○神戸市消防団の組織等に関する規則

昭和58年10月14日

規則第47号

(趣旨)

第1条 この規則は、消防組織法(昭和22年法律第226号)第18条第2項の規定に基づき消防団の組織について及び同法第23条第2項の規定に基づき消防団員の階級について並びに消防団の業務について必要な事項を定めるものとする。

(組織)

第2条 消防団は、団本部及び分団をもつて組織する。ただし、北消防団及び西消防団については、団本部及び支団をもつて組織する。

2 支団は、支団本部及び分団をもつて組織する。

(支団及び分団の名称及び区域)

第3条 支団の名称及び区域は、別表のとおりとする。

2 分団の名称及び区域は、消防団長が消防長の承認を得て定める。

(団本部及び支団本部の位置)

第4条 団本部は消防署に、支団本部は区役所出張所(有野支団本部にあつては北神区役所、玉津支団本部にあつては西区役所玉津支所)に置く。

(団本部の事務)

第5条 団本部は、次に掲げる事務を処理する。

(1) 消防団員の身分取扱いに関すること。

(2) 消防団員の公務災害補償に関すること。

(3) 消防団員の退職報償金に関すること。

(4) 消防団員の研修及び訓練に関すること。

(5) 支団及び分団並びに消防団員の表彰に関すること。

(6) 消防団の施設、機械器具等の管理に関すること。

(7) 消防団の運営上必要とする文書、簿冊等の整理及び保存に関すること。

(8) 前各号に掲げるもののほか、消防団の運営上必要な事項に関すること。

(支団本部の事務)

第6条 支団本部は、次に掲げる事務を処理する。

(1) 消防団員(支団に所属する消防団員に限る。以下この条において同じ。)の身分取扱いに関すること。

(2) 消防団員の公務災害補償に係る事実調査に関すること。

(3) 消防団員の退職報償金に関すること。

(4) 消防団員の研修及び訓練に関すること。

(5) 分団及び消防団員の表彰の具申に関すること。

(6) 支団の施設、機械器具等の管理に関すること。

(7) 支団の運営上必要とする文書、簿冊等の整理及び保存に関すること。

(8) 前各号に掲げるもののほか、支団の運営上必要な事項に関すること。

(分団の事務)

第7条 分団は、次に掲げる事務を処理する。

(1) 災害活動に関すること。

(2) 分団の施設、機械器具等の管理に関すること。

(3) 前2号に掲げるもののほか、分団の運営上必要な事項に関すること。

(役員)

第8条 団本部に役員として消防団長、副団長、分団長及び部長を置く。ただし、北消防団及び西消防団の団本部については、役員として消防団長、支団長、副支団長及び部長を置く。

2 支団本部に役員として支団長、副支団長及び部長を置く。

3 分団に役員として分団長、副分団長、部長及び班長を置く。

(役員の任期)

第9条 前条に規定する役員の任期は、4年とする。ただし、補欠によつて任命された者の任期は、前任者の残任期間とする。

2 前条に規定する役員は、再任することを妨げない。

(役員の職務)

第10条 消防団長は、消防団の事務を統括し、所属の消防団員を指揮監督する。

2 支団長及び副団長は、消防団長を補佐し、及び消防団長の命を受け、所掌事務を掌理し、所属の消防団員を指揮監督する。

3 副支団長、分団長、副分団長、部長及び班長は、上司の命を受け、所掌事務を掌理し、所属の消防団員を指揮監督する。

(職務の代行)

第11条 消防団長に事故があるとき又は消防団長が欠けたときは、あらかじめ消防団長の定める順序に従い、支団長又は副団長がその職務を代行する。

2 第8条第2項に規定する支団長に事故があるとき又は当該支団長が欠けたときは、あらかじめ消防団長の定める順序に従い、副支団長がその職務を代行する。

3 第8条第3項に規定する分団長に事故があるとき又は当該分団長が欠けたときは、あらかじめ消防団長の定める順序に従い、副分団長がその職務を代行する。

(階級)

第12条 消防団長又は支団長の職にある者の階級は、団長とする。

2 副団長又は副支団長の職にある者の階級は、副団長とする。

3 分団長の職にある者の階級は、分団長とする。

4 副分団長の職にある者の階級は、副分団長とする。

5 部長の職にある者の階級は、部長とする。

6 班長の職にある者の階級は、班長とする。

7 前各項に規定する職にある者以外の消防団員の階級は、団員とする。

(消防団の業務)

第13条 消防団は、災害の現場においては、消火、人命の救助、救急業務、避難誘導、警戒区域の設定、群集の整理、飛火の警戒、搬出物品の保護等を行うものとする。

2 消防団は、災害時以外においては、地域の日常生活に密着した防災指導を行うとともに、地域住民の防災知識の普及に努めるものとする。

3 消防団は、前2項に定めるもののほか、法令に規定する業務及び消防長又は消防署長により特に命ぜられた業務を行うものとする。

(施行細目の委任)

第14条 この規則の施行に関し必要な事項は、消防長が定める。

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則施行の際現に役員である者は、第9条の規定により任命されたものとみなす。

(階級の特例)

3 昭和58年9月30日まで消防団長に任命されていた者が、同年10月1日以降引き続き支団長に任命される場合は、当該支団長の階級は、第13条第2項の規定にかかわらず、当分の間、団長とする。

4 昭和58年9月30日まで副団長に任命されていた者が、同年10月1日以降引き続き副支団長に任命される場合は、当該副支団長の階級は、第13条第3項の規定にかかわらず、当分の間、副団長とする。

(消防団の設置等に関する規則の廃止)

5 神戸市消防団の設置等に関する規則(昭和36年3月規則第98号)は、廃止する。

(平成4年3月31日規則第106号)

この規則は、平成4年4月1日から施行する。

(平成8年12月3日規則第75号)

この規則は、平成8年12月9日から施行する。

(平成10年5月28日規則第16号)

この規則は、平成10年6月1日から施行する。

(平成17年4月1日規則第6号)

(施行期日)

第1条 この規則は、公布の日から施行する。

(平成18年9月28日規則第32号)

この規則は、公布の日から施行する。

(平成28年6月30日規則第10号)

この規則は、平成28年7月1日から施行する。

(平成29年3月31日規則第71号)

(施行期日)

1 この規則は、平成29年4月1日から施行する。

(平成30年3月30日規則第58号)

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

(平成31年3月29日規則第66号)

(施行期日)

第1条 この規則は、平成31年4月1日から施行する。

(令和3年3月31日規則第71号)

この規則は、令和3年4月1日から施行し、改正後の神戸市長の権限に属する事務の委任に関する規則第44条の規定は、令和2年4月1日から適用する。

(令和4年2月10日規則第43号)

(施行期日)

1 この規則は、令和4年2月11日から施行する。

別表(第3条関係)

消防団

名称

区域

神戸市北消防団

有馬支団

北区有馬町

有野支団

北神区役所の所管区域のうち有馬支団、道場支団、八多支団、大沢支団、長尾支団及び淡河支団の区域を除く区域一円

山田支団

北消防団の区域のうち、北神区役所の所管区域を除く区域一円

道場支団

北区道場町生野、道場町日下部、道場町塩田、道場町道場及び道場町平田

八多支団

北区八多町上小名田、八多町下小名田、八多町附物、八多町中、八多町西畑、八多町屏風、八多町深谷、八多町柳谷及び八多町吉尾

大沢支団

北区大沢町市原、大沢町上大沢、大沢町神付、大沢町簾、大沢町中大沢及び大沢町日西原

長尾支団

北区赤松台1―2丁目、鹿の子台北町1―8丁目、鹿の子台南町1―6丁目、上津台1―9丁目、長尾町宅原及び長尾町上津

淡河支団

北区淡河町淡河、淡河町勝雄、淡河町北僧尾、淡河町北畑、淡河町木津、淡河町行原、淡河町神田、淡河町中山、淡河町野瀬、淡河町萩原、淡河町東畑、淡河町神影及び淡河町南僧尾

神戸市西消防団

玉津支団

西消防団の区域のうち伊川谷支団、櫨谷支団、押部谷支団、平野支団、神出支団及び岩岡支団の区域を除く区域一円

伊川谷支団

西区伊川谷町有瀬、伊川谷町井吹、伊川谷町上脇、伊川谷町小寺、伊川谷町潤和、伊川谷町前開、伊川谷町長坂、伊川谷町布施畑、伊川谷町別府、池上1―5丁目、今寺、大津和1―3丁目、学園西町1―8丁目、学園東町1―9丁目、北別府1―5丁目、白水1―3丁目、前開南町1―2丁目、天王山、南別府1―5丁目及び室谷1―2丁目

櫨谷支団

西区井吹台北町1―5丁目、井吹台西町1―8丁目、井吹台東町1―7丁目、樫野台1―6丁目、狩場台1―5丁目、糀台1―6丁目、竹の台1―6丁目、櫨谷町池谷、櫨谷町菅野、櫨谷町谷口、櫨谷町寺谷、櫨谷町栃木、櫨谷町友清、櫨谷町長谷、櫨谷町福谷及び櫨谷町松本

押部谷支団

西区秋葉台1―3丁目、押部谷町押部、押部谷町木津、押部谷町近江、押部谷町木見、押部谷町木幡、押部谷町細田、押部谷町栄、押部谷町高和、押部谷町西盛、押部谷町福住、押部谷町養田、押部谷町和田、北山台1―3丁目、桜が丘中町1―6丁目、桜が丘西町1―6丁目、桜が丘東町1―6丁目、高雄台、高塚台1―7丁目、月が丘1―7丁目、富士見が丘1―5丁目、見津が丘1―7丁目及び美穂が丘1―5丁目

平野支団

西区春日台1―9丁目、平野町印路、平野町大野、平野町大畑、平野町堅田、平野町黒田、平野町慶明、平野町繁田、平野町芝崎、平野町下村、平野町常本、平野町中津、平野町西戸田、平野町福中、平野町宮前、平野町向井及び美賀多台1―9丁目

神出支団

西区神出町五百蔵、神出町池田、神出町北、神出町古神、神出町小束野、神出町田井、神出町東、神出町広谷、神出町宝勢、神出町南、神出町紫合及び神出町勝成

岩岡支団

西区岩岡町岩岡、岩岡町印路,岩岡町西脇,岩岡町野中、岩岡町古郷、大沢1―2丁目、上新地1―3丁目、福吉台1―2丁目及び竜が岡1―5丁目

神戸市消防団の組織等に関する規則

昭和58年10月14日 規則第47号

(令和4年2月11日施行)

体系情報
第19類 防/第6章 消防団
沿革情報
昭和58年10月14日 規則第47号
平成4年3月31日 規則第106号
平成8年12月3日 規則第75号
平成10年5月28日 規則第16号
平成17年4月1日 規則第6号
平成18年9月28日 規則第32号
平成28年6月30日 規則第10号
平成29年3月31日 規則第71号
平成30年3月30日 規則第58号
平成31年3月29日 規則第66号
令和3年3月31日 規則第71号
令和4年2月10日 規則第43号