○宗像市都市計画法に基づく開発許可の基準の緩和に関する条例

令和2年3月30日

条例第9号

(趣旨)

第1条 この条例は、都市計画法(昭和43年法律第100号。以下「法」という。)第33条第3項の規定に基づき、開発許可の基準の緩和に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この条例で使用する用語は、法及び都市計画法施行令(昭和44年政令第158号。以下「政令」という。)において使用する用語の例による。

(技術的細目において定められた制限の緩和)

第3条 政令第25条第6号に規定する公園、緑地又は広場を設けることとされる開発区域の面積の最低限度は、政令第29条の2第2項第3号イの規定により、1ヘクタールとする。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、令和2年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日前に受理された法第29条第1項の規定による申請に係る許可の基準の適用については、なお従前の例による。ただし、当該申請に係る施行の日以後に受理された法第35条の2第1項の規定による変更申請に係る許可の基準については、この条例の規定を適用する。

宗像市都市計画法に基づく開発許可の基準の緩和に関する条例

令和2年3月30日 条例第9号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第10編 設/第2章 都市計画・公園
沿革情報
令和2年3月30日 条例第9号