○佐賀市健康運動センター条例

平成17年10月1日

条例第95号

(設置)

第1条 市民の健康増進及びスポーツの推進に寄与するため、本市に佐賀市健康運動センター(以下「センター」という。)を設置する。

(平25条例34・一部改正)

(名称及び位置)

第2条 センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 佐賀市健康運動センター

位置 佐賀市高木瀬町大字長瀬2553番地

(事業)

第3条 センターは、次の事業を行う。

(1) 運動等による市民の健康づくりに関すること。

(2) 健康教育及び健康相談に関すること。

(3) スポーツ及び体力づくりに関すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、市民の健康増進又はスポーツの推進に寄与するために必要な事業

(平25条例34・一部改正)

(施設)

第4条 前条各号に掲げる事業を行うため、センターに次の施設を置く。

(1) 健康運動館

 温水プール

 トレーニングルーム

 スタジオ

 入浴施設

 多目的室

(2) 多目的グラウンド

(3) サッカー・ラグビー場

 天然芝グラウンド

 人工芝グラウンド

 管理棟

(平25条例34・一部改正)

(使用の許可)

第5条 センターを使用しようとする者は、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。許可を受けた事項を変更しようとするときも、同様とする。

2 市長は、センターの管理上必要があると認めるときは、前項の許可について条件を付すことができる。

(使用の制限)

第6条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、センターの使用を許可しない。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を害するおそれがあるとき。

(2) 施設又は設備を損傷し、又は滅失するおそれがあるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、管理運営上支障があるとき。

(目的外使用等の禁止)

第7条 第5条第1項の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、許可を受けた目的以外に使用し、又はその権利を他人に譲渡し、若しくは転貸してはならない。

(使用許可の取消し等)

第8条 市長は、使用者が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、その使用許可の条件を変更し、使用を停止し、又は使用許可を取り消すことができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則若しくは使用許可の条件に違反したとき。

(2) 偽りその他不正な手段により使用許可を受けたとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、センターの管理上特に必要があるとき。

2 前項の規定よる措置により、使用者に損害が生ずることがあっても、市は、その責めを負わない。

(使用料の徴収)

第9条 市長は、使用者から別表に定める使用料を徴収する。

2 前項の使用料は、前納とする。ただし、市長が必要と認めるときは、この限りでない。

(使用料の減免及び還付)

第10条 市長は、特別の理由があると認めるときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

2 既納の使用料は、還付しない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

(原状回復の義務)

第11条 使用者は、その使用が終わったとき、又は第8条第1項の規定によりその許可を取り消されたときは、直ちに原状に回復して返還しなければならない。

(損害賠償の義務)

第12条 使用者は、その責めに帰すべき理由により、使用中に施設又は設備を損傷し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。

(指定管理者による管理)

第13条 センターの管理は、法人その他の団体であって、市長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)にこれを行わせることができる。

(業務の範囲)

第14条 指定管理者に行わせる業務の範囲は、次に掲げるとおりとする。

(1) センターの利用に関すること。

(2) 第3条各号に掲げる事業の実施等に関すること。

(3) 施設及び設備の維持管理に関すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、センターの管理運営に関して市長が必要と認める業務

(利用料金)

第15条 市長は、適当と認めるときは、指定管理者にセンターの利用に係る料金(以下「利用料金」という。)を当該指定管理者の収入として収受させることができる。

2 前項の規定により利用料金を指定管理者の収入として収受させる場合において、センターを利用しようとする者は、当該指定管理者に利用料金を支払わなければならない。

3 前項に規定する利用料金の額は、別表に定める金額の範囲内において、指定管理者があらかじめ市長の承認を得て定める。

4 指定管理者は、市長が別に定める場合に限り、利用料金を減額し、若しくは免除し、又は還付することができる。

(準用)

第16条 第5条第6条及び第8条の規定は、第13条の規定により指定管理者にセンターの管理を行わせる場合について準用する。この場合において、第5条第6条及び第8条第1項中「市長」とあるのは「指定管理者」と、第8条第2項中「市」とあるのは「指定管理者」と読み替えるものとする。

(委任)

第17条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の佐賀市健康運動センター条例(平成16年佐賀市条例第2号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成25年9月25日条例第34号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の佐賀市健康運動センター条例の規定は、この条例の施行の日以後の使用に係る使用料について適用し、同日前の使用に係る使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成25年12月20日条例第37号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この附則に別段の定めがあるものを除き、この条例による改正後のそれぞれの条例の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後に行う使用若しくは利用の許可若しくは承認に係る使用料又は占用の許可に係る占用料について適用し、施行日前に行う使用若しくは利用の許可若しくは承認に係る使用料又は占用の許可に係る占用料については、なお従前の例による。

附 則(平成31年3月22日条例第2号)

(施行期日)

1 この条例は、平成31年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例(第6条、第8条、第10条から第12条まで、第28条から第30条まで、第33条、第38条及び第41条の規定を除く。)による改正後のそれぞれの条例の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後に行う使用又は利用の許可又は承認に係る使用料について適用し、施行日前に行う使用又は利用の許可又は承認に係る使用料については、なお従前の例による。

別表(第9条、第15条関係)

(平25条例37・全改、平31条例2・一部改正)

佐賀市健康運動センター使用料

使用区分

単位

金額

健康運動館

温水プール、トレーニングルーム、スタジオ及び入浴施設

個人使用

最初の2時間まで

410円

最初の2時間を超えた後30分につき

100円

専用使用

25メートルプール全面

最初の2時間まで

22,000円

最初の2時間を超えた後1時間につき

11,000円

25メートルプール1コースのみ

最初の2時間まで

3,140円

最初の2時間を超えた後1時間につき

1,570円

可動床・流水プール全面

最初の2時間まで

6,280円

最初の2時間を超えた後1時間につき

3,130円

スタジオ

最初の2時間まで

3,130円

最初の2時間を超えた後1時間につき

1,560円

多目的室

全室

市内者

1時間につき

1,560円

市外者

3,130円

半室

市内者

780円

市外者

1,570円

冷暖房設備

100円

多目的グラウンド

全面

一般

市内者

830円

市外者

1,670円

高校生以下の者

市内者

410円

市外者

830円

半面

一般

市内者

420円

市外者

840円

高校生以下の者

市内者

210円

市外者

420円

照明設備

全面

4,910円

半面

2,460円

サッカー・ラグビー場

天然芝グラウンド

一般

市内者

2,080円

市外者

4,180円

高校生以下の者

市内者

1,030円

市外者

2,080円

人工芝グラウンド

全面

一般

市内者

1,560円

市外者

3,130円

高校生以下の者

市内者

780円

市外者

1,560円

半面

一般

市内者

780円

市外者

1,570円

高校生以下の者

市内者

390円

市外者

780円

照明設備

全面

3,660円

半面

1,830円

ミーティング室

A室

市内者

200円

市外者

410円

B室

市内者

200円

市外者

410円

C室

市内者

150円

市外者

300円

D室

市内者

150円

市外者

300円

冷暖房設備

100円

シャワー

1回につき

100円

備考

1 高校生以下の者とは高等学校の生徒、中学校の生徒、小学校の児童及びこれらに準じる者並びに小学校就学の始期に達するまでの者をいい、一般とは高校生以下の者以外の者をいう。

2 市内者とは市内に住所を有する者又は市内に通勤し、若しくは通学する者をいい、市外者とは市内者以外の者をいう。

3 高校生以下の者及び一般が共同して使用するときは、一般の使用料を適用する。

4 市内者及び市外者が共同して使用する場合において、市外者がその半数を超えるときは、市外者の使用料を適用する。

5 健康運動館の温水プール、トレーニングルーム、スタジオ及び入浴施設を個人使用する場合において、使用時間が30分に満たないとき、又は使用時間に30分未満の端数があるときは、これを30分として計算する。

6 5に規定する場合以外の場合において、使用時間が1時間に満たないとき、又は使用時間に1時間未満の端数があるときは、これを1時間として計算する。

7 使用時間には、準備並びに使用後の整理及び原状回復等に要する時間を含むものとする。

佐賀市健康運動センター条例

平成17年10月1日 条例第95号

(令和元年10月1日施行)