○近江八幡市水道事業管理センター会議室使用規程

平成22年3月21日

水管規程第2号

(趣旨)

第1条 近江八幡市水道事業管理センター会議室(以下「会議室」という。)は、この規程の定めるところにより使用することができる。

(使用時間)

第2条 会議室の使用時間は、午前8時30分から午後5時15分までとし、会議に使用する時間のほか、会議の準備及び原状に復するに要する時間を含むものとする。

(使用の申込み)

第3条 会議室を使用しようとする者は、使用日の7日前までに申込書(別記様式第1号)を水道事業所長(以下「所長」という。)に提出しなければならない。

2 所長は、前項の申込書が提出されたときは、その内容を検討し、支障がないと認めたときは使用承認書(別記様式第2号)を交付する。

(不許可)

第4条 次の各号のいずれかに該当するときは、使用を許可しない。

(1) 水道事業遂行上支障をきたすとき。

(2) 公益を害するおそれがあると認めるとき。

(3) 建物又はその附属物をき損するおそれがあると認めるとき。

(4) 集団的に又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認められるとき。

(使用の中止及び取消し)

第5条 使用の承認後であっても、次の各号のいずれかに該当するときは、使用を中止又は取消すことがある。この場合において、使用者に損害が生じてもその責を負わない。

(1) 許可の条件に違背するとき。

(2) 水道事業所において緊急に使用する事由が生じたとき。

(使用料)

第6条 会議室の使用料は、次の表に定める金額とする。

区分

午前

午後

全日

8:30~12:30

13:00~17:15

8:30~17:15

会議室(A)

2,100円

2,100円

4,200円

会議室(B)

2,100円

2,100円

4,200円

会議室(C)

2,100円

2,100円

4,200円

備考 冷暖房使用の場合は、使用料の20パーセントを加算する。

2 使用料金は、水道事業管理者の指定する期限内に納付しなければならない。

3 会議室の設備及び附髄した器具等の使用に関する必要経費については、別にこれを定める。

(使用料の還付)

第7条 納付した使用料金は還付しない。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、使用料の全部又は一部を還付することができる。

(1) 第5条第2号に該当するとき。

(2) 使用者の責でない事由により使用できないとき。

(3) 使用の前日までに使用の取消しを申し出たとき。

(使用者の遵守事項)

第8条 使用許可を受けた者は、次の事項を守らなければならない。

(1) 許可を受けた目的以外に使用又は転貸しないこと。

(2) 使用許可のない会議室及び器具等を使用しないこと。

(3) 火気の取扱いに注意すること。

(4) 前各号のほか所長が指示した事項

(損害の弁償)

第9条 使用者は、使用中建物又は附属物をき損し、若しくは滅失したときは所長の定める損害額を弁償しなければならない。

(引継)

第10条 使用者は、会議室の使用を終えたときは、原状に復し、器具を整頓し、かつ、室の内外を清掃して係員に引継がなければならない。

2 前項の義務を怠ったときは、水道事業所でこれを行い、その費用を使用者に請求する。

(委任)

第11条 この規程の施行に関し必要な事項は、所長が定める。

付 則

(施行期日)

1 この規程は、平成22年3月21日から施行する。

(経過措置)

2 この規程の施行の日の前日までに、合併前の近江八幡市水道事業管理センター会議室使用規程(昭和53年近江八幡市企管規程第1号)の規定に基づきなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規程の相当規定によりなされたものとみなす。

付 則(令和4年上下水管規程第33号)

(施行期日)

1 この規程は、令和4年4月1日から施行する。

(近江八幡市上下水道事業管理規程に規定する申請書等の押印の特例に関する規程の廃止)

2 近江八幡市上下水道事業管理規程に規定する申請書等の押印の特例に関する規程(令和3年上下水道管理規程第31号)は、廃止する。

(令4上下水管規程33・一部改正)

画像

(令4上下水管規程33・一部改正)

画像

近江八幡市水道事業管理センター会議室使用規程

平成22年3月21日 水道事業管理規程第2号

(令和4年4月1日施行)