○佐賀市職員の管理職手当の支給に関する規則

平成17年10月1日

規則第48号

(趣旨)

第1条 この規則は、職員の給与に関する条例(平成17年佐賀市条例第48号。以下「給与条例」という。)第7条の2の規定に基づき、管理職手当の支給に関し必要な事項を定めるものとする。

(平22規則60・一部改正)

(職の指定及び支給額)

第2条 管理職手当を支給する職及び支給額は、別表に掲げる職及び額(佐賀市職員の勤務時間、休暇等に関する条例(平成17年佐賀市条例第38号)第2条第2項に規定する育児短時間勤務職員等にあってはその額に同項の規定により定められたその者の勤務時間を同条第1項に規定する勤務時間で除して得た数を乗じて得た額とし、その額に1円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額とする。)とする。

2 前項の規定にかかわらず、市長が特に理由があると認めるときは、同項に規定する額を変更することができる。

(平18規則5・平19規則25・平21規則53・平30規則10・一部改正)

(支給)

第3条 管理職手当は、給料の支給方法に準じて支給する。

2 管理職手当を支給される職員が、月の1日から末日までの期間の全日数にわたって勤務しなかった場合(給与条例第21条第1項の場合及び公務上の負傷若しくは疾病又は通勤(地方公務員災害補償法(昭和42年法律第121号)第2条第2項に規定する通勤をいう。以下この条において同じ。)による負傷若しくは疾病(外国の地方公共団体の機関等に派遣される職員の処遇等に関する条例(平成17年佐賀市条例第31号)に定める派遣職員の派遣先の業務上の負傷若しくは疾病又は通勤による負傷若しくは疾病を含む。)により、承認を得て勤務しなかった場合を除く。)は、管理職手当は支給することができない。

(平22規則60・一部改正)

附 則

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(平22規則60・旧附則・一部改正)

(給与条例附則第16項の規定により給与が減ぜられて支給される職員等の支給額)

2 給与条例附則第16項の表の給料表欄に掲げる給料表の適用を受ける職員(地方公務員法(昭和25年法律第261号)第28条の4第1項、第28条の5第1項又は第28条の6第1項若しくは第2項の規定により採用された職員を除く。)のうち、その職務の級が給与条例附則第16項の表の職務の級欄に掲げる職務の級以上である者(以下この項において「特定職員」という。)の50歳に達した日後における最初の4月1日(特定職員以外の者が50歳に達した日後における最初の4月1日後に特定職員となった場合にあっては、特定職員となった日)以後の管理職手当の支給額は、第2条第1項の規定にかかわらず、同項の規定による額に100分の98.6を乗じて得た額(その額に1円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)とする。

(平22規則60・追加)

附 則(平成18年3月1日規則第5号)

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正後の佐賀市職員の管理職手当の支給に関する規則別表の規定にかかわらず、この規則の施行の日の前日から引き続き富士大和温泉病院の副事務長の職にある職員に対する管理職手当は、平成18年3月31日までの間は、なお従前の例による。

附 則(平成18年3月31日規則第33号)

(施行期日)

1 この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月30日規則第25号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月31日規則第6号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月30日規則第23号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月30日規則第24号)

(施行期日)

1 この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成21年12月18日規則第53号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成22年3月30日規則第31号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成22年11月30日規則第60号)

(施行期日)

1 この規則は、平成22年12月1日から施行する。

(平成22年4月1日前に50歳に達した職員に関する読替え)

2 平成22年4月1日前に50歳に達した職員に対する改正後の附則第2項の規定の適用については、同項中「50歳に達した日後における最初の4月1日(」とあるのは「平成22年12月1日(」と、「50歳に達した日後における最初の4月1日後」とあるのは「同日後」とする。

(佐賀市職員の管理職手当の特例に関する規則の一部改正)

3 佐賀市職員の管理職手当の特例に関する規則(平成17年佐賀市規則第238号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

附 則(平成23年3月23日規則第9号)

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月24日規則第10号)

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月26日規則第8号)

(施行期日)

1 この規則は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成25年3月21日規則第6号)

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成25年3月21日規則第7号)

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月19日規則第22号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月30日規則第31号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月23日規則第16号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成28年9月12日規則第67号)

この規則は、平成28年10月1日から施行する。

附 則(平成29年3月23日規則第14号)

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成30年3月23日規則第10号)

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月22日規則第9号)

この規則は、平成31年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

(平20規則6・全改、平21規則23・平21規則24・平22規則31・平23規則9・平23規則10・平24規則8・平25規則6・平25規則7・平26規則22・平27規則31・平28規則16・平28規則67・平29規則14・平30規則10・平31規則9・一部改正)

部局

管理職手当を支給する職

支給額

市長事務部局(富士大和温泉病院及び三瀬診療所を除く。以下同じ。)

部長

理事

90,000円

議会事務局

局長

理事

農業委員会事務局

局長

教育委員会事務局

部長

理事

市長事務部局

副部長

副理事

支所長

会計管理者

74,000円

議会事務局

副局長

副理事

選挙管理委員会事務局

局長

監査事務局

局長

農業委員会事務局

副局長

教育委員会事務局

副部長

図書館長

副理事

市長事務部局及び出納室

課長(行政職給料表6級の職員に限る。)

北部建設事務所長

南部建設事務所長

衛生センター所長

佐賀駅周辺整備構想推進室副室長

中心市街地活性化室長

国際戦略室長

出納室長

副支所長

63,000円

議会事務局

課長(行政職給料表6級の職員に限る。)

選挙管理委員会事務局

副局長

監査事務局

副局長

教育委員会事務局

課長(行政職給料表6級の職員に限る。)

全部局

参事(行政職給料表6級の職員に限る。)

課長(行政職給料表5級の職員に限る。)

幼稚園園長

所長

48,000円

参事(行政職給料表5級の職員に限る。)

40,000円

富士大和温泉病院

病院長

310,000円以内

副院長(行政職給料表7級の職員に限る。)

74,000円

副院長(医療職給料表(1)の職員に限る。)

診療統括医長

102,800円

主任医長

77,100円以内

事務長(行政職給料表7級の職員に限る。)

74,000円

事務長(行政職給料表6級の職員に限る。)

63,000円

技術主幹

総看護師長

副総看護師長

40,000円以内

三瀬診療所

所長

事務長

48,000円

佐賀市職員の管理職手当の支給に関する規則

平成17年10月1日 規則第48号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第6編 与/第2章 諸手当
沿革情報
平成17年10月1日 規則第48号
平成18年3月1日 規則第5号
平成18年3月31日 規則第33号
平成19年3月30日 規則第25号
平成20年3月31日 規則第6号
平成21年3月30日 規則第23号
平成21年3月30日 規則第24号
平成21年12月18日 規則第53号
平成22年3月30日 規則第31号
平成22年11月30日 規則第60号
平成23年3月23日 規則第9号
平成23年3月24日 規則第10号
平成24年3月26日 規則第8号
平成25年3月21日 規則第6号
平成25年3月21日 規則第7号
平成26年3月19日 規則第22号
平成27年3月30日 規則第31号
平成28年3月23日 規則第16号
平成28年9月12日 規則第67号
平成29年3月23日 規則第14号
平成30年3月23日 規則第10号
平成31年3月22日 規則第9号