○神戸市精神保健及び精神障害者福祉に関する法律施行細則

平成8年4月1日

規則第3号

(趣旨)

第1条 この規則は,精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号。以下「法」という。),精神保健及び精神障害者福祉に関する法律施行令(昭和25年政令第155号。以下「政令」という。)及び精神保健及び精神障害者福祉に関する法律施行規則(昭和25年厚生省令第31号。以下「省令」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(精神障害者等の診察及び保護申請書の様式)

第2条 法第22条第2項に規定する申請書は,様式第1号による精神障害者等の診察及び保護申請書とする。

(退院の申出の届出)

第3条 法第26条の2の規定による届出は,様式第2号による退院申出の届出書により行わなければならない。

(退院等の請求)

第4条 法第38条の4の規定による請求は,書面により行わなければならない。ただし,市長がやむを得ない事情があると認めるときは,口頭により行うことができる。

(仮退院の許可の申請)

第5条 法第40条に規定する許可の申請は,様式第3号による仮退院許可申請書を市長に提出することにより行わなければならない。

(精神障害者保健福祉手帳に係る申請及び届出)

第6条 次に掲げる申請及び届出は,様式第4号による精神障害者保健福祉手帳申請書(届出書)により行わなければならない。

(1) 法第45条第1項の規定による申請又は政令第9条第1項若しくは省令第28条第1項に規定する申請

(2) 政令第7条第4項の規定による届出

(精神障害者保健福祉手帳の交付の申請に添える診断書の様式)

第7条 省令第23条第1号に規定する診断書は,様式第5号による診断書(精神障害者保健福祉手帳用)とする。

(精神障害者保健福祉手帳の再交付の申請)

第8条 政令第10条第1項に規定する申請は,様式第6号による精神障害者保健福祉手帳再交付申請書により行わなければならない。

(施行細目の委任)

第9条 この規則の施行に関し必要な事項は,主管局長が定める。

附 則

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成10年10月15日規則第50号)

(施行期日)

1 この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成15年4月1日規則第2号)

(施行期日)

1 この規則は,公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現に医師により作成されているこの規則による改正前の様式第4号による通院医療費の公費負担用診断書又は様式第12号による精神障害者保健福祉手帳用診断書は,それぞれ,この規則による改正後の様式第4号による診断書(通院医療費公費負担用)又は様式第8号による診断書(精神障害者保健福祉手帳用)とみなす。

附 則(平成18年3月22日規則第61号)

この規則は,平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月31日規則第61号)

この規則は,平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成29年1月20日規則第31号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成31年3月29日規則第36号)

(施行期日)

1 この規則は,公布の日から施行する。

(神戸市市税条例施行規則の一部改正等に伴う経過措置)

17 附則第3項から前項までの施行の際現に存する附則第3項から前項までの規定による改正前の様式による用紙は,なお使用することができる。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

神戸市精神保健及び精神障害者福祉に関する法律施行細則

平成8年4月1日 規則第3号

(平成31年3月29日施行)