○宗像市学校給食管理規則

平成20年3月31日

教育委員会規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、宗像市立小学校、中学校及び義務教育学校(以下「学校」という。)において実施する学校給食に関し、その適正かつ円滑な運営及び管理に資するための基本的な事項を定めるものとする。

(平29教委規則7・一部改正)

(目標)

第2条 宗像市教育委員会(以下「教育委員会」という。)は、学校給食法(昭和29年法律第160号)第2条各号に掲げる目標の達成を念頭に置き、各学校において教育計画の一環として学校給食を実施するものとする。

(学校給食の管理及び運営)

第3条 学校給食は、教育委員会が管理する。

2 学校給食の運営は、教育委員会の指導又は助言により、当該学校の校長が計画し、管理し、職員を指揮監督して行うものとする。

(保護者との連携)

第4条 校長は、学校給食の運営に当たっては、保護者(学校教育法(昭和22年法律第26号)第16条に規定する保護者をいう。)との連携を密にするよう努めなければならない。

(学校給食運営委員会)

第5条 校長は、学校給食の円滑な運営を図るため、保護者等により組織する学校給食運営委員会を設置し、意見を求めることができる。

(学校給食の指導)

第6条 校長は、学校給食の指導計画を立案し、職員の中から選任した学校給食主任により、当該計画を推進させるものとする。

(学校給食の献立)

第7条 学校給食栄養管理者(学校給食法第7条に規定する学校給食栄養管理者をいう。)は、献立の作成に当たっては、多様な食品を組み合わせ、栄養的に偏りのない食事となるように配慮するものとする。

(平22教委規則3・一部改正)

(学校給食用物資の調達)

第8条 校長は、学校給食用物資の購入に当たっては、地元産品の使用に配慮しつつ、安全かつ効率的な方法により調達しなければならない。

(学校給食用物資の納入者)

第9条 校長は、学校給食用物資を納入する者に対し、学校給食の趣旨を十分理解させ、安全な食品の供給及び衛生管理について徹底させなければならない。

(衛生管理)

第10条 校長は、学校給食の衛生管理について常に注意を払うとともに、学校給食に関わる者に対し、衛生管理の徹底を図るよう注意を促し、学校給食の安全な実施に配慮しなければならない。

2 校長は、衛生管理体制を整備し、安全な学校給食を実施するために職員のうちから衛生管理責任者を定めなければならない。

3 衛生管理責任者は、学校給食の実施過程において衛生管理の徹底に努めなければならない。

(事故報告等)

第11条 校長は、学校給食の実施過程において事故等が発生したときは、速やかに教育委員会に報告しなければならない。

(学校給食費)

第12条 学校給食費(学校給食法第11条第2項に規定する学校給食費をいう。以下同じ。)は、保護者が負担するものとする。

2 校長は、児童又は生徒のほか、次に掲げる者に学校給食を実施し、その費用を負担させることができる。

(1) 各学校に在職する職員

(2) 校長が必要と認める者

3 校長は、学校給食費に関する会計の事務処理を公正、確実かつ迅速に行わなければならない。

4 校長は、学校給食費に関する会計の決算報告書を作成し、翌年の5月末日までに、当該決算報告書に監査報告書を添えて教育委員会に提出しなければならない。この場合において、教育委員会は、疑義が生じた場合には関係書類の提出を校長に求めることができる。

(平22教委規則3・一部改正)

(雑則)

第13条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月31日教委規則第3号)

この規則は、公布の日から施行し、改正後の宗像市学校給食管理規則の規定は、平成21年4月1日から適用する。

附 則(平成29年12月21日教委規則第7号)

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

宗像市学校給食管理規則

平成20年3月31日 教育委員会規則第1号

(平成30年4月1日施行)