○神戸市後期高齢者医療に関する条例施行規則

平成20年3月31日

規則第71号

(趣旨)

第1条 この規則は,神戸市後期高齢者医療に関する条例(平成20年3月条例第70号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(保険料等の納付)

第2条 保険料の納付義務者(条例第4条第2項に規定する普通徴収に係る保険料の納付義務者をいう。)は,保険料又は条例第7条第1項に規定する延滞金(以下「保険料等」という。)を納付するときは,別に定める納付書によらなければならない。

(徴収に係る職員証の携帯)

第3条 保険料等を徴収する職員は,保険料等を徴収するときは,別に定める保険料等を徴収することができる旨を証明する職員証を携帯し,関係者の請求があったときは,これを提示しなければならない。

(相続人の代表者の指定等)

第4条 条例第8条第1項の規定による相続人の代表者は,その被相続人の死亡時の住所又は居所と同一の住所又は居所を有する相続人その他その被相続人の保険料の納付につき便宜を有する者のうちから定めなければならない。

2 条例第8条第1項後段の届出は,次に掲げる事項を記載し,かつ,同項後段の相続人が連署した書面により,行わなければならない。

(1) 被相続人の氏名,死亡時の住所又は居所及び死亡年月日

(2) 各相続人の氏名,住所又は居所,被相続人との続柄及び民法(明治29年法律第89号)第900条から第902条までの規定によるその相続分

(3) 相続人の代表者の氏名及び住所又は居所

3 条例第8条第2項前段に規定する届出がないときには,一部の相続人について同条第1項後段の届出がないときを含むものとする。この場合においては,市長は,その届出がない一部の相続人について同条第2項前段の指定をすることができる。

4 第1項の規定は,市長が条例第8条第2項前段の規定により相続人の代表者を指定する場合について準用する。

5 条例第8条第1項後段の規定により届出をした相続人は,市長に届け出て,その指定した代表者を変更することができる。この場合においては,第2項の規定を準用する。

(施行細目の委任)

第5条 この規則の施行に関し必要な事項は,主管局長が定める。

附 則

この規則は,平成20年4月1日から施行する。

神戸市後期高齢者医療に関する条例施行規則

平成20年3月31日 規則第71号

(平成20年4月1日施行)

体系情報
第10類 祉/第5章 保険,医療費
沿革情報
平成20年3月31日 規則第71号