○神戸市立墓園条例

昭和41年3月31日

条例第45号

(設置)

第1条 墓地、埋葬等に関する法律(昭和23年法律第48号)第2条第5項に規定する墓地及び同条第6項に規定する納骨堂として、神戸市立墓園(以下「墓園」という。)及び附属施設を設置する。

(名称及び位置)

第2条 墓園及び附属施設の名称及び位置は、別表第1のとおりとする。

(墓園の施設)

第3条 墓園に次に掲げる施設(以下「墓園施設」という。)を置く。

(1) 一般の墓地

 墓石が備え付けられている墓地の区画

 墓石が備え付けられていない墓地の区画

(2) 区画型合葬式墳墓(複数の死亡者について合同して慰霊することを目的とし、その1区画に死亡者1名分の焼骨の埋蔵をする墳墓をいう。)

(3) 合葬式墓地(複数の死亡者について合同して埋蔵又は収蔵をすることを目的とし、次に掲げる施設で構成する墳墓をいう。)

 個別安置施設

 合葬施設

 記名板

(使用許可)

第4条 墓園施設又は附属施設を使用しようとする者は、規則で定めるところにより、市長の許可(以下「使用許可」という。)を受けなければならない。

2 墓園施設又は附属施設を使用しようとする者は、次の各号のいずれにも該当する者でなければならない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(1) 墓園施設について市長が規則で定めるところにより使用しようとする者(その属する世帯につき1つの施設を使用しようとする者に限る。)の公募を行った場合にあっては、当該公募に当選した者であること。

(2) 一般の墓地を使用しようとする場合にあっては、祭を主宰すべき者であること。

(3) 区画型合葬式墳墓を使用しようとする場合にあっては、祭祀を主宰すべき者又は自己の死後にその焼骨の埋蔵をすることを希望する者であること。

(4) 一般の墓地若しくは区画型合葬式墳墓又は附属施設を使用しようとする場合にあっては、本市に引き続き6月以上住所を有する者であること。

(5) 合葬式墓地を使用しようとする場合にあっては、次のいずれかに該当する者であること。

 本市に引き続き6月以上住所を有する者であって、現に埋蔵又は収蔵をしようとする焼骨を所持しているもの

 生前に市民であった者の焼骨を所持している者

 本市に引き続き6月以上住所を有する満65歳以上の者であって、自己の死後にその焼骨の埋蔵又は収蔵をすることを希望するもの

 使用許可を受けて墓園施設又は附属施設に埋葬、埋蔵又は収蔵をしている焼骨等を改葬しようとする者(使用許可を受けた者(以下「使用者」という。)の死亡等により使用者に代わって改葬をしようとする者を含む。)

3 区画型合葬式墳墓の使用許可は、区画ごとに行う。

4 次に掲げる施設の使用許可の期間は、当該各号に定める期間とする。

(1) 区画型合葬式墳墓 使用許可の日から30年

(2) 個別安置施設 使用許可の日から10年(使用許可の期間が満了する日から起算して30日前までに行われた申請について市長が延長に係る使用許可をしたときは、当初の使用許可の日から20年)

(使用の制限)

第5条 市長は、使用許可をする場合は、必要な条件を付し、又は場所等を指定することができる。

2 区画型合葬式墳墓の使用許可は、特定の死亡者の焼骨(埋蔵をされる者が生存しているときにあっては、その者が死亡した後の焼骨)の埋蔵をすることを条件として付すものとする。

3 市長は、墓園又は附属施設の管理上必要な措置をさせることができる。

(使用料)

第6条 墓園施設及び附属施設の使用料の額は、別表第2に定める額の範囲内で、墓園施設ごとに規則で定める。

2 第4条第2項ただし書の市長の承認を受けて本市に引き続き6月以上住所を有する者以外の者が使用許可を受けたときの使用料の額は、前項の額に10分の15を乗じて得た額とする。

3 既納の使用料は、規則で定める場合のほかは還付しない。

(使用料の減免)

第7条 市長は、特別の理由があると認めるときは、前条第1項又は第2項の使用料を減額し、又は免除することができる。

(届出義務)

第8条 使用者は、住所、氏名その他使用許可書の記載事項に異動が生じたときは、速やかに市長に届け出なければならない。

(使用者の地位の承継等)

第9条 次の各号に掲げる場合において当該各号に定める者が使用者の地位を承継しようとするときは、規則で定めるところにより、市長の許可を受けなければならない。

(1) 使用者の死亡その他の理由により祭祀を主宰する者が代わった場合 当該祭祀を主宰する者

(2) 使用者が死亡し、当該使用者の地位を承継する者がいない場合又は第11条の規定により使用許可が取り消され、若しくは使用許可の期間が終了した場合において改葬する者がいないとき(以下「承継者不在時等の場合」という。) 使用者の親族又は縁故者

2 前項の規定にかかわらず、区画型合葬式墳墓又は合葬式墓地の使用者の地位は、承継することができない。ただし、市長が特別の理由があると認める場合は、この限りでない。

(使用場所の移転等)

第10条 市長は、墓園又は附属施設の管理又は公共事業執行のため必要があると認めるときは、使用者に対し、使用場所の指定、移転又は返還を命ずることができる。

(使用許可の取消し)

第11条 市長は、使用者が次の各号のいずれかに該当するときは、その使用許可を取り消すことができる。

(1) 許可を受けた目的以外の目的に使用したとき。

(2) 墓園施設又は附属施設の使用の権利を譲渡し、又は使用場所を転貸したとき。

(3) 墓石が備え付けられている墓地の区画にあっては、許可を受けた日から1年以内に、正当な理由がなく当該墓石に名板の取付けをしないとき。

(4) 墓石が備え付けられていない墓地の区画にあっては、許可を受けた日から3年以内に、正当な理由がなく許可を受けた場所に必要な設備を設けないとき。

(5) 所定の使用料を納付しないとき。

(6) 住所不明となり5年を経過したとき。

(7) 法令又はこの条例若しくはこれに基づく規則に違反し、又は市長の指示に従わないとき。

(使用終了時等の取扱い)

第12条 使用者は、前条の規定により使用許可を取り消されたとき、墓園施設又は附属施設の使用の必要がなくなったときその他墓園施設又は附属施設の返還をしなければならないときは、市長の指示に従い、市長が指定する日までに焼骨を収去し、その他原状に回復しなければならない。ただし、市長が承認したときは、この限りでない。

2 市長は、承継者不在時等の場合、当該墓園施設又は附属施設に埋葬、埋蔵又は収蔵がされている焼骨等を所定の場所に改葬することができる。

3 市長は、区画型合葬式墳墓への埋蔵又は合葬式墓地への埋蔵若しくは収蔵をした焼骨の返還は行わないものとする。ただし、区画型合葬式墳墓への埋蔵又は個別安置施設への収蔵をした焼骨について使用者が使用許可の期間内にしたその返還の申出を市長が承認したときは、この限りでない。

4 市長は、個別安置施設に収蔵している焼骨について使用許可の期間が経過したときは、合葬施設の使用料を徴収することなく、その焼骨を合葬施設に埋蔵するものとする。

5 第4条第2項第4号ウに該当するとして個別安置施設の使用許可を受けた者が、その使用許可の期間が経過した後に死亡したときは、合葬施設の使用料を徴収することなくその者の焼骨を合葬施設に埋蔵するものとする。

(宗教えい域の特例)

第13条 特別都市計画事業、土地区画整理事業その他公共事業により、市街地の宗教法人境内墓地を移転した区域の管理については、規則で定める。

(施行細目の委任)

第14条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

 抄

(施行期日)

1 この条例は、昭和41年4月1日から施行する。

(経過規定)

2 この条例の施行前に従前の規定によりなした許可その他の行為は、この条例の規定によりなしたものとみなす。

(条例の廃止)

3 神戸市舞子墓園条例(昭和26年3月条例第3号の2)及び神戸市立共葬墓地条例(昭和27年4月条例第27号)は、廃止する。

(昭和42年6月7日条例第15号の2)

この条例は、公布の日から施行する。

(昭和45年6月1日条例第37号)

この条例は、昭和45年6月1日から施行する。

(昭和46年5月31日条例第25号)

この条例は、昭和46年6月1日から施行する。

(昭和47年4月1日条例第13号)

(施行期日)

1 この条例は、昭和47年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の神戸市立墓園条例の許可の際納付すべき使用料の規定は、昭和47年4月1日以後に墓園使用申込書を受理した墓園の使用について適用し、同日前に同申込書を受理した墓園の使用については、なお従前の例による。

(昭和48年6月5日条例第30号)

この条例は、神戸市区設置条例の一部を改正する条例(昭和47年4月条例第19号)の施行の日から施行する。

(昭和50年3月31日条例第113号)

この条例は、昭和50年4月1日から施行する。

(昭和51年4月1日条例第14号)

この条例は、昭和51年4月1日から施行する。

(昭和51年12月28日条例第59号)

この条例は、公布の日から施行する。

(昭和52年10月6日条例第54号)

この条例は、公布の日から施行する。

(昭和53年4月1日条例第16号)

この条例は、昭和53年4月1日から施行する。

(昭和54年3月29日条例第81号)

この条例は、昭和54年4月1日から施行する。

(昭和55年3月31日条例第33号)

(施行期日)

1 この条例は、昭和55年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の神戸市立墓園条例の規定中墓園の使用料に係る部分は、昭和55年4月1日以後に墓園の使用の許可を申請した者について適用し、同日前に使用の許可を申請した者については、なお従前の例による。

(昭和55年10月13日条例第45号)

この条例は、昭和55年12月1日から施行する。

(昭和57年3月30日条例第57号)

この条例は、昭和57年4月1日から施行する。

(昭和59年3月31日条例第45号)

この条例は、昭和59年4月1日から施行する。

(昭和61年3月31日条例第37号)

この条例は、昭和61年4月1日から施行する。

(昭和63年3月31日条例第45号)

この条例は、昭和63年4月1日から施行する。

(平成2年3月31日条例第47号)

この条例は、平成2年4月1日から施行する。

(平成4年3月31日条例第68号)

この条例は、平成4年4月1日から施行する。

(平成6年3月31日条例第46号)

この条例は、平成6年4月1日から施行する。

(平成8年3月29日条例第75号)

この条例は、平成8年4月1日から施行する。

(平成9年3月31日条例第59号)

この条例は、平成9年4月1日から施行する。

(平成10年3月31日条例第69号)

(施行期日)

1 この条例は、平成10年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の際現にこの条例による改正前の神戸市立墓園条例第3条の規定により墓石が備え付けられている墓園の使用の許可を受けている者については、この条例による改正後の神戸市立墓園条例第12条第3号の規定は、この条例の施行後1年間は、適用しない。

(平成12年3月31日条例第93号)

この条例は、平成12年4月1日から施行する。

(平成14年3月29日条例第80号)

この条例は、平成14年4月1日から施行する。

(平成16年3月30日条例第38号)

この条例は、平成16年4月1日から施行する。

(平成16年7月20日条例第13号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(平成23年3月31日条例第44号)

この条例は、平成23年7月1日から施行する。

(平成30年3月30日条例第24号)

この条例は、平成30年4月1日から施行する。

別表第1(第2条関係)

(1) 墓園

名称

位置

神戸市立鵯越墓園

神戸市北区山田町下谷上

神戸市立舞子墓園

神戸市垂水区舞子陵

神戸市立追谷墓園

神戸市中央区神戸港地方

神戸市立西神墓園

神戸市西区神出町南

神戸市立魚崎墓地

神戸市東灘区魚崎北町4丁目

神戸市立小林墓地

神戸市東灘区住吉山手2丁目

神戸市立荒神山墓地

神戸市東灘区住吉台

神戸市立垂水墓地

神戸市垂水区名谷町

(2) 附属施設

名称

位置

納骨堂

神戸市立舞子墓園内

別表第2(第6条関係)

(1) 墓園使用料

ア 許可の際納付すべき使用料

種別

面積

金額

墓石が備え付けられている墓地の区画

1箇所につき 1,100,000円

墓石が備え付けられていない墓地の区画

4平方メートル以下のもの

1平方メートルにつき 240,000円

4平方メートルを超え6平方メートル以下のもの

1平方メートルにつき 250,000円

6平方メートルを超え9平方メートル以下のもの

1平方メートルにつき 260,000円

9平方メートルを超えるもの

1平方メートルにつき 270,000円

区画型合葬式墳墓

1区画につき

300,000円

合葬式墓地

個別安置施設

1体につき

100,000円

個別安置施設について第4条第4項第2号の延長に係る使用許可を受けた場合の当該延長の期間に係るもの

1体につき

50,000円

合葬施設

1体につき

50,000円

記名板

1体につき

30,000円

イ 年間使用料

種別

金額

墓石が備え付けられている墓地の区画及び墓石が備え付けられていない墓地の区画で面積が3平方メートル以下のもの

3,900円

墓石が備え付けられていない墓地の区画で面積が3平方メートルを超えるもの

3平方メートルを超える1平方メートル(当該面積に1平方メートル未満の端数があるときは、その端数面積を切り上げる。)につき1,300円の割合で算出した額に3,900円を加えた額

備考 年度の中途で使用許可を受けた者の当該年度の使用料は、この表の額の範囲内で規則で定める額とする。

(2) 附属施設使用料

名称

種別

金額

納骨堂

納骨壇

1壇1年につき 3,500円

遺骨保管室

1体1年につき 800円

神戸市立墓園条例

昭和41年3月31日 条例第45号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第13類 生/第3章 墓園、斎場
沿革情報
昭和41年3月31日 条例第45号
昭和42年6月7日 条例第15号の2
昭和45年6月1日 条例第37号
昭和46年5月31日 条例第25号
昭和47年4月1日 条例第13号
昭和48年6月5日 条例第30号
昭和50年3月31日 条例第113号
昭和51年4月1日 条例第14号
昭和51年12月28日 条例第59号
昭和52年10月6日 条例第54号
昭和53年4月1日 条例第16号
昭和54年3月29日 条例第81号
昭和55年3月31日 条例第33号
昭和55年10月13日 条例第45号
昭和57年3月30日 条例第57号
昭和59年3月31日 条例第45号
昭和61年3月31日 条例第37号
昭和63年3月31日 条例第45号
平成2年3月31日 条例第47号
平成4年3月31日 条例第68号
平成6年3月31日 条例第46号
平成8年3月29日 条例第75号
平成9年3月31日 条例第59号
平成10年3月31日 条例第69号
平成12年3月31日 条例第93号
平成14年3月29日 条例第80号
平成16年3月30日 条例第38号
平成16年7月20日 条例第13号
平成23年3月31日 条例第44号
平成30年3月30日 条例第24号