○宗像市水道水源の水質保全に関する条例

平成15年4月1日

条例第137号

(目的)

第1条 この条例は、水道水源の水質の保全に関し必要な事項を定め、もって市民の生命及び健康を守ることを目的とする。

(下水管への放流義務)

第2条 水道水源池周辺における下水は、市が布設した下水管に接続し、放流しなければならない。

(造成者の施設設置義務等)

第3条 水道水源池周辺に果樹園、宅地等を造成しようとするもの(以下「造成者」という。)は、土砂その他汚物の流入を防止するため、適切な施設を設置しなければならない。

2 農薬等を使用しようとするものは、水源池を汚濁しないように努めなければならない。

(飼育者の施設設置義務)

第4条 水道水源池周辺に家畜及び家きんを飼育しようとする者(以下「飼育者」という。)は、し尿処理施設を設置し、下水管に放流するとともに飼育場及びその付近を常に清潔にし、病害虫等の発生の抑制及びその駆除に努めなければならない。

(経費の負担義務)

第5条 前2条の規定による工事に要する経費は、全額造成者又は飼育者の負担とする。

2 水道水源池の汚濁を誘発する行為をした者は、汚濁処理に要したいっさいの費用を負担しなければならない。

(措置指示)

第6条 水道水源池の水質保全上有害な汚物、汚水及び土砂の流入のおそれがある場合は、市長は、造成者、飼育者その他の原因者又はこれらの代理人に対して適切な処置について指示しなければならない。

2 造成者又は飼育者が市内に在住しないときは、あらかじめその代理人(市内に在住する者に限る。)を定めなければならない。

(事前協議)

第7条 水道水源池周辺に果樹園若しくは宅地を造成し、又は建造物等を築造しようとするものは、計画図書を作成し、市長と事前に協議をしなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成15年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行前に、宗像市水道水源の水質保全に関する条例(昭和47年宗像市条例第19号)の規定に基づきなされた手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされた手続その他の行為とみなす。

宗像市水道水源の水質保全に関する条例

平成15年4月1日 条例第137号

(平成15年4月1日施行)