○宗像市イノシシ捕獲支援補助金等交付要綱

平成24年5月16日

告示第140号

(趣旨)

第1条 この告示は、イノシシによる農林産物被害の防止及び軽減を図るため、鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(平成14年法律第88号。以下「法」という。)第39条に規定する狩猟免許(わな猟免許、第一種銃猟免許及び第二種銃猟免許に限る。)の取得並びにイノシシの捕獲活動に要する経費の一部を補助する宗像市イノシシ捕獲支援補助金(以下「補助金」という。)及び離島有害鳥獣捕獲奨励金に関し、宗像市補助金等交付規則(平成15年宗像市規則第31号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(平30告示54・一部改正)

(補助対象経費、補助率等)

第2条 補助金の対象となる経費等は、次のとおりとする。

支援事業名

補助対象者

補助対象経費

補助率及び補助金の限度額

狩猟免許取得支援事業

宗像市民で狩猟免許(法第39条に規定するわな猟免許、第一種銃猟免許及び第二種銃猟免許に限る。)を平成24年4月以降に取得した者で、かつ、年間をとおして狩猟を行い、1年間にイノシシを5頭以上捕獲する目標を定めている者

狩猟免許の取得に要した経費

上限5,000円

地域ぐるみ捕獲活動推進事業

宗像市内(地島及び大島を除く。)において、わな猟により年間をとおして計画的にイノシシの捕獲を実施する団体で、かつ、1年間にイノシシを5頭以上捕獲する団体

箱わなの設置、餌及び巡回(車両、燃料費等)に係る経費

1/2以内(上限30,000円)

離島地域ぐるみ捕獲活動推進特別事業

地島又は大島において、わな猟により年間をとおして計画的にイノシシの捕獲を実施する団体で、かつ、箱わなを5基以上常時設置している団体

箱わなの設置、餌及び巡回(車両、燃料費等)に係る経費

1団体あたり上限250,000円

(平30告示54・一部改正)

(離島有害鳥獣捕獲奨励金)

第3条 前条に規定する離島地域ぐるみ捕獲活動推進特別事業の補助を受けている団体がイノシシを捕獲した場合は、予算の範囲内において離島有害鳥獣捕獲奨励金(以下「奨励金」という。)を支給する。

2 前項に規定する奨励金の額は、1頭につき4,000円とする。

(平30告示54・追加)

(補助金及び奨励金の交付申請等の手続き)

第4条 補助金及び奨励金の交付の申請その他補助金及び奨励金の交付に関し必要な手続は、規則の例により行うものとする。

(平30告示54・旧第3条繰下・一部改正)

(雑則)

第5条 この告示に定めるもののほか、補助金及び奨励金の交付に関し必要な事項は、別に定める。

(平30告示54・旧第4条繰下・一部改正)

附 則

この告示は、公示の日から施行し、平成24年4月1日から適用する。

附 則(平成30年3月30日告示第54号)

この告示は、平成30年4月1日から施行する。

宗像市イノシシ捕獲支援補助金等交付要綱

平成24年5月16日 告示第140号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 農林水産/第3節
沿革情報
平成24年5月16日 告示第140号
平成30年3月30日 告示第54号