○宗像市地方公共団体組織認証基盤における認証方針の決定に関する規程

平成16年3月1日

訓令第2号

本庁

出先機関

(趣旨)

第1条 この訓令は、総合行政ネットワーク基本要綱(平成13年3月27日総合行政ネットワーク運営協議会制定。以下「基本要綱」という。)第43条第5項の規定により、地方公共団体組織認証基盤(以下「認証基盤」という。)における宗像市の認証方針の決定等に関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この訓令において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 電子署名 磁気的記録に記録することができる情報の真正な成立について検証するために行われる措置であって、次の要件のいずれにも該当するものをいう。

 当該情報が当該措置を行った者の作成に係るものであることを示すためのものであること。

 当該情報について改変が行われていないかどうかを確認することができるものであること。

(2) 文書交換認証カード 総合行政ネットワーク電子文書交換システムにより文書交換を行うために用いる符号を格納したカード(電磁的方式による記録にかかる記録媒体をいう。以下同じ。)をいう。

(3) 職責認証カード 電子署名を行うために用いる符合を格納したカードをいう。

(4) 証明書ポリシー 認証基盤における全ての認証局機能に共通する文書交換認証カード及び職責認証カードの発行方針及び利用原則を定めた文書交換証明書、職責証明書、アプリケーション証明書及び相互認証証明書に係る各ポリシーをいう。

(5) 認証局運用規程 認証基盤における全ての認証局機能に共通する管理運営に関する原則を定めたもので、都道府県域認証局運用規程、アプリケーション認証局運用規程及びブリッジ認証局運用規程で構成される。

(認証基盤の管理運営)

第3条 市は、証明書ポリシー及び認証局運用規程に基づき、本市における認証基盤の適正な管理運営に資するため、当該認証基盤の管理運営に係る認証方針の決定機関として宗像市認証方針決定委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(所掌事務)

第4条 委員会の所掌事務は、次のとおりとする。

(1) 認証局の運営に関する事項の決定及び承認に関すること。

(2) 文書交換認証カード及び職責認証カードの利用に関する事項の決定及び承認に関すること。

(3) 認証局の運営に対する監査に関する事項の決定及び承認に関すること。

(委員等)

第5条 委員会は、宗像市庁議等に関する規程(平成15年宗像市訓令第1号)第2条第1項第1号及び第3号に規定する者(市長を除く。)をもって組織する。

2 委員会の会長は、副市長をもって充て、委員会を主宰する。

(平17訓令9・平19訓令2・一部改正)

(庶務)

第6条 委員会の庶務は、総務部総務課において処理する。

(監査)

第7条 市は、本市における認証基盤の適正な管理運営に当たり、本市の認証局の運営に関し、別に定めるところにより、定期又は随時に監査を実施するものとする。

2 市は、前項の規定による監査の実施により改善を要するとされた事項があったときは、速やかに適切な措置を講じるものとする。

(雑則)

第8条 この訓令に定めるもののほか、認証方針の決定等に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この訓令は、平成16年3月1日から施行する。

附 則(平成17年3月25日訓令第9号)

この訓令は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月30日訓令第2号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

宗像市地方公共団体組織認証基盤における認証方針の決定に関する規程

平成16年3月1日 訓令第2号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第3節 文書・公印
沿革情報
平成16年3月1日 訓令第2号
平成17年3月25日 訓令第9号
平成19年3月30日 訓令第2号