○宗像市非常勤嘱託職員に関する規程

平成15年4月1日

訓令第8号

(趣旨)

第1条 この訓令は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第3項第3号に規定する非常勤嘱託職員の任用に関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この訓令において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 一般職の職員 競争試験等により正式任用された一般職に属する職員をいう。

(2) 非常勤嘱託職員 特殊な資格、技能、経験等を必要とする職(これらに準ずる職で市長が特に必要と認めた職を含む。)に、期間を定めて任用され、職務形態が一般職の職員と異なる職員をいう。

(任用)

第3条 非常勤嘱託職員の任用期間は、1年を超えない範囲内で定めるものとし、必要がある場合には、1年を超えない範囲内で更新することができるものとする。ただし、非常勤嘱託職員としての任用期間は、原則として通算して3年を限度とする。

2 前項の場合において、特に市長が認めた者については、3年を超えて、任用することができる。

3 任用又は任用期間の更新は、これを必要とする課等の所属長の申請によって任命権者が行う。

4 前項に規定する申請は、任用又は更新を必要とする日の20日前までに、履歴書を添付し、人事課長を経由して任命権者に行うものとする。

5 非常勤嘱託職員の任用は、任用期間の満了により、その効力を失うものとする。

(業務)

第4条 非常勤嘱託職員は、上司の命を受け、担当業務に従事する。ただし、任命権者が特に認めた者については、特定業務に従事するものとする。

(勤務時間)

第5条 非常勤嘱託職員の勤務時間は、一般職の職員の1週間の勤務時間の4分の3を超えない範囲内で、任命権者の定めるところによるものとする。ただし、任命権者が特に必要と認めるときは、勤務月の1日を起算日とする1月を単位として、1週間当たりの勤務時間を一般職の職員の1週間の勤務時間の4分の3を超えない範囲内で定めることができる。

2 非常勤嘱託職員のうち特殊な勤務形態で任用される者の勤務を要する日の勤務時間は、任命権者が別に定める場合を除き、一般職の職員の例による。

(平17訓令10・一部改正)

(休憩時間)

第6条 非常勤嘱託職員の休憩時間は、一般職の職員の例による。

(平21訓令2・一部改正)

(勤務を要しない日)

第7条 非常勤嘱託職員の勤務を要しない日は、任命権者が別に定める。

(休日)

第8条 非常勤嘱託職員の休日は、一般職の職員の例による。

(休暇)

第9条 非常勤嘱託職員の休暇は、年次有給休暇及び病気休暇とする。

2 年次有給休暇は、1会計年度12日とする。ただし、年度の中途において任用された非常勤嘱託職員のその年度における年次有給休暇の日数は、市長が別に定める。

3 病気休暇は、一般職の職員の例による。ただし、引き続き10日を超えた場合は、当該超えたときから無給とする。

(平19訓令9・一部改正)

(分限及び懲戒)

第10条 非常勤嘱託職員の分限及び懲戒については、一般職の職員の例による。

(報酬)

第11条 宗像市一般職の職員の給与に関する条例(平成15年宗像市条例第42号)第25条の規定により任命権者が定める非常勤嘱託職員の報酬は、時間額、日額又は月額とし、予算の定めるところにより支給する。

(平21訓令2・一部改正)

(旅費)

第12条 非常勤嘱託職員の旅費は、宗像市職員等の旅費及び費用弁償に関する条例(平成15年宗像市条例第45号)に定めるところによる。

(公務災害補償)

第13条 非常勤嘱託職員の公務災害補償については、宗像市議会議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例(平成15年宗像市条例第34号)に定めるところによる。

(雑則)

第14条 この訓令に定めるもののほか、非常勤嘱託職員に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、平成15年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この訓令の施行日前までに宗像市非常勤嘱託職員に関する規程(平成3年宗像市規程第2号)に基づき任用されていた非常勤嘱託職員の任用期間については、この訓令に基づいて任用されていた期間とみなす。

附 則(平成17年3月31日訓令第10号)

この訓令は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成19年12月21日訓令第9号)

この訓令は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月6日訓令第2号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成21年4月1日から施行する。

宗像市非常勤嘱託職員に関する規程

平成15年4月1日 訓令第8号

(平成21年4月1日施行)