○宗像ユリックス総合公園室内温水プール使用料助成事業実施要綱

平成15年4月1日

告示第35号

(趣旨)

第1条 この告示は、心身に重度の障害がある者(以下「障害者」という。)に対し、宗像ユリックス総合公園条例(平成15年宗像市条例第108号。以下「条例」という。)に定める室内温水プール使用料を助成する宗像ユリックス総合公園室内温水プール使用料助成事業(以下「事業」という。)について、必要な事項を定めるものとする。

(平26告示65・一部改正)

(対象者)

第2条 この事業の対象となる者は、市内に住所を有する者で次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条第4項の規定により身体障害者手帳の交付を受けている者で、その障害の程度が身体障害者福祉法施行規則(昭和25年厚生省令第15号)別表第5号に定める身体障害者障害程度等級表の1級又は2級に該当するもの及びその介護者

(2) 療育手帳制度要綱(昭和48年厚生省発児第156号)に定める療育手帳の交付を受けている者で、その障害の程度が重度であるもの及びその介護者

(3) 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第45条第2項の規定により精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者で、その障害の程度が精神保健及び精神障害者福祉に関する法律施行令(昭和25年政令第155号)第6条第3項に規定する障害等級の1級に該当するもの及びその介護者

2 前項各号に規定する介護者は、障害者1人につき、2人までとする。

(助成の回数)

第3条 この事業の助成の回数は、障害者1人当たり、1月につき5回以内とする。

(助成金の額)

第4条 助成金の額は、室内温水プールの利用1回につき、条例に定める室内温水プールの使用料の額とする。

(助成の手続)

第5条 助成を受けようとする者は、申込書に身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳を添えて、市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の規定による申込書の提出があったときは、当該申込書を審査し、適当と認めたときは、室内温水プールの使用料を助成するものとする。

3 前2項の規定にかかわらず、障害者が団体(10人以上)で利用しようとするときは、事前に市長と協議しなければならない。

(雑則)

第6条 この告示に定めるもののほか、事業の実施に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この告示は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月28日告示第65号)

この告示は、平成26年4月1日から施行する。

宗像ユリックス総合公園室内温水プール使用料助成事業実施要綱

平成15年4月1日 告示第35号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第5節 障害者福祉
沿革情報
平成15年4月1日 告示第35号
平成26年3月28日 告示第65号