○佐賀市基幹行政システムの管理運営に関する規程

平成17年10月1日

訓令第11号

(目的)

第1条 この訓令は、基幹行政システムの管理運営に関し必要な事項を定めることにより、基幹行政システムの適正な管理運営と信頼性を確保することを目的とする。

(定義)

第2条 この訓令において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 基幹行政システム 電子計算機を用いて、住民基本台帳事務その他の行政事務の処理を行うことができるシステムをいう。

(2) データ 基幹行政システムで取り扱う全ての情報をいう。

(3) 中央処理装置等 基幹行政システムに係る中央処理装置及び周辺機器(端末装置を除く。)をいう。

(4) 端末装置 各課及び各支所に設置された機器であり、基幹行政システムにおいてデータの入出力を行うことができるものをいう。

(5) 課 佐賀市事務分掌規則(平成17年佐賀市規則第5号)に規定する課をいう。

(平28訓令1・一部改正)

(総括保護管理者)

第3条 基幹行政システムの総合的な管理及び運営を行うため、総括保護管理者を置く。

2 総括保護管理者は、企画調整部長をもって充てる。

3 総括保護管理者は、基幹行政システムの管理運営に関し、総括管理し、必要に応じシステム利用責任者に助言及び指導を行うものとする。

(平20訓令3・一部改正)

(保護運営管理者)

第4条 総括保護管理者の事務を補佐し、基幹行政システムを安定的に稼動させ、適正な運営を行うため、保護運営管理者を置く。

2 保護運営管理者は、情報課長をもって充てる。

3 保護運営管理者は、基幹行政システムの管理運営に関し、安定的な稼動と適正な運営を行うために必要な措置を講じ、その適正な管理を行うものとする。

(平20訓令3・平28訓令1・一部改正)

(システム利用責任者)

第5条 基幹行政システムの利用を円滑に行うため、システム利用責任者を置く。

2 システム利用責任者は、基幹行政システムを利用して事務を処理する各課又は各支所の長をもって充てる。

3 システム利用責任者は、各課又は各支所における基幹行政システムの管理運営に関し、事故の防止等に必要な措置を講じ、その適正な管理を行うものとする。

(平28訓令1・一部改正)

(処理の申請)

第6条 システム利用責任者は、課又は支所の分掌する事務に関し、基幹行政システムによる処理を新規に行おうとするとき又は処理の変更、追加若しくは廃止を行おうとするときは、総括保護管理者に申請しなければならない。

2 総括保護管理者は、前項の申請を受理したときは、基幹行政システムにおいて現に他の業務の処理に及ぼす影響等を審査のうえ、その可否を決定し、システム利用責任者に通知するものとする。

3 前項の場合において、総括保護管理者は、開発方法等の指示が必要なときは、前項の規定による通知に必要な事項を付さなければならない。

(平28訓令1・一部改正)

(計画及び予定表の作成)

第7条 システム利用責任者は、基幹行政システムによる処理に係る1年間及び1か月間の予定計画を、当該処理を行う前に保護運営管理者に提出しなければならない。

2 保護運営管理者は、前項の1年間の予定計画に基づき、1年間の基幹行政システムによる処理の実施計画を、当該処理を行う前に総括保護管理者に提出するものとする。

3 保護運営管理者は、第1項の1か月間の予定計画に基づき、翌月の月間処理予定をシステム利用責任者に通知するものとする。

(平28訓令8・一部改正)

(データの管理)

第8条 保護運営管理者は、中央処理装置等に記録されているデータの保護については、その重要度に応じて、適正な措置を講じるよう努めなければならない。

(平28訓令8・一部改正)

(中央処理装置等の操作)

第9条 中央処理装置等の操作は、保護運営管理者が指示し、又は承認した者が、原則として月間処理計画に従って行い、その実績を記録するものとする。

(システム利用者)

第10条 システム利用責任者は、所管するデータに関して、基幹行政システムを利用して事務を処理する職員(以下「システム利用者」という。)を指定するものとする。

2 システム利用者は、保護運営管理者及びシステム利用責任者の指示に従い、端末装置の適正な取扱いに努めなければならない。

(中央処理装置等の管理等)

第11条 保護運営管理者は、火災その他の災害及び盗難等に備えて、中央処理装置等に必要な措置を講じるものとする。

2 情報課に所属する職員以外の者が中央処理装置等の設置施設に入室しようとする場合は、あらかじめ保護運営管理者の承認を受けなければならない。ただし、契約その他の行為により認める場合については、この限りでない。

(平20訓令3・平28訓令1・平28訓令8・一部改正)

(事故発生時の措置)

第12条 総括保護管理者は、事故その他異状が発生した場合の措置等を定めた計画を作成しなければならない。

2 総括保護管理者は、前項の計画を職員に周知させなければならない。

(様式)

第13条 この訓令において必要な様式は、総括保護管理者が別に定める。

(補則)

第14条 この訓令に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附 則

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(平成20年3月31日訓令第3号)

この訓令は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月23日訓令第1号)

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成28年7月26日訓令第8号)

この訓令は、公布の日から施行する。

佐賀市基幹行政システムの管理運営に関する規程

平成17年10月1日 訓令第11号

(平成28年7月26日施行)