○滑川市地域交流センター条例施行規則

平成27年3月25日

教委規則第10号

(目的)

第1条 この規則は、滑川市地域交流センター条例(平成27年条例第4号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めることを目的とする。

(利用できる者)

第2条 滑川市地域交流センター(以下「センター」という。)を利用することができる者は、市内の企業等に勤務する者、市内に住所を有する者その他滑川市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が適当と認めた者とする。

(利用の申請)

第3条 条例第6条の規定により、センターを利用しようとするものは、滑川市地域交流センター利用承認申請書(様式第1号)を教育委員会に提出し、承認を受けなければならない。ただし、教育委員会が適当と認めたものについては、この限りでない。

2 前項の申請書は、利用しようとする日の7日前までに提出しなければならない。

(団体利用の登録)

第4条 前条の規定にかかわらず、市内の企業等に勤務する者又は市内に住所を有する者が、クラブ活動等のためにセンターを団体で利用しようとするときは、滑川市地域交流センター利用団体登録申請書(様式第2号)により、あらかじめ教育委員会に申請し、利用登録を受けなければならない。ただし、教育委員会が適当と認めたものについては、この限りではない。

2 前項の申請書は、利用しようとする日の7日前までに提出しなければならない。

3 利用登録の有効期間は、登録の日から当該年度終了の日までとする。

(個人利用の登録)

第5条 前条の規定により利用登録された団体の活動等のためにセンターを利用しようとする者は、あらかじめ滑川市地域交流センター利用証交付申請書(様式第3号)を教育委員会に提出し、滑川市地域交流センター利用証(様式第3号。以下「利用証」という。)の交付を受けなければならない。ただし、教育委員会が適当と認めた者については、この限りでない。

2 前項の申請書は、利用しようとする日の7日前までに提出しなければならない。

3 センターを利用するときは、利用証をセンターの職員に提示しなければならない。

4 利用証の有効期限は、交付の日から当該年度終了の日までとする。

(施設の占用)

第6条 センターの施設の全部又は一部を占用しようとする者は、あらかじめ教育委員会の承認を受けなければならない。

(利用者の遵守事項)

第7条 センターを利用する者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) センターの管理上必要な事項については、職員の指示に従うこと。

(2) センターの利用を終了したときは、職員の指示に従い、清掃及び整理整とんすること。

(禁止行為)

第8条 センターを利用する者は、センター内において次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 特定の団体に関する政治的又は宗教的な活動をすること。

(2) 許可なく物品の販売その他商行為をすること。

(3) 所定の場所以外で火気を使用し、又は飲食及び喫煙すること。

(4) 許可なくパンフレット、ポスター等を掲示し、又は配布すること。

(利用の制限)

第9条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当する者に対しては、入館を禁止し、又は退館を命じることができる。

(1) 伝染症の疾患を有する者及びその疑いのある者

(2) 他人に危害を及ぼし、若しくは他人の迷惑となる物品又は動物の類を携行する者

(3) 前条の規定に違反した者のほか、センターの管理上支障があると認められる者

(運営委員会)

第10条 センターの運営について諮問するため、地域交流センター運営委員会(以下「運営委員会」という。)を置く。

2 運営委員会の組織及び運営については、教育委員会が別に定める。

(細則)

第11条 この規則に定めるもののほか、センターの運営管理について必要な事項は、教育委員会が別に定める。

(施行期日)

1 この規則は、平成27年4月1日から施行する。

(滑川市勤労青少年ホーム条例施行規則の廃止)

2 滑川市勤労青少年ホーム条例施行規則(昭和46年教育委員会規則第1号)は廃止する。

(経過措置)

3 この規則の施行の日前に、この規則による廃止前の滑川市勤労青少年ホーム条例施行規則の規定によりなされた承認、手続きその他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

(平成31年4月26日教委規則第3号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

滑川市地域交流センター条例施行規則

平成27年3月25日 教育委員会規則第10号

(平成31年4月26日施行)