○神戸市狂犬病予防法施行細則

昭和34年7月27日

規則第35号

(趣旨)

第1条 狂犬病予防法(昭和25年法律第247号。以下「法」という。)の施行については,狂犬病予防法施行令(昭和28年政令第236号。以下「令」という。)及び狂犬病予防法施行規則(昭和25年厚生省令第52号。以下「施行規則」という。)に定めるもののほか,この規則の定めるところによる。

(登録の申請書)

第2条 施行規則第3条の申請書は,様式第1号による犬の登録等申請書とし,犬の所在地を管轄する保健所長に提出しなければならない。

(市長が別に定める鑑札の様式)

第2条の2 施行規則第5条第1項ただし書の規定により市長が定める鑑札は,様式第1号の2とする。

(鑑札の再交付の申請)

第3条 施行規則第6条第1項の規定により鑑札の再交付を申請しようとする者は,犬の登録等申請書を犬の所在地を管轄する保健所長に提出しなければならない。

(犬の死亡等の届出)

第4条 施行規則第8条第1項及び第9条の届出書は,様式第2号による届出書とし,犬の所在地(犬の所在地を変更したときにあっては,その犬の新所在地)を管轄する保健所長に提出しなければならない。

(予防注射の報告)

第5条 法第5条第1項に規定する予防注射を行った獣医師は,様式第3号による予防注射実施報告書を翌月10日までに犬の所在地を管轄する保健所長に提出しなければならない。

(市長が別に定める注射済票の様式)

第5条の2 施行規則第12条第3項ただし書の規定により市長が定める注射済票は,様式第3号の2とする。

(注射済票の再交付の申請)

第6条 施行規則第13条第1項の規定により注射済票の再交付を申請しようとする者は,犬の登録等申請書を犬の所在地を管轄する保健所長に提出しなければならない。

(狂犬病予防技術員の証)

第7条 施行規則第14条に規定する狂犬病予防技術員は,犬の捕獲に従事するときは,同条に規定する証票のほかに様式第4号による狂犬病予防技術員の証を携帯し,関係人の求めによりこれを提示しなければならない。

(評価人)

第8条 令第5条に規定する評価人(以下単に「評価人」という。)は,犬に関して知識のある者のうちから毎年4月1日に市長が委嘱するほか,市職員をもって充てる。

2 評価人は,合議により様式第5号による評価書を作成しなければならない。

(抑留犬の返還の申請)

第9条 法第6条第1項又は第18条第1項の規定により抑留した犬(以下「抑留犬」という。)の所有者は,その抑留犬の返還を申請しようとするときは,犬の登録等申請書を返還を申請しようとする保健所長に提出しなければならない。

(損害の補償の請求)

第10条 法第6条第10項(法第14条第2項及び第18条第2項において準用する場合を含む。)の規定により損害の補償を申請しようとする者は,様式第6号による損害補償請求書2通を犬の所有者の住居地を管轄する保健所長を経て市長に提出しなければならない。

(狂犬病発生の届出)

第11条 法第8条第1項の規定による届出をしようとする者は,様式第7号による狂犬病(疑似)発生届2通をその犬の所在地を管轄する保健所長に提出しなければならない。

(犬の展覧会等の開催)

第12条 犬の展覧会,競技会等を主催しようとする者は,開催の日の10日前までに様式第8号による犬の展覧会等開催届を開催地を管轄する保健所長に提出しなければならない。

(犬の所有者の負担する費用)

第13条 法第23条第2に規定する犬の所有者の負担する費用の額は,次の各号に掲げる費用の区分に応じ当該各号に定める額とする。

(1) 法第23条第2第2号に規定する犬の予防注射の費用 1件につき2,650円

(2) 法第23条第2第3号に規定する犬の抑留中の飼養管理費 1頭1日につき600円

(3) 法第23条第2第3号に規定する返還に要する費用 1頭につき 3,500円

附 則 抄

(施行期日)

1 この規則は,公布の日から施行する。

附 則(昭和39年3月2日規則第78号)

この規則は,昭和39年4月1日から施行する。

附 則(昭和40年3月15日規則第78号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(昭和42年7月25日規則第34号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(昭和42年11月21日規則第50号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(昭和43年5月27日規則第36号)

この規則は,昭和43年6月1日から施行する。

附 則(昭和45年9月5日規則第79号)

この規則は,昭和45年10月1日から施行する。

附 則(昭和46年12月14日規則第71号)

この規則は,昭和47年1月1日から施行する。

附 則(昭和49年2月26日規則第116号)

この規則は,昭和49年4月1日から施行する。

附 則(昭和50年3月13日規則第145号)

この規則は,昭和50年4月1日から施行する。

附 則(昭和51年9月21日規則第73号)

この規則は,昭和51年10月1日から施行する。

附 則(昭和53年3月13日規則第128号)

この規則は,昭和53年4月1日から施行する。

附 則(昭和53年8月1日規則第65号)

(施行期日)

1 この規則は,昭和53年8月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の狂犬病予防法施行細則第16条第2号及び第3号の規定は,この規則の施行の日以後に捕獲した犬について適用し,同日前に捕獲した犬については,なお従前の例による。

附 則(昭和54年3月9日規則第116号)

この規則は,昭和54年4月1日から施行する。

附 則(昭和55年10月1日規則第68号)

この規則は,昭和55年10月1日から施行する。

附 則(昭和56年3月12日規則第116号)

この規則は,昭和56年4月1日から施行する。

附 則(昭和58年3月2日規則第108号)

この規則は,昭和58年4月1日から施行する。

附 則(昭和60年3月13日規則第59号)

この規則は,昭和60年4月1日から施行する。

附 則(平成5年3月31日規則第121号)

この規則は,平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成6年3月15日規則第90号)

この規則は,平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成7年3月30日規則第93号)

(施行期日)

1 この規則は,平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成9年3月17日規則第92号)

この規則は,平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成10年10月15日規則第50号)

(施行期日)

1 この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成24年3月30日規則第65号)

(施行期日)

1 この規則は,平成24年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正後の神戸市狂犬病予防法施行細則第13条第3号の規定は,この規則の施行の日以後に抑留した犬の返還に要する費用について適用し,同日前に抑留した犬の返還に要する費用については,なお従前の例による。

附 則(平成25年2月28日規則第47号)

(施行期日)

1 この規則は,平成25年4月1日から施行する。ただし,第5条の次に1条を加える改正規定及び様式第3号の次に1様式を加える改正規定は,同年3月2日から施行する。

(適用区分)

2 この規則による改正後の神戸市狂犬病予防法施行細則第2条の2及び様式第1号の2の規定は,平成25年4月1日以後に交付又は再交付を行う鑑札について適用し,同日前に交付又は再交付を行う鑑札については,なお従前の例による。

3 この規則による改正後の神戸市狂犬病予防法施行細則第5条の2及び様式第3号の2の規定は,第1号に掲げる狂犬病の予防注射について適用し,第2号に掲げる狂犬病の予防注射については,なお従前の例による。

(1) 平成25年度以降の年度に実施する狂犬病の予防注射(施行規則第12条第5項の規定に基づき平成25年度の注射済票が交付されることとなるものを含む。)

(2) 平成24年度以前の年度に実施された狂犬病の予防注射(施行規則第12条第5項の規定に基づき平成25年度の注射済票が交付されることとなるものを除く。)

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

神戸市狂犬病予防法施行細則

昭和34年7月27日 規則第35号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第13類 生/第2章 公衆衛生
沿革情報
昭和34年7月27日 規則第35号
昭和39年3月2日 規則第78号
昭和40年3月15日 規則第78号
昭和42年7月25日 規則第34号
昭和42年11月21日 規則第50号
昭和43年5月27日 規則第36号
昭和45年9月5日 規則第79号
昭和46年12月14日 規則第71号
昭和49年2月26日 規則第116号
昭和50年3月13日 規則第145号
昭和51年9月21日 規則第73号
昭和53年3月13日 規則第128号
昭和53年8月1日 規則第65号
昭和54年3月9日 規則第116号
昭和55年10月1日 規則第68号
昭和56年3月12日 規則第116号
昭和58年3月2日 規則第108号
昭和60年3月13日 規則第59号
平成5年3月31日 規則第121号
平成6年3月15日 規則第90号
平成7年3月30日 規則第93号
平成9年3月17日 規則第92号
平成10年10月15日 規則第50号
平成24年3月30日 規則第65号
平成25年2月28日 規則第47号