○佐賀勤労者総合福祉センター条例施行規則

平成17年10月1日

規則第79号

(趣旨)

第1条 この規則は、佐賀勤労者総合福祉センター条例(平成17年佐賀市条例第93号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(休館日)

第2条 佐賀勤労者総合福祉センター(以下「センター」という。)の休館日は、12月29日から翌年1月3日までとする。

2 市長は、特に必要があると認めたときは、前項の規定にかかわらず、休館日を変更することができる。

(開館時間)

第3条 センターの開館時間は、午前9時から午後9時までとする。

2 市長は、特に必要があると認めたときは、前項の規定にかかわらず、その時間を変更することができる。

(平18規則9・一部改正)

(使用の許可)

第4条 条例第3条の規定によりセンターを使用しようとする者及び使用許可を受けた事項を変更しようとする者は、佐賀勤労者総合福祉センター使用(使用変更)許可申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 前項の使用許可の申請は、使用しようとする日の6月前の日の属する月の初日から受け付ける。ただし、多目的ホールの体育使用に係る使用許可の申請に限り、使用しようとする日の1月前から受け付ける。

3 市長は、センターの使用を許可する場合は、その使用期間について、引き続き6日間を超えて許可することはできない。ただし、特に必要があると認めたときは、この限りではない。

(平18規則9・平21規則37・平24規則6・一部改正)

(許可書等の交付)

第5条 市長は、前条の申請を許可したときは、佐賀勤労者総合福祉センター使用(使用変更)許可書(様式第2号)を交付する。

(平24規則6・一部改正)

(設備器具使用料)

第6条 設備器具使用料は、別表のとおりとする。

(使用料の還付)

第7条 条例第9条ただし書の規定により、使用料を還付することができる場合及びその額は、次のとおりとする。

(1) 天災地変等使用者の責めに帰し得ない理由により使用できなくなったとき 全額

(2) 教養文化室、視聴覚室、研修室、大会議室、小会議室又は多目的室の使用者が使用日の1月前までに使用の取消しを申し出たとき 全額

(3) 多目的ホール(ホール使用の場合に限る。)の使用者が使用日の3月前までに使用の取消しを申し出たとき 全額

(4) 使用者が使用日の7日前までに使用の取消しを申し出て、市長が相当の理由があると認めたとき 5割の額

(5) 使用者が使用日の7日前までに使用の変更を申し出て、市長が相当の理由があると認めた場合において、既納の使用料に過納金が生じたとき 当該過納金の額

2 前項の規定により使用料の還付を受けようとする者は、佐賀勤労者総合福祉センター使用料還付申請書(様式第3号)を市長に提出しなければならない。

(平21規則37・平24規則6・一部改正)

(使用者の守るべき事項)

第8条 使用者は、条例に定めるもののほか、次の事項を守らなければならない。

(1) センター内を不潔にしないこと。

(2) 許可なく火気を使用しないこと。

(3) 所定の場所以外で飲食し、又は喫煙しないこと。

(4) 所定の場所以外に出入りしないこと。

(5) 前各号に掲げるもののほか、センターの職員の指示に従うこと。

(準用)

第9条 第4条第5条及び第7条第1項の規定は、指定管理者にセンターの管理を行わせる場合について準用する。この場合において、第4条第1項中「佐賀勤労者総合福祉センター使用(使用変更)許可申請書(様式第1号)を市長」とあるのは「指定管理者が定める許可申請書を指定管理者」と、同条第3項中「市長」とあるのは「指定管理者」と、第5条中「市長」とあるのは「指定管理者」と、「佐賀勤労者総合福祉センター使用(使用変更)許可書(様式第2号)」とあるのは「指定管理者が定める利用許可書」と読み替えるものとする。

(平18規則9・追加、平24規則6・一部改正)

(補則)

第10条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

(平18規則9・旧第9条繰下)

附 則

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の佐賀勤労者総合福祉センター条例施行規則(平成3年佐賀市規則第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年3月14日規則第9号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成21年9月30日規則第37号)

(施行期日)

1 この規則は、平成21年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の第7条第1項の規定は、平成22年4月1日以後の使用に係る使用料の還付について適用し、同日前の使用に係る使用料の還付については、なお従前の例による。

附 則(平成24年3月21日規則第6号)

この規則は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月19日規則第6号)

(施行期日)

1 この規則は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正後の佐賀勤労者総合福祉センター条例施行規則の規定は、この規則の施行の日以後の使用に係る設備器具使用料について適用し、同日前の使用に係る設備器具使用料については、なお従前の例による。

別表(第6条関係)

(平26規則6・全改)

佐賀勤労者総合福祉センター設備器具使用料

区分

器具等名

内容

単位

使用料

摘要

音響器具

ホール拡声装置


1式

2,060円


CD・テープレコーダー


1台

680円

テープは別

マイクロホン


1本

330円


ワイヤレスマイク


1本

560円


照明器具

サスペンションライト

500ワット×12灯

1式

820円


アッパーホリゾントライト

150ワット×9灯×5列

1式

860円


ロアホリゾントライト

85ワット×12灯×5列

1式

860円


シーリングスポットライト

1キロワット×6灯

1式

820円


クセノンピンスポットライト

750ワット

1台

730円


電源(コンセント)

200ボルト

1口

120円


舞台器具

ピアノ

国産

1台

330円

調律料は、含まない。

指揮台


1台

120円


金びょうぶ


1双

330円


緋毛せん


1枚

120円


演台


1台

220円

ステージ用

司会卓


1台

100円


映写幕


1式

510円



1脚

50円

ステージ用

椅子


1脚

20円

ステージ用

平台


1台

60円


視聴覚器具

ビデオプロジェクター


1台

680円


ビデオテーププレイヤー


1台

680円


DVDプレイヤー


1台

680円


スクリーン


1式

510円


備考 使用料は、条例別表の時間区分ごとに徴収するものとする。

(平24規則6・一部改正)

画像

(平24規則6・一部改正)

画像

(平24規則6・旧様式第4号繰上)

画像

佐賀勤労者総合福祉センター条例施行規則

平成17年10月1日 規則第79号

(平成26年4月1日施行)