○滑川市中高年齢離職者等技能再訓練奨励金交付要綱

昭和47年3月28日

告示第24号

(趣旨)

第1条 この要綱は、滑川市補助金等交付規則(昭和38年規則第10号)第21条の規定に基づき、中高年齢離職者等技能再訓練奨励金(以下「奨励金」という。)の交付に関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱で「中高年齢離職者等」とは、40歳以上65歳未満の者で、離職者又は転職しようとする者をいう。

(奨励金の交付)

第3条 市長は、中高年齢離職者等の就職を容易にするため、市内に引き続き2年以上居住し、かつ、就職のため公立の職業訓練施設(以下「施設」という。)に入校した者に対し所定の課程を修了するまで、予算の範囲内において、奨励金を交付するものとする。

(交付申請)

第4条 奨励金の交付を受けようとする者は、施設に入校した日から30日以内に、滑川市中高年齢離職者等技能再訓練奨励金交付申請書(以下「申請書」という。様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、申請書を審査のうえ可否を決定し、申請者に通知する。

(奨励金の額及び交付方法)

第5条 奨励金の額は、受講期間に応じ、次の表のとおりとする。ただし、受講日数が所定の80パーセントに満たない場合は、奨励金を交付しないものとする。

受講期間

奨励金の額

3箇月以上

20,000円

2箇月以上3箇月未満

10,000円

1箇月以上2箇月未満

7,000円

20日以上1箇月未満

5,000円

2 市長は、施設の長の受講証明(様式第2号)に基づき、前項の奨励金を交付するものとする。

この要綱は、昭和47年4月1日から施行する。

(昭和47年告示第30号)

この要綱は、公布の日から施行し、昭和47年4月1日から適用する。

(昭和48年告示第39号)

この要綱は、昭和48年4月1日から適用する。

(昭和57年告示第36号)

1 この告示は、公表の日から施行し、昭和57年4月1日以降に入校した者から適用する。

2 昭和57年4月1日現在在校する60歳以上65歳未満の者については、昭和57年4月1日に入校したものとみなす。

(平成10年告示第4号)

この告示は、平成10年4月1日から施行する。

(平成21年告示第39号)

1 この告示中第1条は平成21年4月1日から施行し、同日以後から平成23年3月31日までに入校した者に適用する。

2 この告示中第2条は平成23年4月1日から施行し、同日以後入校した者から適用する。

(平成22年告示第20号)

この告示は、平成22年3月31日から施行する。

画像

画像

滑川市中高年齢離職者等技能再訓練奨励金交付要綱

昭和47年3月28日 告示第24号

(平成23年4月1日施行)

体系情報
第14編 要綱集
沿革情報
昭和47年3月28日 告示第24号
昭和47年5月1日 告示第30号
昭和48年4月1日 告示第39号
昭和57年5月10日 告示第36号
平成10年2月23日 告示第4号
平成21年3月31日 告示第39号
平成22年3月29日 告示第20号