○宗像市重度障害者年金給付規程

平成15年4月1日

訓令第26号

(趣旨)

第1条 この訓令は、重度障害者の福祉の向上に寄与するために給付する宗像市重度障害者年金(以下「年金」という。)について必要な事項を定めるものとする。

(対象者)

第2条 年金の対象となる者は、本市の住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)第5条に規定する住民基本台帳に記録されている満20歳未満の者で、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条第4項の規定により身体障害者手帳の交付を受けている者で、その障害の程度が身体障害者福祉法施行規則(昭和25年厚生省令第15号)別表第5号に定める身体障害者程度等級表の1級又は2級に該当するもの

(2) 療育手帳制度要綱(昭和48年厚生省発児第156号)に定める療育手帳の交付を受けている者で、障害の程度が重度であるもの

(3) 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第45条第2項の規定により精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者で、その障害の程度が精神保健及び精神障害者福祉に関する法律施行令(昭和25年政令第155号)第6条第3項に規定する障害等級の1級に該当するもの

(給付額)

第3条 年金の額は、年額2万4,000円とする。

(給付手続)

第4条 年金を受給しようとする者は、申請書に身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳を添えて、市長に提出し、確認を受けなければならない。

2 市長は、前項の規定により確認を受けた者(以下「受給者」という。)に宗像市重度障害者年金証書を交付するとともに、支給状況を明らかにするため台帳を備えるものとする。

(支給期間等)

第5条 市長は、前条第1項の規定による申請をした日の属する月から年金を支給する。ただし、転入した者にあっては、転入した月の翌月から支給する。

2 年金の支払月は、3月、7月及び11月とする。ただし、市長が特に必要があると認めたときは、この限りでない。

(雑則)

第6条 この訓令に定めるもののほか、年金の給付に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、平成15年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この訓令の施行前に宗像市重度心身障害者年金給付規程(昭和48年宗像市規程第1号)の規定に基づきなされた手続その他の行為は、この訓令の相当規定に基づきなされた手続その他の行為とみなす。

宗像市重度障害者年金給付規程

平成15年4月1日 訓令第26号

(平成15年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第5節 障害者福祉
沿革情報
平成15年4月1日 訓令第26号