○佐賀市職員提案等に関する規程

平成17年10月1日

訓令第6号

(目的)

第1条 この訓令は、本市の市政に関する企画、改善等について、職員が提案し、及び実施することを奨励するために必要な事項を定めることにより、市民サービス及び職員の政策形成能力の向上並びに効率的かつ効果的な行政運営の推進を図り、もって市政の発展に寄与することを目的とする。

(平29訓令4・一部改正)

(提案等の要件及び種類)

第2条 提案及び実施(以下「提案等」という。)の内容は、市政に関する企画、改善等についての創意工夫による具体的なものであって、次の各号のいずれかに該当するものでなければならない。

(1) 業務の能率の向上に関すること。

(2) 経費の節減又は収入の増加に関すること。

(3) 市民サービスの向上に関すること。

(4) 本市の活性化及びまちづくりの推進に関すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、市長が公益上有効と認めるもの

2 提案等の区分は、次に掲げるとおりとする。

(1) 提案部門 本市の職員が、個人又は2人以上の団体で前項の内容を提案するもの

(2) 実施部門 本市の職員が、2人以上の団体で前項の内容を実施するもの

3 提案等の内容が次の各号のいずれかに該当すると認められるものは、提案等として取り扱わない。

(1) 第9条第3項の規定により公表された提案等と同一の内容を提案し、又は実施するもの

(2) 提案等の内容が漠然として不明瞭なもの

(3) 個人的な不平不満、苦情、悪意の批判又は欠点の指摘にとどまるもの

(4) 前3号に掲げるもののほか、提案等の内容としてふさわしくないもの

(平29訓令4・一部改正)

(提案等の時期)

第3条 職員は、随時提案等を行うことができる。

2 市長は、特定の事項について期間を定めて提案等を募集することができる。

(平29訓令4・旧第4条繰上・一部改正)

(提案等の奨励)

第4条 市長は、提案等の強化期間を定め、特にその奨励に努めるものとする。

2 所属長は、所属職員に対して適宜提案等を奨励するとともに、助言、補助等に努めるものとする。

(平29訓令4・旧第5条繰上・一部改正)

(提案等の方法)

第5条 提案等は、必要事項を記入した書面を企画政策課長に提出することにより行うものとする。

(平29訓令4・追加、平30訓令1・一部改正)

(委員会)

第6条 提案等の内容を審査するため、佐賀市職員提案等審査委員会(以下「委員会」という。)を置く。

2 委員会は、委員長、副委員長及び委員をもって組織する。

3 委員長は企画調整部を担当する副市長を、副委員長は当該副市長以外の副市長をもって充てる。

4 委員は、市長事務部局及び教育委員会事務局の部長、交通局長、上下水道局長並びに委員長が指名する者をもって充てる。

5 委員長は、会務を総理する。

6 委員長に事故があるときは、副委員長がその職務を代理する。

7 委員会の会議は、必要に応じ、委員長が招集する。

8 委員会は、必要と認めるときは、関係職員の出席を求め、その意見又は説明を聴くことができる。

9 委員会の事務は、企画調整部企画政策課において処理する。

(平19訓令3・平19訓令4・平20訓令3・平24訓令1・平28訓令1・平29訓令3・一部改正、平29訓令4・旧第8条繰上・一部改正、平30訓令1・一部改正)

(提案等の審査)

第7条 委員会は、市長が別に定める審査基準により提案等を審査し、優良と認められる提案等(以下「優良提案等」という。)を決定するものとする。

2 優良提案等は、次に掲げるとおりとする。

(1) 最優秀賞 審査基準による得点が50点満点中45点以上の場合

(2) 優秀賞 審査基準による得点が50点満点中35点以上45点未満の場合

(3) 奨励賞 審査基準による得点が50点満点中30点以上35点未満の場合

(平18訓令11・一部改正、平29訓令4・旧第9条繰上・一部改正)

(優良提案等に対する措置)

第8条 市長は、優良提案等の業務に関連する所属長に対し、必要な措置を求めるものとする。

2 前項の規定により、必要な措置を求められた所属長は、対処方針を1月以内に市長に報告するものとする。

(平29訓令4・旧第11条繰上・一部改正)

(褒賞金及び公表)

第9条 市長は、第7条第2項第1号及び第2号に規定する優良提案等を行った個人又は団体に対し、次に掲げる褒賞金を与えるものとする。

(1) 最優秀賞 50,000円

(2) 優秀賞 10,000円

2 前項の規定にかかわらず、次の各号に定める職員又は当該職員のみで構成する団体が行った提案等については、褒賞金を与えないものとする。

(1) 第7条第1項の審査の時点において職員の給与に関する条例(平成17年佐賀市条例第48号)第7条の2第1項に規定する管理職手当の支給を受ける職員

(2) 第7条第1項の審査の時点において企画調整部企画政策課に所属する職員

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が適当でないと認める職員

3 市長は、優良提案等の内容を公表するものとする。

(平29訓令4・旧第12条繰上・一部改正、平30訓令1・一部改正)

(人事記録)

第10条 市長は、優良提案等を行った職員(佐賀市職員定数条例(平成17年佐賀市条例第27号)第1条に規定する職員に限る。以下同じ。)及び団体を構成する職員に関し人事記録にその旨を記載するものとする。

(平25訓令8・一部改正、平29訓令4・旧第13条繰上・一部改正)

(諸権利)

第11条 この訓令による提案等の全ての権利は、市に帰属するものとする。

(平29訓令4・旧第14条繰上・一部改正)

(補則)

第12条 この訓令の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

(平29訓令4・旧第15条繰上)

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この訓令の施行の日の前日までに、合併前の佐賀市職員提案等に関する規程(平成14年佐賀市訓令甲第13号)又は三瀬村行政事務改善に関する職員提案規程(平成11年三瀬村訓令第3号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの訓令の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年10月11日訓令第11号)

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年3月30日訓令第3号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月30日訓令第4号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月31日訓令第3号)

この訓令は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月26日訓令第1号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成25年8月1日訓令第8号)

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年3月23日訓令第1号)

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月23日訓令第3号)

この訓令は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月29日訓令第4号)

この訓令は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成30年3月23日訓令第1号)

この訓令は、平成30年4月1日から施行する。

佐賀市職員提案等に関する規程

平成17年10月1日 訓令第6号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第4編 行政一般/第1章
沿革情報
平成17年10月1日 訓令第6号
平成18年10月11日 訓令第11号
平成19年3月30日 訓令第3号
平成19年3月30日 訓令第4号
平成20年3月31日 訓令第3号
平成24年3月26日 訓令第1号
平成25年8月1日 訓令第8号
平成28年3月23日 訓令第1号
平成29年3月23日 訓令第3号
平成29年3月29日 訓令第4号
平成30年3月23日 訓令第1号