○佐賀市隣保館条例

平成17年10月1日

条例第114号

(設置)

第1条 本市は、市民の社会的、経済的及び文化的生活の向上を図るため、隣保館を設置する。

(名称及び位置)

第2条 隣保館の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 佐賀市隣保館

位置 佐賀市多布施三丁目16番10号

(事業)

第3条 隣保館は、次の事業を行う。

(1) 生活相談並びに生活改善の指導及び助言に関する事業

(2) 教養、文化、社会福祉等に関する事業

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認める事業

(利用の届出)

第4条 隣保館を利用しようとする者は、規則で定めるところにより、市長に届け出なければならない。

2 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、利用を拒むことができる。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあると認めるとき。

(2) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(3) 営利を目的とするとき。

(4) 管理上支障があると認められるとき。

(5) 隣保館の設置の目的に反する利用をし、又はそのおそれがあるとき。

(損害賠償)

第5条 施設等を損傷し、又は滅失した者は、その損害を賠償しなければならない。ただし、市長は、やむを得ない理由があると認めたときは、賠償額を減額し、又は免除することができる。

(運営審議会)

第6条 隣保館に関する重要事項を調査審議するため、佐賀市隣保館運営審議会を置く。

(委任)

第7条 この条例に定めるもののほか必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の佐賀市隣保館条例(昭和62年佐賀市条例第11号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

佐賀市隣保館条例

平成17年10月1日 条例第114号

(平成17年10月1日施行)

体系情報
第8編 生/第8章 同和対策
沿革情報
平成17年10月1日 条例第114号