○大津市消防吏員の被服等の貸与に関する規程

昭和38年2月15日

消防本部訓令第2号

(趣旨)

第1条 この規程は、大津市消防吏員の服制に関する規則(昭和38年規則第2号)第3条の規定に基づき、大津市消防吏員(以下「消防吏員」という。)の被服等の貸与について必要な事項を定めるものとする。

(貸与品目等)

第2条 消防吏員に貸与する被服等の品目、貸与数及び標準的な耐用年数(以下「標準耐用年数」という。)は、別表のとおりとする。

2 前項の規定にかかわらず、消防局長が必要と認めるときは、別表に掲げる被服等以外の被服等を貸与することができる。

3 被服等は、全て新品を貸与するものとする。ただし、消防局長が必要と認めるときは、再用品を貸与することができる。

(平28消局訓令7・全改)

(保管)

第3条 消防吏員は、善良な管理者の注意をもって貸与された被服等(以下「貸与品」という。)を保管しなけれはならない。

2 貸与品を許可なくしてみだりに改造し、他人に貸与し、又は入質等をしてはならない。

3 貸与品の洗濯その他保管に必要な費用は、被服等の貸与を受けた者(以下「被貸与者」という。)の負担とする。

(平28消局訓令7・旧第5条繰上・一部改正)

(貸与品の返還)

第4条 被貸与者は、次の各号のいずれかに該当する場合には、速やかに所属長を経て貸与品を返還しなければならない。

(1) 同一の被服等を貸与されない職種に移籍したとき。

(2) 退職したとき。

(3) その他消防局長が特に必要と認めるとき。

2 別表に定める標準耐用年数を満了した貸与品(防火帽及び防火衣を除く。)については、返還の義務を負わない。ただし、消防局長が特に必要と認めるときは、この限りでない。

(平28消局訓令7・追加)

(着用又は使用)

第5条 貸与品は、補修、洗濯等の場合を除き原則として新しく貸与されたものを着用又は使用しなければならない。

(平28消局訓令7・旧第7条繰上・一部改正)

(亡失等の届出及び再貸与)

第6条 身体の大きさが貸与品の寸法に合わなくなった者又は貸与品を亡失し、若しくは使用に堪えない程度に損傷若しくは汚損した者は、所定の届出書を所属長を経て消防総務課長に提出するものとする。

2 前項の届出があったときは、当該届出をした者に対し、被服等を再貸与することができる。

(平28消局訓令7・追加)

(弁償)

第7条 標準耐用年数を満了しない貸与品を亡失し、又は使用に堪えない程度に損傷若しくは汚損した場合において、当該亡失又は損傷若しくは汚損が被貸与者の故意又は重大な過失によるものと認められるときは、貸与時の価格を基準として、標準耐用年数の残余期間の割合に応じて計算した金額を弁償しなければならない。

(平24消局訓令6・全改、平28消局訓令7・旧第9条繰上・一部改正)

(整理)

第8条 所属長は、電子計算組織による消防支援システムに貸与履歴その他所要事項を入力し、常に整理しておかなければならない。

(平11消局訓令11・平24消局訓令6・一部改正、平28消局訓令7・旧第10条繰上)

(その他)

第9条 この訓令に定めるもののほか、被服等の貸与について必要な事項は、その都度消防局長が定める。

(平28消局訓令7・追加)

付 則

1 この訓令は、昭和38年2月15日から適用する。

2 この訓令適用の際現に貸与を受けているものについては、この訓令により貸与されたものとみなす。

付 則(昭和43年6月15日)

この訓令は、昭和43年6月16日から適用する。

付 則(昭和45年7月15日)

この訓令は、昭和45年6月1日から適用する。

付 則(昭和55年7月15日)

1 この訓令は、公布の日から施行する。

2 大津市消防吏員の服制に関する規程(昭和38年消防本部訓令第1号)の一部を次のように改正する。

第2条を次のように改める。

(制規の服装)

第2条 消防吏員は、別表の区分により大津市消防吏員の被服等の貸与に関する規程(昭和38年消防本部訓令第2号)に定める貸与品その他の物品を着用するものとする。

附 則(平成11年4月1日消防局訓令第11号)

この訓令は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成24年9月3日消防局訓令第6号)

この訓令は、平成24年9月3日から施行する。

附 則(平成28年9月30日消防局訓令第7号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成28年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この訓令の施行の際、現に改正前の大津市消防吏員の被服等の貸与に関する規程(以下「旧規程」という。)に基づき貸与されている被服等は、それぞれ改正後の大津市消防吏員の被服等の貸与に関する規程(以下「新規程」という。)に基づき貸与された被服等とみなす。この場合において、当該被服等の標準耐用年数の残余期間の計算については、旧規程に基づき貸与していた期間を新規程に基づき貸与された期間に通算する。

別表(第2条、第4条関係)

(平28消局訓令7・追加)

品目

貸与数

標準耐用年数

摘要

冬帽

1

6

 

夏帽

1

6

 

略帽

1

4

 

保安帽

1

5

 

防火帽

1

8

 

冬服上衣

1

5

 

金属製階級章

1

5

 

シリコン製階級章

1

5

 

消防長章

1

 

消防局長に限る。

襟章

1

 

 

冬服下衣

1

5

 

夏服上衣(長袖)

2

3

 

夏服上衣(半袖)

2

3

 

夏服下衣

2

3

 

活動服上衣

1

3

 

活動服ズボン

1

3

 

防火衣

1

8

 

冬救急服上衣

1

3

救急隊員に限る。

冬救急服ズボン

1

3

救急隊員に限る。

夏救急服上衣(長袖)

2

3

救急隊員に限る。

夏救急服上衣(半袖)

2

3

救急隊員に限る。

夏救急服ズボン

2

3

救急隊員に限る。

救助服上衣

1

3

 

救助服ズボン

1

3

 

防寒衣

1

5

 

雨衣

1

4

 

ネクタイ

1

3

 

手袋

1

1

 

冬服用バンド

1

4

 

夏服用バンド

1

4

 

活動服用バンド

1

4

 

冬救急服用バンド

1

4

救急隊員に限る。

夏救急服用バンド

1

4

救急隊員に限る。

救助服用バンド

1

3

 

黒短靴

1

2

新規採用者に限る。

革製編上靴

1

2

 

合成繊維及び人工皮革製編上靴

1

2

 

編上ゴム長靴

1

2

 

消防手帳

1

 

 

大津市消防吏員の被服等の貸与に関する規程

昭和38年2月15日 消防本部訓令第2号

(平成28年10月1日施行)

体系情報
第13編 消防・防災/第3章
沿革情報
昭和38年2月15日 消防本部訓令第2号
昭和43年6月15日 種別なし
昭和45年7月15日 種別なし
昭和55年7月15日 種別なし
平成11年4月1日 消防局訓令第11号
平成24年9月3日 消防局訓令第6号
平成28年9月30日 消防局訓令第7号