○宗像市職員の採用に関する規則

平成30年3月28日

規則第13号

(趣旨)

第1条 この規則は、地方公務員法(昭和25年法律第261号。以下「法」という。)の規定に基づき、宗像市職員(以下「職員」という。)の採用に関し必要な事項を定めるものとする。

(用語)

第2条 この規則において使用する用語は、法において使用する用語の例による。

(採用試験の方法)

第3条 採用試験は、職務遂行能力の有無を判定するため、次の各号に掲げるいずれかの方法によって行うものとする。

(1) 筆記試験

(2) 口述試験及び身体検査並びに人物性行、経歴、適性、知能、技能、一般的知識及び適応性を判定する方法

(3) 前2号の方法を併せ用いる方法

(採用試験の公告)

第4条 採用試験を行う場合には、告示その他適切な方法により、あらかじめこれを公告する。

2 前項の公告の内容は、次に掲げる事項とする。

(1) 採用試験の対象となる職の職務の概要

(2) 受験資格

(3) 採用試験の日時及び場所

(4) 試験申込書の入手及び提出の時期その他試験に関し必要な事項

(受験資格)

第5条 受験資格は、試験の対象となる職の区分に応じ、職務の遂行に必要な最低限度の経歴、学歴、免許等についてその都度定める。

(受験手続)

第6条 採用試験を受けようとする者は、試験申込書及び市長が必要と認める書類を添えて、所定の期日までに申し込まなければならない。

(採用候補者)

第7条 採用試験において合格点以上を得、かつ、人物調査、前歴調査及び学業成績証明書等による調査の結果適格者と認める者を採用候補者とする。

(採用候補者名簿)

第8条 採用試験を行った場合には、その試験ごとにその職の区分に応じ、採用候補者名簿を作成し、保管するものとする。

2 採用候補者名簿には、採用候補者の氏名をその得点順に記載するものとする。

3 採用候補者名簿の有効期限は、採用候補者名簿作成時に定めるものとする。

(採用候補者名簿からの削除)

第9条 採用候補者が次の各号のいずれかに該当する場合においては、これを採用候補者名簿から削除する。

(1) 職員に採用された場合

(2) 採用を辞退した場合又は採用に関する照会に応答しない場合

(3) 心身の故障のため当該名簿の対象となる職の職務の遂行に支障があり、又はこれに堪えないことが明らかとなった場合

(4) 受験の申込み又は試験において重要な事実について虚偽又は不正行為が発見された場合

(5) その他前各号に準ずる場合で、市長が削除することを必要と認めた場合

(選考による採用)

第10条 次の各号のいずれかに該当する職への採用は、選考によることができる。

(1) 特殊な専門的知識、免許、資格又は技術を必要とする職

(2) 他の地方公共団体に属する職、国家公務員の職、国立大学法人に属する職及び公立大学法人に属する職に現に正式に任用されている者又はかつて正式に任用されていた者をもって補充しようとする職で、その者が任用されている職又は任用されていた職と職務の複雑と責任の度が同等以下の職

(3) かつて職員であった者をもって補充しようとする職で、その者がかつて任用されていた職と職務の複雑と責任の度が同等以下の職

(4) 前3号に掲げる職のほか、選考によることが適当であると認められる職

(選考の方法)

第11条 選考は、職務遂行能力の有無及び当該選考に係る職についての適性を有するかどうかを判定するため、次の各号に掲げるいずれかの方法によって行うものとする。

(1) 学業成績による能力の評定

(2) 前職における勤務成績の評定

(3) 口述試験

(4) 前3号に掲げるもののほか、必要と認める方法

(雑則)

第12条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、その都度市長が定める。

附 則

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

宗像市職員の採用に関する規則

平成30年3月28日 規則第13号

(平成30年4月1日施行)