○佐賀市温泉給湯に関する条例

平成17年10月1日

条例第142号

(趣旨)

第1条 この条例は、佐賀市が管理する温泉の使用の適正を図り、その保護を期し公共の福祉増進及び観光事業の振興に寄与するため、温泉の給湯に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 温泉源 温泉法(昭和23年法律第125号)の規定による温泉源で市が管理するものをいう。

(2) 給湯 許可を受けた者に温泉(温泉法第2条第1項の規定による温泉で源水のままの状態をいう。)を供給することをいう。

(3) 受湯者 温泉の給湯の許可を受けて使用する者をいう。

(4) 温泉スタンド 給湯施設から分岐して設置した装置をいう。

(温泉源の名称及び位置)

第3条 温泉源の名称及び位置は、別表第1のとおりとする。

(資格)

第4条 温泉の給湯を受けられる者は、次の各号のいずれかに該当する施設を有する者とする。

(1) 法人及び個人が経営する公衆浴場施設

(2) 旅館業法(昭和23年法律第138号)による許可を有し、その施設及び業態が優良と認められる旅館

(3) 温泉治療を実施する医療施設

(4) 市の観光又は保養事業上必要と認められる観光又は厚生のための施設

(5) 前各号に掲げるもののほか、市長が特に必要と認めるもの

(許可)

第5条 前条の資格を有する者で温泉の給湯を受けようとするものは、市長の許可を受けなければならない。

(給湯)

第6条 温泉の給湯は、1分間6リットルを1口とし、給湯の方法は規則で定める。

(給湯の制限)

第7条 天災地変による災害その他不可抗力の原因による事故が発生し、又は温泉ゆう出量が著しく減少した場合は、市長は、給湯を制限し、又は停止することができる。この場合において、市は、その損害について補償の責めを負わない。

(使用料)

第8条 温泉の使用料は、別表第2別表第3及び別表第4のとおりとする。

(使用料の減免)

第9条 市長は、公共の用に供する場合その他特に必要と認めた場合は、使用料を減額し、又は免除することができる。

(給湯の停止)

第10条 次の各号のいずれかに該当したときは、給湯を停止する。

(1) 温泉の利用事業を廃止したとき。

(2) 温泉を目的外に使用し、又は他に貸与し、分湯し、売り渡し、若しくは担保に供したとき。

(3) 使用料を納付しなかったとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、この条例に定める規定に違反し、市の指示に従わなかったとき。

(経費の負担)

第11条 市長は、温泉の給湯に関する必要な経費の一部を受湯者に負担させることができる。

(温泉管理運営委員会)

第12条 市長は、温泉、温泉施設等に関する重要な事項について調査審議するため、温泉管理運営委員会を設置することができる。

(委任)

第13条 この条例に定めるもののほか必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の大和町温泉給湯に関する条例(昭和63年大和町条例第1号)又は富士町温泉の給湯及び使用料条例(昭和43年富士町条例第6号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成25年12月20日条例第37号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この附則に別段の定めがあるものを除き、この条例による改正後のそれぞれの条例の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後に行う使用若しくは利用の許可若しくは承認に係る使用料又は占用の許可に係る占用料について適用し、施行日前に行う使用若しくは利用の許可若しくは承認に係る使用料又は占用の許可に係る占用料については、なお従前の例による。

別表第1(第3条関係)

温泉源の名称

位置

英龍泉源

佐賀市富士町大字古湯字本村831番3

鶴霊泉源

佐賀市富士町大字古湯字本村875番3

富士泉源

佐賀市富士町大字古湯字本村889番地地先(貝野川内)

熊の川泉源

佐賀市富士町大字上熊川字湯原84番地地先(嘉瀬川内)

徐福泉源

佐賀市富士町大字古湯字本村898番地

鵆熊泉源

佐賀市富士町大字上熊川字湯原262番14

大和町第1泉源

佐賀市大和町大字久池井字六本松2970番地

三瀬泉源

佐賀市三瀬村藤原3939番地2

別表第2(第8条関係)

(平25条例37・全改)

施設別1口(毎分6リットル)当たり使用料月額

泉源名

公衆浴場

旅館

医療施設

厚生施設

その他の施設

英龍泉源

5,800円

11,990円

11,990円

5,800円

11,990円

鶴霊泉源

4,560円

8,700円

8,700円

4,560円

8,700円

富士泉源

5,800円

11,990円

11,990円

5,800円

11,990円

熊の川泉源

3,310円

6,620円

6,620円

3,310円

6,620円

徐福泉源

5,800円

11,990円

11,990円

5,800円

11,990円

鵆熊泉源

5,800円

11,990円

11,990円

5,800円

11,990円

別表第3(第8条関係)

(平25条例37・一部改正)

施設別使用料月額

泉源名

公衆浴場

大和町第1泉源

10,800円

別表第4(第8条関係)

区分

温泉スタンド使用料

古湯地区観光案内所地内

20リットルにつき 200円

富士支所地内

5リットルにつき 20円

やまびこの湯地内

20リットルにつき 100円

佐賀市温泉給湯に関する条例

平成17年10月1日 条例第142号

(平成26年4月1日施行)