○宗像市消費生活センター条例

平成15年4月1日

条例第124号

(設置)

第1条 消費者の消費生活における被害を防止し、その安全を確保するため、消費者安全法(平成21年法律第50号)第10条第2項の規定に基づき、宗像市消費生活センター(以下「消費生活センター」という。)を設置する。

(平16条例36・平19条例42・平21条例44・一部改正)

(名称及び位置)

第2条 消費生活センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

宗像市消費生活センター

宗像市土穴三丁目

(平19条例42・平21条例44・一部改正)

(事務)

第3条 消費生活センターは、次に掲げる事務を行う。

(1) 消費者安全の確保に関し、事業者に対する消費者からの苦情に係る相談に応じること。

(2) 消費者安全の確保に関し、事業者に対する消費者からの苦情処理のためのあっせんを行うこと。

(3) 消費者安全の確保のために必要な情報を収集し、及び住民に対し提供すること。

(4) 県との間で消費者事故等の発生に関する情報を交換すること。

(5) 前各号に掲げる事務に附帯する事務を行うこと。

(平21条例44・全改・一部改正)

(職員)

第4条 消費生活センターに所長その他必要な職員を置く。

(平21条例44・一部改正)

(委任)

第5条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成16年12月28日条例第36号)

この条例は、公布の日から施行し、平成16年6月2日から適用する。

附 則(平成19年12月21日条例第42号)

この条例中第1条の規定は平成20年2月25日から、第2条の規定は平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成21年12月24日条例第44号)

この条例は、公布の日から施行し、改正後の宗像市消費者センター条例の規定は、平成21年9月1日から適用する。ただし、第2条の規定は平成22年4月1日から施行する。

宗像市消費生活センター条例

平成15年4月1日 条例第124号

(平成22年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第3章 商工・観光
沿革情報
平成15年4月1日 条例第124号
平成16年12月28日 条例第36号
平成19年12月21日 条例第42号
平成21年12月24日 条例第44号