○宗像市会計管理者の補助組織設置規則

平成19年3月30日

規則第3号

(設置)

第1条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第171条第5項の規定に基づき、会計管理者の権限の属する事務を処理するため、会計課を設置する。

(係及び分掌事務)

第2条 会計課に審査係を置く。

2 会計課の分掌事務は、次のとおりとする。

(1) 小切手の振出しに関すること。

(2) 歳入歳出予算に係る出納に関すること。

(3) 歳入歳出外現金の出納に関すること。

(4) 担保及び物件の出納保管に関すること。

(5) 有価証券の出納及び保管に関すること。

(6) 基金及び積立金の保管に関すること。

(7) 現金及び財産の記録管理に関すること。

(8) 出納員その他会計職員に関すること。

(9) 会計諸帳簿の記録及び証拠書類の整備保存に関すること。

(10) 支出負担行為の確認に関すること。

(11) 歳入歳出予算に係る支出命令の審査照合に関すること。

(12) 歳入歳出外現金の審査照合に関すること。

(13) 公印の保管に関すること。

(14) 指定金融機関等に関すること。

(15) 決算の調製に関すること。

(16) 会計管理者に関すること。

(17) その他前各号に付随又は関連する業務に関すること。

(職務)

第3条 課に課長を置き、係に係長その他の職員を置く。

2 課長は、会計管理者の命を受け、課の事務を掌理し、課の職員を指揮監督するとともに会計管理者に事故あるときは、その職務を行う。

3 係長は、上司の命を受け、係の事務を掌理し、所属の職員を指揮監督する。

4 その他の職員は、上司の命を受け、担当事務を処理する。

(事務の補助執行)

第4条 市長は、前条に規定する職員に市長の権限に属する次の事務を補助執行させる。

(1) 課の予算経理に関すること。

(2) 課の物品の管理等に関すること。

(3) 課の庶務に関すること。

(専決等)

第5条 前条の事務のうち、市長の権限に属する事務の補助執行に係る専決等は、宗像市事務決裁規程(平成15年宗像市訓令第2号)の規定の例による。

(雑則)

第6条 この規則に定めるもののほか、会計管理者の補助組織に関し、必要な事項は別に定める。

附 則

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

宗像市会計管理者の補助組織設置規則

平成19年3月30日 規則第3号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第1節 事務分掌
沿革情報
平成19年3月30日 規則第3号