○佐賀市家庭児童相談室設置規則

平成17年10月1日

規則第93号

(設置)

第1条 家庭における適正な児童養育その他家庭児童福祉の向上を図るため、佐賀市家庭児童相談室(以下「相談室」という。)を置く。

(職員)

第2条 相談室に非常勤の家庭相談員を置く。

(職員の職務)

第3条 家庭相談員は、家庭児童福祉に関する専門的技術を必要とする相談指導業務を行うものとする。

(任命)

第4条 家庭相談員は、人格円満で、社会的信望があり、健康で、かつ、前条に規定する職務を行うに必要な熱意及び学識経験を有する者のうちから、市長が任命する。

2 家庭相談員の任期は、1年とし、再任を妨げない。ただし、欠員を生じたときは、前任者の残任期間とする。

3 市長は、在任中といえども不適当と認める場合は、解任することができる。

(秘密を守る義務)

第5条 家庭相談員は、職務上知り得た一切の事項については、秘密を厳守しなければならない。その職を退いた後においても、また同様とする。

(相談員証の携帯)

第6条 家庭相談員は、その身分を証するため、家庭相談員証(別記様式)を携帯し、関係人の請求があったときは、これを提示しなければならない。

(補則)

第7条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像

佐賀市家庭児童相談室設置規則

平成17年10月1日 規則第93号

(平成17年10月1日施行)

体系情報
第8編 生/第5章 児童・母子福祉
沿革情報
平成17年10月1日 規則第93号