○佐賀市庁用自動車整備管理者規程

平成17年10月1日

訓令第10号

(趣旨)

第1条 この訓令は、道路運送車両法(昭和26年法律第185号。以下「法」という。)第50条の規定に基づき、選任した整備管理者の職務の執行に関し必要な事項を定めるものとする。

(職務執行)

第2条 整備管理者は、法に定めがあるもののほか、この訓令の定めるところに従い、その職務を執行しなければならない。

(職務)

第3条 整備管理者は、市長の指示に従い、その所管に属する自動車(法第2条第2項及び第3項に規定するもの。以下「自動車」という。)が安全かつ円滑な運行をするように努めなければならない。

第4条 整備管理者は、前条の目的を達成するため、次に掲げる事項を処理しなければならない。

(1) 自動車の状態を常に掌握するとともに毎年度当初において整備計画を立て、併せて国土交通省令で定める自動車の整備基準に基づいて定期整備の年度計画を作成すること。

(2) 法第47条の規定により運転者がなすべき運行前点検の実施を確認し、又は自ら運行前点検を実施すること。この場合における点検は、車両利用表により点検させ、又は点検しなければならない。

(3) 車両利用票を保管すること。

(4) 自動車の運行の可否を決定すること。

(5) 自動車の使用方法の指定又は運行距離若しくは運行経路の制限をすること。

(6) 操向装置、制動装置等運転上重要保安部分の故障が発見されたときは、直ちに整備その他必要な措置をとること。

(7) 法第49条に定める定期点検整備記録簿を記載すること。

(8) 前各号に掲げる事項を処理する必要な車庫管理を行うこと。

(9) 自動車の事故防止に必要な事項を処理すること。

(指示若しくは指導又は進言)

第5条 整備管理者は、職務遂行上必要と認めるときは、自動車の整備管理について、運転者等に対し、指示を与え、若しくは指導を行い、又は市長に対し進言をすることができる。ただし、指示を与え、又は指導を行う場合において異例又は重要と認めるときは、市長の指示を受けなければならない。

(補則)

第6条 この訓令に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この訓令は、公布の日から施行する。

佐賀市庁用自動車整備管理者規程

平成17年10月1日 訓令第10号

(平成17年10月1日施行)

体系情報
第4編 行政一般/第1章
沿革情報
平成17年10月1日 訓令第10号