○市の木、市の花、市の魚及び市の鳥

平成18年4月1日

市の木

○クスノキ 最大で40mにも達する大樹で、煙害、大気汚染に対して強く、大きく根を張り、枝葉を広げる姿は生命力があふれています。宗像市内の神社には、県指定天然記念物に指定されているクスノキが数多くあります。

○クロマツ 全国白砂青松百選、福岡県森林浴百選にも選ばれるさつき松原の美しいクロマツ林は宗像市の代表的な景勝地で、豊かな自然の象徴としてふさわしいものです。市民の植林活動は、協働のシンボルでもあります。

市の花

○カノコユリ 鉄砲百合とともに世界的にも重要なユリです。以前は宗像市内で栽培され、コサージュ製作などで海外へ輸出されていました。宗像市自生の貴重な花として、市民に広く親しまれています。

市の魚

○マアジ 宗像市の豊かな自然を象徴する玄界灘で水揚げされ、多くの人に「釣りあじ玄ちゃん」として親しまれています。まさに宗像市を代表する魚です。

市の鳥

○オオミズナギドリ 海の正倉院「沖ノ島」に繁殖する貴重な海鳥で、海面にアーチをかけるように大きく翼を広げ海面に舞う姿は雄大華麗です。一部地域で国天然記念物指定を受け、学術的にも高く評価されています。

市の木、市の花、市の魚及び市の鳥

平成18年4月1日 種別なし

(平成18年4月1日施行)

体系情報
第1編 規/第1章
沿革情報
平成18年4月1日 種別なし