○宗像市認証局の監査の実施に関する要綱

平成16年3月1日

告示第18号

(趣旨)

第1条 この告示は、宗像市地方公共団体組織認証基盤における認証方針の決定に関する規程(平成16年宗像市訓令第2号。以下「規程」という。)に定めるもののほか、本市の認証局の運営に関する監査について必要な事項を定めるものとする。

(監査方針)

第2条 監査は、本市の認証局の運営が、適正かつ円滑に処理されているかどうかについて監査しなければならない。

2 前項の規定による監査に従事する者は、地方公共団体組織認証基盤における全ての認証局機能に共通するアプリケーション及び暗号化技術について十分な知識と経験を有する者でなければならない。

(監査責任者)

第3条 監査を適正に実施するため、監査責任者を置く。

2 監査責任者は、総務課長をもって充てる。

(平23告示268・一部改正)

(監査の種類)

第4条 監査の種類は、定期監査及び随時監査とする。

(監査の実施)

第5条 定期監査は、毎年度1回以上実施するものとする。

2 随時監査は、監査責任者が必要と認めるときに、これを実施することができる。

(監査計画)

第6条 監査責任者は、監査計画を作成し、計画的に監査を実施するものとする。

(監査項目)

第7条 監査項目は、次に掲げるとおりとする。

(1) セキュリティポリシーに関する事項

(2) 施設設備の安全性に関する事項

(3) 技術評価に関する事項

(4) 前3号に掲げるもののほか、情報セキュリティの確保のために監査責任者が必要と認める事項

(権限)

第8条 監査責任者は、監査を実施するために必要な範囲内で、本市の認証局の運営業務に従事する職員等(以下「職員等」という。)に対し、当該業務の過程で作成されたデータ、関係書類及び報告書の提出並びに当該提出物の内容の説明を求めることができる。

(事前通知)

第9条 監査責任者は、監査を実施しようとする場合には、あらかじめ認証局責任者に通知しなければならない。

(監査の立会い)

第10条 監査責任者は、監査の実施に当たり、職員等の立会いを求めなければならない。

(監査報告書)

第11条 監査責任者は、監査を終了したときには、次に掲げる事項を記載した監査報告書を作成し、規程第3条の規定により設置された宗像市認証方針決定委員会(以下「委員会」という。)に提出するものとする。

(1) 監査の実施年月日

(2) 監査の概要

(3) 監査の結果及び意見

(4) 前3号に掲げるもののほか、監査責任者が必要と認める事項

2 監査責任者は、財団法人地方自治情報センター(昭和45年5月1日に財団法人地方自治情報センターという名称で設立された法人をいう。)に設置された総合行政ネットワーク運営協議会から求めがあったときは、その求めに応じ、総合行政ネットワーク運営協議会に対し、監査報告書を提出するものとする。

(平20告示207・一部改正)

(事故等の報告)

第12条 監査責任者は、監査の結果、本市の認証局の運営に業務上の事故に関する事項その他運営業務に著しく影響を及ぼすと認められる事項を発見したときは、委員会及び認証局責任者に対し、文書又は口頭で通知しなければならない。

(改善措置)

第13条 委員会は、第11条第1項の監査報告書又は前条の規定による通知において指摘された事項について、速やかに、認証局責任者に適切な改善措置を講じさせなければならない。

(雑則)

第14条 この告示に定めるもののほか、本市の認証局の運営に関する監査に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この告示は、平成16年3月1日から施行する。

附 則(平成20年9月26日告示第207号)

この告示は、平成20年12月1日から施行する。

附 則(平成23年12月28日告示第268号)

この告示は、平成24年4月1日から施行する。

宗像市認証局の監査の実施に関する要綱

平成16年3月1日 告示第18号

(平成24年4月1日施行)