○佐賀市留学生奨学金条例施行規則

平成17年10月1日

規則第12号

(趣旨)

第1条 この規則は、佐賀市留学生奨学金条例(平成17年佐賀市条例第15号)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(申請)

第2条 奨学金の給付を受けようとする者は、次の書類を在籍する大学等の長(以下「学長」という。)を経て市長に提出しなければならない。

(1) 留学生奨学金給付申請書(様式第1号)

(2) 身上調書(様式第2号)

(3) 学長の奨学生推薦書(様式第3号)

(4) 在留カードの写し

(平24規則41・一部改正)

(決定通知)

第3条 市長は、奨学生を決定したときは、その旨を奨学生決定通知書(様式第4号)により、学長を経て本人に通知するものとする。

(給付の方法)

第4条 奨学金は、本人の請求を待たずに、年間の給付額を4期に分けて本人指定の口座に振り込む。

(給付の停止等の通知)

第5条 市長は、奨学金の給付を停止し、取り消し、又は復活するときは、その旨を留学生奨学金停止・取消・復活通知書(様式第5号)により学長を経て本人に通知する。

(届出)

第6条 奨学生は、次の各号のいずれかに該当するときは、奨学生異動届(様式第6号)により直ちに学長を経て市長に届け出なければならない。

(1) 奨学金の給付を辞退するとき。

(2) 休学、復学、退学又は転学をするとき。

(3) 居住地その他重要な事項に異動があったとき。

(補則)

第7条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の佐賀市留学生奨学金条例施行規則(平成9年佐賀市規則第19号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成24年7月6日規則第41号)

(施行期日)

1 この規則は、平成24年7月9日から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正後の第2条の規定の適用については、奨学金の給付を受けようとする者が所持する外国人登録証明書は、出入国管理及び難民認定法及び日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法の一部を改正する等の法律(平成21年法律第79号)附則第15条第2項各号に定める期間は、この規則による改正後の第2条第4号に規定する在留カードとみなす。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

佐賀市留学生奨学金条例施行規則

平成17年10月1日 規則第12号

(平成24年7月9日施行)