ペット用の小屋

1個につき300円

ベニヤ板

1枚につき300円

ベビーカー

1台につき300円

ベビーバス

1個につき300円

歩行器

1台につき300円

ポリエチレン製バケツ

1個につき300円

ミシン(卓上型のものに限る。)

1台につき300円

ミシン(卓上型のものを除く。)

1台につき1,200円

物置(プラスチック製以外のものであって、高さが90センチメートルを超えるものに限る。)

1組につき1,200円

物置(プラスチック製以外のものであって、高さが90センチメートルを超えるものを除く。)

1組につき900円

物置(プラスチック製のものに限る。)

1組につき300円

物干しざお

1竿につき300円

物干し台(土台付きのものに限る。)

1本(1つにこん包した場合にあっては、2本までごと)につき900円

物干し台(土台付きのものを除く。)

1本(1つにこん包した場合にあっては、2本までごと)につき300円

幼児用三輪車

1台につき300円

浴槽

1台につき1,200円

ルーフボックス(自動車に搭載するものに限る。)

1個につき300円

4 30キログラムを超える粗大ごみに係る手数料によりがたいもの

オルガン

1台につき3,000円

スプリングマットレス

1枚につき3,000円

ソファーベッド(リクライニング機能付きのものに限る。)

1台につき3,000円

電気マッサージ器(いす型のものに限る。)

1台につき3,000円

電子オルガン

1台につき3,000円

電子ピアノ(脚付きのものに限る。)

1台につき3,000円

ベッド(電動式のものに限る。)

1台につき3,000円

5 1から4までに掲げる種類に該当しないもの

10キログラム以下のもの。ただし、そのものが形状その他により重量を計量することが困難なときは、幅、奥行及び高さの合計が1.5メートル以下のものを10キログラム以下のものとみなす。

1個につき300円

10キログラムを超え20キログラム以下のもの。ただし、そのものが形状その他により重量を計量することが困難なときは、幅、奥行及び高さの合計が1.5メートルを超え2メートル以下のものを10キログラムを超え20キログラム以下のものとみなす。

1個につき600円

20キログラムを超え30キログラム以下のもの。ただし、そのものが形状その他により重量を計量することが困難なときは、幅、奥行及び高さの合計が2メートルを超え2.5メートル以下のものを20キログラムを超え30キログラム以下のものとみなす。

1個につき900円

30キログラムを超えるもの。ただし、そのものが形状その他により重量を計量することが困難なときは、幅、奥行及び高さの合計が2.5メートルを超えるものを30キログラムを超えるものとみなす。

1個につき1,200円

備考 この表は、5キログラムを超える粗大ごみ及び神戸市廃棄物の適正処理、再利用及び環境美化に関する条例第10条の2に規定する市長が指定する指定袋に収納することができないものについて適用する。

神戸市手数料条例施行規則

平成12年3月31日 規則第111号

(令和4年10月1日施行)

体系情報
第9類 務/第3章 市税,手数料
沿革情報
平成12年3月31日 規則第111号
平成17年3月31日 規則第67号
平成18年12月28日 規則第45号
平成20年10月31日 規則第30号
平成21年3月31日 規則第56号
平成22年1月21日 規則第53号
平成24年3月30日 規則第66号
平成25年3月29日 規則第83号
令和3年3月31日 規則第58号
令和3年7月19日 規則第19号
令和4年9月30日 規則第35号