○佐賀市広報広聴事務取扱規程

平成17年10月1日

訓令第1号

(趣旨)

第1条 この訓令は、市民の市政に関する正しい理解及び信頼を得るための広報広聴活動に関し必要な事項を定めるものとする。

(平22訓令2・一部改正)

(基本方針)

第2条 職員は、市政その他必要事項に関し積極的に広報広聴活動を実施しなければならない。

(平22訓令2・一部改正)

(広報広聴の調整)

第3条 広報広聴の企画及び実施計画の総合調整は、秘書課で行う。

(平22訓令2・一部改正)

(課長等の職務)

第4条 各部の課長及び支所長(以下「課長等」という。)は、秘書課長と連絡を密にし、当該各部の課又は支所(以下「課等」という。)の広報広聴に関し次に掲げる職務を行う。

(1) 広報広聴に関し必要な調査を行い、資料を作成すること。

(2) 広報広聴資料を収集し、秘書課長に提出すること。

(3) 月間行事予定表及び週間行事予定表を作成し、秘書課長に提出すること。

(平22訓令2・平28訓令1・一部改正)

(広報等の原稿及び資料の提出)

第5条 課長等は、広報紙に掲載依頼の原稿を、1日号に係るものについては前々月の月末までに、15日号に係るものについては前月の10日までに秘書課長に提出しなければならない。ただし、秘書課長が必要と認めるときは、この限りでない。

2 秘書課長は、広報紙の紙面の都合により、原稿の一部又は全部を削除することができる。この場合において、秘書課長は、その全部を削除するときは、当該課長にその旨を通知するものとする。

3 課長等は、新聞、ラジオ、テレビ、月刊誌等を利用した広報について、秘書課長から原稿及び資料の提出依頼があった場合は、速やかに提出しなければならない。

4 課長等は、月間行事予定表を毎月23日までに、週間行事予定表を毎週木曜日までに、各部の課長にあっては当該部の主管課長を経由して、秘書課長に提出しなければならない。

(平28訓令1・一部改正)

(広聴事務の実施手続)

第6条 市民生活課長は、市民から相談を受け、必要と認めるときは、市民相談票(別記様式)により関係課等の長に通知するものとする。

2 課長等は、前項の通知を受けたときは、速やかに処理し、市民相談票を市民生活課長に提出しなければならない。

3 前2項に定めるもののほか、秘書課長及び課長等は、市民から市政に対する要望、苦情、意見、提言等を受けたときは、その内容に応じて別に定める方法により処理しなければならない。

(平22訓令2・平28訓令1・一部改正)

(広報広聴委員会)

第7条 広報広聴事務の連絡調整を図るため、広報広聴委員会(以下「委員会」という。)を置く。

2 委員会の委員は、次に掲げる職員をもってこれに充てる。

(1) 総務部長

(2) 秘書課長

(3) 各部の主管課長

(4) 各支所長

(5) 総務部長が指名する職員

3 委員会に委員長及び副委員長を置く。

4 委員長は総務部長を、副委員長は秘書課長をもって充てる。

5 委員長は、会務を総理し、会議の議長となる。

6 委員会の庶務は、秘書課が行う。

7 委員会に下部組織として広報連絡委員を置き、設置については別に定める。

(平22訓令2・平28訓令1・一部改正)

(招集)

第8条 委員会は、必要の都度委員長が招集する。

(補則)

第9条 この訓令の施行に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この訓令の施行の日の前日までに、合併前の佐賀市広報公聴事務取扱規程(昭和55年佐賀市訓令甲第7号)の規定によりなされた手続その他の行為は、この訓令の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成22年3月29日訓令第2号)

この訓令は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月23日訓令第1号)

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

画像

佐賀市広報広聴事務取扱規程

平成17年10月1日 訓令第1号

(平成28年4月1日施行)