○大津市職員等の公正な職務の執行の確保に関する条例の施行に関する監査委員規程

平成24年6月1日

監査委員規程第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、大津市職員等の公正な職務の執行の確保に関する条例(平成23年条例第48号。以下「条例」という。)の施行に関し、大津市監査委員の所管に属する事項について必要な事項を定めるものとする。

(要望等の報告等)

第2条 条例第11条の規定による要望等の記録等の提出は、条例第9条第1項前段の規定による記録をしたときにあっては所定の様式による要望等記録兼報告書を、要望等(申請を除く。以下この条において同じ。)が書面でなされたときにあっては当該書面又は当該書面の写しを、次の各号に掲げる要望等の区分に応じ、当該各号に定める職にある者まで、順次上級職員を経て提出することにより行わなければならない。

(1) 重要なもの 代表監査委員

(2) 一般的なもの 事務局長

(3) 定例又は簡易なもの(不当要求行為に該当するもの及び大津市議会議員が関与するものを除く。) 次長

(平26監委規程1・一部改正)

(コンプライアンス推進員)

第3条 監査委員事務局に置くコンプライアンス推進員は、次長の職にある者をもって充てる。

(コンプライアンス推進本部の本部員等)

第4条 大津市職員等の公正な職務の執行の確保に関する条例施行規則(平成24年規則第37号。以下「規則」という。)第16条第4項の規定により監査委員事務局から選任される本部員は、事務局長の職にある者をもって充てる。

2 規則第16条第4項の規定により監査委員事務局から選任される推進員は、コンプライアンス推進員の職にある者をもって充てる。

3 規則第16条第4項の規定により監査委員事務局から選任される幹事は、次長の次席の職にある者をもって充てる。

(その他)

第5条 前各条に定めるもののほか、条例の施行については、規則の例による。

附 則

この規程は、平成24年6月1日から施行し、同年4月1日から適用する。

附 則(平成26年2月17日監査委員規程第1号)

この規程は、平成26年4月1日から施行する。

大津市職員等の公正な職務の執行の確保に関する条例の施行に関する監査委員規程

平成24年6月1日 監査委員規程第1号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第2編 議会・監査・選挙/第2章
沿革情報
平成24年6月1日 監査委員規程第1号
平成26年2月17日 監査委員規程第1号