○神戸市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例

平成26年9月30日

条例第15号

(趣旨)

第1条 この条例は、児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」という。)第34条の8の2第1項の規定に基づき、放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定めるものとする。

(設備及び運営に関する基準)

第2条 法第34条の8の2第1項に規定する条例で定める基準は、次条及び第4条に定めるもののほか、放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準(平成26年厚生労働省令第63号。以下「基準省令」という。)に定めるところによる。

(運営規程に関する基準)

第3条 前条の規定に基づき基準省令第14条第5号の規定を適用する場合においては、同号中「利用定員」とあるのは、「放課後児童健全育成事業所の面積」とする。

(放課後児童健全育成事業者に関する基準)

第4条 放課後児童健全育成事業者は、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。)若しくは暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者又はこれらの者がその事業活動を支配するものであってはならない。

この条例は、子ども・子育て支援法及び就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成24年法律第67号)の施行の日から施行する。

(施行の日=平成27年4月1日)

神戸市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例

平成26年9月30日 条例第15号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第10類 祉/第2章 児童福祉
沿革情報
平成26年9月30日 条例第15号