○佐賀市歴史民俗館条例

平成17年10月1日

条例第68号

(設置)

第1条 市民の歴史、民俗等に対する理解を深めるとともに、歴史的観光資源の有効活用を図り、もって文化の向上及び発展並びに観光の振興に資するため、佐賀市歴史民俗館(以下「歴史民俗館」という。)を設置する。

(平17条例259・全改)

(名称及び位置)

第2条 歴史民俗館の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

旧古賀銀行

佐賀市柳町2番9号

旧古賀家

佐賀市柳町3番15号

旧牛島家

佐賀市柳町4番9号

旧三省銀行

佐賀市柳町3番12号

旧福田家

佐賀市松原四丁目3番15号

旧森永家

佐賀市柳町4番7号

旧久富家

佐賀市柳町4番16号

(平28条例14・一部改正)

(事業)

第3条 歴史民俗館は、次に掲げる事業を行う。

(1) 歴史、民俗等の資料の収集、整理及び保存に関すること。

(2) 歴史民俗館の公開及び資料の展示に関すること。

(3) 歴史民俗館の使用に関すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、歴史民俗館の目的達成に必要なこと。

(使用の許可)

第4条 次に掲げる施設を占用的に使用しようとする者は、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。許可を受けた事項を変更しようとするときも、また同様とする。

(1) 旧古賀家

(2) 旧福田家

2 市長は、管理上必要があると認めるときは、前項の許可について条件を付することができる。

3 市長は、特に歴史民俗館の設置目的又は事業推進のため必要と認めるときは、第1項に規定する以外の施設においても、占用的使用を許可することができる。この場合における使用許可については、前2項の規定を準用する。

(使用料)

第5条 前条第1項の許可を受けた者は別表に定める使用料を、同条第3項の許可を受けた者は別に市長が定める使用料を、使用許可の際に納入しなければならない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

2 既納の使用料は、還付しない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

3 市長は、公益上その他特別の理由があると認めるときは、第1項の使用料を減額し、又は免除することができる。

(権利の譲渡等の禁止)

第6条 第4条第1項又は第3項の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、その使用する権利を譲渡し、又は転貸してはならない。

(使用許可の取消し等)

第7条 市長は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、施設の使用を拒み、又は第4条の許可をせず、その使用許可の条件を変更し、使用を停止し、若しくは既に与えた使用許可を取り消すことができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則若しくは使用許可の条件に違反したとき又はそのおそれがあるとき。

(2) 許可を受けた目的以外に使用したとき又はそのおそれがあるとき。

(3) 偽りその他不正の手段により使用許可を受けたとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、管理上特に必要があるとき。

(入館料)

第8条 市長は、歴史民俗館に特別の展示をしたときは、その実費相当額の範囲内において入館料を徴収することができる。

2 前項の入館料は、入館の際に納入しなければならない。ただし、市長が特に必要と認めるときは、この限りでない。

3 既納の入館料は、還付しない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

(入館の制限)

第9条 市長は、次の各号のいずれかに該当する者に対しては、入館を拒み、又は退館を命ずることができる。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあると認められる者

(2) 他人に迷惑をかけ、又は迷惑をかけるおそれがあると認められる者

(3) 歴史民俗館の資料、施設、設備等を損傷し、又は滅失するおそれがあると認められる者

(4) 前3号に掲げるもののほか、管理上支障があると認められる者

2 市長は、第3条に規定する事業を行うのに必要な場合は、入館の制限をすることができる。

(原状回復の義務)

第10条 使用者は、施設の使用を終了したときは、直ちにその使用した場所を原状に回復しなければならない。第7条の規定により使用の停止を命じられたときも、また同様とする。

(損害賠償の義務)

第11条 歴史民俗館の資料、施設、設備等を損傷し、又は滅失した者は、その損害を賠償しなければならない。ただし、市長がやむを得ない理由があると認めるときは、この限りでない。

(委任)

第12条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

(平17条例259・旧第13条繰上)

附 則

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の佐賀市歴史民俗館条例(平成9年佐賀市条例第16号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年12月20日条例第259号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年12月20日条例第37号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この附則に別段の定めがあるものを除き、この条例による改正後のそれぞれの条例の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後に行う使用若しくは利用の許可若しくは承認に係る使用料又は占用の許可に係る占用料について適用し、施行日前に行う使用若しくは利用の許可若しくは承認に係る使用料又は占用の許可に係る占用料については、なお従前の例による。

附 則(平成28年3月23日条例第14号)

この条例は、平成28年4月1日から施行する。

別表(第5条関係)

(平25条例37・全改)

旧古賀家及び旧福田家使用料

区分

午前9時から午後1時まで

午後1時から午後5時まで

午後5時から午後9時まで

旧古賀家

1号室

2,670円

2,670円

4,210円

2号室

510円

510円

820円

3号室

300円

300円

410円

4号室

610円

610円

920円

5号室

820円

820円

1,230円

6号室

410円

410円

610円

旧福田家

7号室

510円

510円

820円

8号室

920円

920円

1,440円

9号室

920円

920円

1,440円

10号室

1,130円

1,130円

1,850円

佐賀市歴史民俗館条例

平成17年10月1日 条例第68号

(平成28年4月1日施行)