○大津市消防吏員の服装に関する規程

平成28年9月30日

消防局訓令第5号

大津市消防吏員の服制に関する規程(昭和38年消防本部訓令第1号)の全部を次のように改正する。

(趣旨)

第1条 この規程は、大津市消防吏員の服制に関する規則(昭和38年規則第2号)第3条の規定に基づき、大津市消防吏員(以下「消防吏員」という。)の服装について必要な事項を定めるものとする。

(服装の区分)

第2条 消防吏員の服装の区分は、別表に定めるとおりとする。

(服装の着用基準)

第3条 消防吏員の服装の着用基準は、次のとおりとする。ただし、消防局長の承認を得たときは、この限りでない。

(1) 制服は、点検(礼式及び通常点検をいう。)の場合、儀式、祭典等に参列する場合及び公務を執行する場合(次号から第6号までに規定する場合を除く。)に着用すること。

(2) 活動服は、訓練、機械器具等の整備及び火災その他災害現場における活動等に従事する場合に着用すること。

(3) 救急服は、救急訓練及び救急活動等に従事する場合に着用すること。

(4) 救助服は、救助訓練及び救助活動等に従事する場合に着用すること。

(5) 防火服は、消防訓練及び消火活動等に従事する場合で必要があるときに着用すること。

(6) 音楽隊服は、音楽隊として演奏活動に従事する場合に着用すること。

(服装の着用心得)

第4条 消防吏員は、服装を常に清潔かつ端正にし、その品位の保持に努めなければならない。

2 消防吏員は、私用のために別表に掲げる服装を着用してはならない。

(制服の着用期間等)

第5条 消防吏員は、次の各号に掲げる期間の区分に応じ、当該各号に定める制服を着用しなければならない。ただし、消防局長は、気候その他の事由により必要と認めるときは、当該期間を変更することができる。

(1) 6月1日から9月30日まで 夏帽及び夏服

(2) 10月1日から翌年5月31日まで 冬帽及び冬服

2 前項の規定は、救急服の着用について準用する。

(防寒衣及び雨衣の取扱い)

第6条 防寒衣は、雨雪又は寒さを防ぐため適宜着用することができる。

2 雨衣は、降雨、降雪時又は必要に応じて着用することができる。

(手袋)

第7条 消防吏員は、礼式、儀式若しくは祭典に参列し、又は辞令の交付を受けるときは、手袋を着用しなければならない。ただし、消防局長においてその必要がないと認めるときは、この限りでない。

(靴)

第8条 消防吏員は、黒短靴又は編上靴を着用しなければならない。ただし、必要と認められるときは、ゴム長靴又は運動靴を着用することができる。

附 則

この訓令は、平成28年10月1日から施行する。

別表(第2条関係)

服装の区分

着用品目

制服

冬帽又は夏帽

冬服上衣又は夏服上衣

冬服下衣又は夏服下衣

ワイシャツ(冬服を着用する場合に限る。)

ネクタイ(冬服を着用する場合に限る。)

冬服用バンド又は夏服用バンド

黒短靴又は編上靴

名札

階級章

襟章

活動服

略帽又は保安帽

活動服上衣

活動服ズボン

活動服用バンド

黒短靴又は編上靴

階級章

救急服

略帽又は保安帽

冬救急服上衣又は夏救急服上衣

冬救急服ズボン又は夏救急服ズボン

冬救急服用バンド又は夏救急服用バンド

黒短靴又は編上靴

階級章

救助服

略帽又は保安帽

救助服上衣

救助服ズボン

救助服用バンド

黒短靴又は編上靴

階級章

防火服

活動服、救急服又は救助服のいずれかの区分の服装

防火帽

防火衣

防火用靴

音楽隊服

冬帽又は夏帽

冬服上衣又は夏服上衣

冬服下衣又は夏服下衣

ワイシャツ

ネクタイ

ベルト

黒短靴

大津市消防吏員の服装に関する規程

平成28年9月30日 消防局訓令第5号

(平成28年10月1日施行)